百貨店がGoogleマイビジネスに登録するメリットとは?機能や活用のコツを紹介

Google マイビジネスとは、店舗のビジネス情報を登録することでGoogleが提供しているサービスに情報を掲載するものです。百貨店がGoogleマイビジネスに登録することで検索結果画面に表示されるため、認知度や集客に効果があります。

また、口コミへの返信や掲載する情報などに工夫を凝らすことで、検索結果の画面で店舗情報を上位表示させることも可能になり集客により高い効果をあげることができます。

この記事では百貨店がGoogle マイビジネスを利用するメリットや機能、上位に表示させるポイントを紹介します。

関連記事
Googleマイビジネスとは?

百貨店がGoogleマイビジネスに登録するメリット

百貨店がGoogle マイビジネスに登録することで、集客においてあらゆるメリットがもたらされます。登録することによってどのようなメリットがあるのか、3つの側面から解説します。

1. 店舗の情報を無料でGoogle検索エンジンに上位表示できる

Google マイビジネスに登録することによって得られるメリットのひとつに、検索結果画面に店舗情報を無料で上位表示させられることがあげられます。

広告は有料ですが、Google マイビジネスは無料で登録できるため、多くの人に店舗情報を認識してもらえるにもかかわらず、コストを抑えて集客につながることが特徴です。掲載できる情報は、店舗名や住所、電話番号、営業時間などの基本的なビジネス情報に加えてキャンペーン情報や写真などがあります。

2. 口コミを管理できる

Google マイビジネスは実際に店舗を利用した人が口コミを掲載したり、オーナーが投稿された口コミに返信したりできます。

口コミは顧客が店舗を選ぶ際の重要な判断基準になります。実際にマイボイスコムが2020年3月に実施した調査では、回答者の6割弱がネット上の口コミを参考にすることが判明しました。

また口コミの投稿件数が多い場合や、口コミの内容にいい部分だけでなく悪い部分も書かれている際に、口コミに書かれている情報が信用できると感じられることも分かりました。

これらのことから、なるべく多くの口コミを多く集めることで集客に効果を発揮することがわかります。

関連記事
Googleマイビジネスの口コミ管理

3. アクセス分析ができ、戦略を練ることができる

Google マイビジネスにはインサイト機能が搭載されていることが特徴です。この機能を使うことで、サイトの閲覧数やどういったキーワードでの検索にヒットしているのかといった情報がわかります

集客数や売上の向上も重要ですが、サイトの閲覧数などの数値の向上も非常に重要です。ユーザーがどういったキーワードで検索し店舗情報に行きついているのか知ることで、集客対策の現状が把握でき、認知向上のための課題発見につながります。

また写真の閲覧数が分かることもメリットといえます。どういった写真がよく見られているのか傾向を把握していれば、ユーザーが求めている魅力的な写真が提供できます。

百貨店ならではのGoogle マイビジネスの機能

百貨店はレストランや美容室のように特定の業種に限られず、複数の業種のビジネスを持っていることが特徴です。

さまざまな店舗を持つ百貨店だからこそ利用できるGoogle マイビジネスの機能もあり、最大限に活用することで認知度の向上や集客の向上につながります。そこで百貨店が知っておくべき2つの機能について紹介します。

複数のビジネス情報がユーザーに表示される「店舗一覧」

百貨店の場合、出店している店舗の情報が「店舗一覧」に表示されます。百貨店には多くの店舗が入っていますが、この一覧には施設内のビジネス情報が掲載されます。

ユーザーが施設情報から個別店舗の情報に簡単にアクセスできる導線になっています。この一覧には検索窓もついており店舗名検索や、店舗のジャンルによる検索もできます。

Googleマップ「店舗一覧」一例
▲Googleマップ「店舗一覧」一例:編集部スクリーンショット

店舗の位置まで伝えられる「インドアマップ」

またスマートフォンアプリからの場合、施設内の店舗の位置を地図上で示せる「インドアマップ」の機能が提供されています。

インドアマップでは、地図をズームし建物のある場所をクリック後、情報を見たいフロアをクリックすることで建物内のフロアマップが確認できます。

来店前であっても目的の店舗がどこにあるのか簡単にわかるので、すでに行く場所を決めている顧客にとって非常に有益な機能です。

また地図上には各店舗のピンも立っているため、インドアマップから各店舗の情報を確認することもできます。

Googleマップ「インドアマップ」
▲Googleマップ「インドアマップ」:編集部スクリーンショット

百貨店ができるGoogleマイビジネスの効果をより高めるためのポイント

Google マイビジネスの効果をより高めるためには、検索結果の画面で上位に表示されることが重要ですが、その順位はGoogleの評価によって変わります。上位に表示されるためにはいくつかのポイントを押さえなければなりません。

ここからは3つの観点から、上位に表示されさらに効果を高めるための方法を紹介します。

1. 口コミに返信する

一つ目が口コミに返信することです。口コミへの返信によってGoogleからの評価を高められます。

また返信する際には、ポジティブな内容のみならずネガティブな内容にも誠意をもって対応することが重要です。なかでも、ネガティブな内容への返信は、Googleの評価を上げるのみならず、改善策を返信することによって、ユーザーの不信感や不安を信頼に変えることも可能になります。

しかしながら、口コミの内容がネガティブな内容というだけでなく、誹謗中傷や事実と異なる嘘などガイドラインに違反していれば、Googleに報告することで悪意のある口コミを削除してもらうこともできます。

2. 常に正しい情報になっているか確認する

掲載されている情報が正しいものであるが、常に確認することも方法のひとつです。Google マイビジネスに掲載されている店舗情報は、Googleがデータを分析し自動で掲載しているものやユーザーが掲載しているものもあるので、店舗側では正しい情報を管理しなければなりません。

また情報を更新し続けることで、ユーザーからの信頼も得られます。そのため、情報にミスがあれば、すぐに修正するなどの対応が大切です。特に、現在は新型コロナウイルスの影響で営業時間やサービスの内容などが変則的に変わっている店舗も多いため、情報の管理には注意が必要です。

3. 写真や動画を追加する

Google マイビジネスには、写真や動画を追加できます。写真や動画を追加することも、上位に表示されるために効果的だとされています。追加できる写真は、ロゴ写真とカバー写真、そのほかの写真の3種類です。写真は店舗の外観や雰囲気が分かるものなど、ユーザーが店舗についてイメージしやすい写真が適切です。

また写真や動画を掲載する際には、Googleで定められているガイドラインを守らなければなりません。具体的には写真のサイズが決まっていたり、過度な加工やフィルターの使用が禁止されていたりします。

関連記事
Googleマイビジネスに写真を追加する方法

Googleマイビジネスに登録することで、集客アップにつなげる

Google マイビジネスに登録することで、Google検索やGoogleマップで店舗の情報が表示されるようになり認知度が向上するため、集客の向上につながります。

複数の店舗が展開する施設である百貨店の表示には、店舗一覧やインドアマップが提供されており、マップ上から詳細に施設について知ることができるようになっています。

認知や集客の向上には、Google 検索で上位に表示されることが重要となりますが、そのためには口コミに返信することや情報を常に新しいものに保つこと、写真や動画を追加することなどが効果的です。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\7,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。