塾の集客にEPARKスクールは効果的?利用するメリットを事例付きで解説

EPARKとは、飲食店や病院、薬局、ヘアサロンなど施設の順番待ち受付がオンラインでできるサービスです。予めスマホやパソコンで目的の施設にエントリーでき、長時間待つことなく効率的に利用できます。

さらに、塾などの習い事に特化したサービス「EPARKスクール」では学習塾や習い事教室が多数掲載されており、ユーザーは地域やジャンルの条件を指定して施設を検索できます。

こういったユーザーの目に留まるようなスクール情報をEPARKへ掲載し、効果的な活用をすることで集客に結びつきます。知っておくべきメリットや参考事例を紹介します。

関連記事
EPARKスクール 検索予約サイト解説
EPARKとは?サービス内容や4つの強み、テイクアウトや医療機関などの予約受付にも対応
塾で応用できる行動経済学/5つの理論をわかりやすく解説

塾の情報をEPARKスクールに掲載するメリット

新規生徒の集客方法はホームぺージやSNSで募集をかける方法もありますが、EPARKスクールに情報を掲載すると、知名度が低い場合でも低コストで多くのユーザーにアピールできます。また、複数の塾を比較検討しやすくなるため、塾について深く理解されやすくなります。

導入すると得られる3つのメリットを解説します。

関連記事
EPARKスクール|日本最大級の「習い事・レッスン」検索・予約サイトを解説

EPARKスクール事業者向けページ
▲EPARKスクール事業者向けページ:編集部スクリーンショット

1. 3,500万人を超えるEPARK会員

EPARKスクールは、毎月40万人が会員登録し約3,500万人の会員を持つEPARKのグループサイトです

掲載すると、これらの会員に対し存在をアピールすることができ、これが大きなメリットです。

すでに知名度の高い塾の場合は、ユーザーが施設名を検索して情報収集をしますが、個人塾や小規模の塾の場合は、このようなプラットフォーム上でニーズのあるユーザーにアプローチすることが重要です。

2. 低コストで集客できる

導入のための期費用や掲載料、システム使用料はすべて無料のため、支出を抑えて施設情報を掲載できます。

予約時のみ発生する決済手数料は5%で業界最安値であることを運営会社ではうたっており、費用面での負担も大きくないと考えられます。

ページ作成も、特別なスキルを必要とせず短時間でできる簡単設計で、稼働をかけずに運用できます。EPARKスクールは、そもそも習い事を始めたいユーザーが参照するため、そういったターゲットに向け時間とコストをかけず効率的にアピールできる手段です。

3. 口コミ投稿でユーザーの信頼を獲得できる

各施設のページで、実際に利用しているユーザーが口コミを投稿できます。講師の評判、施設内の環境など利用者の声を見て選びたい、というユーザーの心理を、豊富な口コミ投稿が満たしてくれます。友人などからの口コミと合わせてEPARKスクールで収集することで、より具体的に、通うイメージをしやすくなります。

また、オーナーにとっても、利用者の口コミは塾の魅力を伝える貴重な発信となり、信頼度向上に有効です。

EPARKスクールを活用している塾の事例3選

進学率、生徒のフォロー、講師の指導方法、アクセスのしやすさなど、塾通いにおいてユーザーが魅力に感じる点はさまざまです。ERARKスクールでは、写真やテキストを組み合わせ、これらの特徴を盛り込んだ内容の濃いページを作れます。

効果的にアピールしている事例を3つ紹介しましょう。

1. 授業のこだわりや塾の強みをアピール

施設ページには、塾に関する基本的な情報のほかに、塾の強みやおすすめポイントを紹介することも可能です。こちらの事例では、理数系に特化している点や少人数制で一人ひとりに合った指導をしている点、駅から徒歩1分など、特徴をわかりやすく伝えています。

また、理解度をチェックするためテストを実施しているといった、スタッフ目線で運営のこだわりをアピールすることで、他の塾との差別化にもつながっています。

2. 講師一覧で指導への思いや経歴をアピール

塾で指導する講師によって、授業の質や生徒のモチベーションが変わることもあり、通塾を検討している顧客にとって講師の情報は重要です。

EPARKスクールでは、講師の写真と共に講師からのメッセージや評判、資格情報など掲載できます。

見る側にとって関心が強い内容であり、講師側にとっても、指導にかける想いやスキルをアピールできる場となるため、双方にとってメリットになるでしょう。

EPARKスクール 講師メッセージの事例
▲EPARKスクール掲載内容の一例、講師メッセージ:編集部スクリーンショット

3. 受講時間やサポート方法など授業の詳細

ある施設では、どういったニーズに応える授業なのかやサポートの充実度合いを説明するなど、潜在顧客が興味を惹く内容を詳しく掲載しています。

また開講日や受講時間、対象者などの情報も載せ、パンフレットやWebサイトで調べる手間なく必要な情報が得られるようになっています。

個別面談やカリキュラム相談といったコミュニケーションの機会があることを伝えることも、検討中のユーザーにとっては参考になるでしょう。

塾の集客に効果的な4つの施策

検討中の顧客にとって口コミは重要な判断軸の一つでおり、塾の情報に併せて利用者の口コミ情報が参照できるEPARKスクールへの掲載は有効な手段です。

口コミ情報以外にも、通いやすさを重視する人やカリキュラムを重視する人など、優先するニーズはさまざまです。ターゲットに合わせた施策も取り入れると効果的です。

集客施策1. チラシの配布

自宅から通いやすいかどうかを基準に塾を選ぶ人は多くいます。近隣エリアにチラシを配布することで、こういった顧客へ素早く確実に情報を届けるられます。

注意点としては、流し読みされないように情報を絞って簡潔に記載することです。また、興味を持った人が問い合わせしやすいように、電話番号やWebサイトのQRコードを入れ、アクションを促すと良いでしょう。無料体験レッスンなど有益情報もアピールすると、注視されやすくなります。

集客施策2. ウェブサイトの作成

塾の存在を知ると、より詳細を調べるためにWebサイトを検索すると考えられます。このような期待を持ったユーザーの訪問を想定して、基本情報、授業料、スケジュール、強みなど、Webサイトの内容を充実させます。

チラシや口コミサイトでは紹介しきれないような細かい情報の発信やビジュアルを工夫できる自由度が、Webサイトならではのメリットです。

また、検索エンジンにおいて「地域+塾」などで検索した際に上位表示されるSEOを講じることも重要です。

関連記事
今すぐ実施すべき基本のSEOテクニック

集客施策3. SNSを利用し最新情報を発信

ウェブサイトと並行して、FacebookやTwitterなどのSNSを通して授業の様子や最新情報を高頻度で配信することも、ユーザーの注目度が高まり効果的です。

通う前にはなかなか見えづらい日常のリアルを届けることで親近感を持ってもらえ、また、Webサイトやチラシの情報に信ぴょう性を持たせることにもつながります。

既に塾通っている生徒の保護者とのコミュニケーションとしても有効です。

関連記事
学習塾のFacebook活用事例

4. Googleマイビジネスを活用する

Googleマイビジネスという無料ツールに登録すると、Googleマップに塾の情報が表示され、エリアで検索したユーザーに存在をアピールできます。

Googleマイビジネスでは、住所や営業時間、電話番号といった基本情報以外に、建物の外観や内観の写真、最新情報の追加投稿もでき、立地とセットで記憶に残りやすくなります。

また、Googleマップでの検索で上位表示される対策は、エリアで絞って探している潜在顧客の集客に有用です。

関連記事
ローカルSEO(MEO)とは?
MEOとは?十分な対策で集客アップ
学習塾のGoogleマイビジネス活用方法

EPARKスクールに塾の情報を掲載し、問い合わせの増加に期待

EPARKスクールは、塾を本気で探すユーザーが多く利用しており、掲載すれば掲載していない塾より、集客の上で有利になります。

エリアやジャンルで検索するユーザーが見つけやすいように、正確な情報を記載し、他の塾にはない訴求ポイントや好評となる情報を含めると、そこから問い合わせに流れやすくなります。EPARKスクールで初めて知るユーザーもいることを考え、まず伝えるべき内容をわかりやすく掲載しましょう。

同時にWebサイトやSNSなど多角的にアプローチし、多くの顧客の関心を深め、問い合わせ増加を狙いましょう。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\7,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。