サウナ集客にトリップアドバイザーは活用できる?利用するメリットを事例付きで解説

トリップアドバイザー(Triop Advisor)は、ホテルや旅館といった宿泊施設やレストラン・観光スポットの情報を調べられる口コミサイトです。

アメリカでサービス開始したトリップアドバイザーは世界中の観光客に利用されており、世界的な旅行・観光向けサイトとして知られています。

本記事では、トリップアドバイザーの概要のほか、サウナの情報をトリップアドバイザーに掲載するメリットや、サウナ集客に効果的な施策を紹介します。

関連記事
TripAdvisor(トリップアドバイザー)とは?施設登録やランキング・口コミの特徴

サウナの情報をトリップアドバイザーに掲載する3つのメリット

サウナは温泉やスパといったリラクゼーションの1つに分類されることが多く、観光時のほか日帰りでも楽しめるサービスです。

今日ではサウナ専門の口コミサイトや情報サイトが存在するなど、サウナの利用を検討しているユーザーは事前にインターネットで情報を収集するような動きが見られます。

こうしたユーザーの動向に対応するためには、トリップアドバイザーなどの情報サイトの活用が有効です。

この項目では、サウナの情報をトリップアドバイザーに掲載する3つのメリットを紹介します。

メリット1. 登録料が無料、低コストで世界中のユーザーにアピールできる

トリップアドバイザーに情報を掲載する場合、登録費や掲載費といった料金はかからず無料で登録できます。初めて口コミサイトを活用する施設も費用の心配をせずに運用開始できます。

トリップアドバイザー公式サイトによると、トリップアドバイザーは世界49の国と地域でサービスを展開しており、旅行情報や口コミを取り扱うサイトの中では国内外のユーザーにリーチしやすいと言えます。

登録費が無料であることに加え、国際的なサービスであることから、国内の観光客はもちろんインバウンドの集客にも活かしやすいサービスです。

ただし、トリップアドバイザーに登録されている施設情報は800万件ほどと多く、他の施設と差別化を図った見せ方など工夫が求められます。

メリット2. 周辺スポットや写真の掲載で、施設の魅力を発信

トリップアドバイザーに施設を登録する際は、施設専用のページに住所やウェブサイトへのリンク、施設内の写真といった基本情報を設定します。

トリップアドバイザーなどの口コミサイトでは特に写真の掲載が重要です。写真を複数枚投稿することで、これから施設への訪問を検討しているユーザーに対し、施設の清潔感や雰囲気、コンセプトなどを伝えやすくなります。

また、トリップアドバイザーのページにはマップの表示機能があり、ユーザーは施設の位置情報のほか、周辺のレストランや観光スポット情報もあわせて確認できます。

この機能があることにより、ユーザーは他の地図アプリなどを介さずに、トリップアドバイザー内で宿泊先や訪問予定の場所と近い施設を把握できる仕組みです。

メリット3. 口コミが豊富、温泉施設でもサウナの存在がアピールできる

トリップアドバイザーには8億8,400万件を超える口コミが投稿されており、その施設を訪れたユーザーからの感想や評価を確認できます。

口コミサイトを利用した訪問先の検討や比較はもはや日常的に行われています。サウナに限らず観光やリラクゼーション関連の施設、飲食店などの集客に、どのような口コミを獲得しているか、誤った口コミや不都合な評価に対しどのように対応するかは非常に重要です。

トリップアドバイザーの場合は、日本語だけではなく英語や中国語など28言語でサービスを展開しています。海外からの観光客も気軽に口コミ投稿できるため、訪日外国人からの口コミも集めやすいことが特徴です。

上記の特徴からも、トリップアドバイザーは国内の訪問客だけではなく、インバウンド観光客に向けた集客や認知度アップに適した口コミサイトといえます。

またトリップアドバイザーでは「オーナー登録」を行うことで、掲載ページの管理だけではなく、施設に寄せられた口コミへの返信も可能です。投稿された口コミに返信を行うことでユーザーとの信頼関係構築や、対応の丁寧さをアピールできます。

<参照>オーナー登録(無料)

トリップアドバイザーを活用しているサウナの事例2選

トリップアドバイザーに施設情報を掲載し、集客や宣伝の場として活用している実際の様子を紹介します。

1. 口コミへの返信で再来店を促進

サウナを主たるサービスとして提供しているある施設では、トリップアドバイザーのユーザーからついた口コミに対し返信をつけています。

口コミの内容に対しての返信にはユーザーが書き込んだ内容に対するコメントがついており、それぞれの口コミを確認しているという施設の姿勢が確認できます。

また、個別に口コミの返信を通じて、書き込みを行ったユーザーに再訪問を提案することもできるでしょう。リピーターとなる顧客の獲得にも効果が期待できます。

ある施設に投稿された口コミと返信(トリップアドバイザー)
▲ある施設に投稿された口コミと返信(トリップアドバイザー):編集部スクリーンショット


2. 周辺スポット・アクセス情報で立地をアピール

トリップアドバイザーには、住所をもとに近隣のお店やホテルを関連施設として表示する機能があります。

周辺のおすすめレストランや観光スポットは、どの施設を利用しようか迷っているユーザーに対し決断させるきっかけにもなります。

反対に、もともとサウナを利用する予定がなかったユーザーであっても、周辺のスポットを検索している際に施設の情報を見てもらえると考えられます。新規顧客獲得のきっかけにもなるでしょう。

ある施設のページに表示された周辺のおすすめ(トリップアドバイザー)
▲ある施設のページに表示された周辺のおすすめ(トリップアドバイザー):編集部スクリーンショット

サウナ集客に効果的な4つの施策

サウナの利用客層は幅広く、インターネットを普段使用しないユーザーも利用します。

そのためインターネット上の広告出稿や情報掲載だけではなく、チラシの配布やイベントの開催といったオフラインの施策も重要です。

この項目では、トリップアドバイザーのようなレビューサイトサイトを利用することに加えて、さらにサウナの集客力を高めることのできる施策を紹介します。

集客施策1. チラシの配布

サウナの利用ケースには、施設の利用を目的に遠方から訪れる場合や、観光の途中で利用する場合などさまざまなパターンがあります。

短時間での利用も可能なサウナは、その地域に生活する顧客も多い、地域性の高い施設でもあります。

近隣の住宅や路上でチラシ配布を行うことで地域における知名度が向上し、集客力の向上につながると考えられます。

また、チラシは配る範囲が限られる一方、スマートフォンやインターネットなどを持っていない可能性がある高齢者にも情報を拡散できるため、サウナのような利用者層が幅広いサービスには向いているといえます。

集客施策2. イベント開催

サウナのスペースに余裕がある場合、施設内で落語、お笑い、歌やショーといったイベントの開催も効果的な集客方法の一つです。

サウナ施設でイベントを行うことで、日常的にサウナに通う習慣がない顧客にもサウナを知ってもらえる機会になる他、イベントをきっかけに利用客の家族や友人などが同行して施設を利用する可能性見込まれ、認知度の向上が見込まれます。

また、イベントを行うと利用客の滞在時間が長くなるという効果も見込めるため、施設内の商品の売り上げ増加にも期待できるでしょう。

定期的にイベントを行うことで、リピーターを生む効果にも期待できます。

集客施策3. ウェブサイトやGoogle マイビジネスを活用

ウェブサイトを作ると、料金やレンタル料金、アクセス方法、設備、利用者の声などサウナを魅力的に見せるためのコンテンツを掲載できます。

口コミサイトでは登録できる情報が制限されますが、ウェブサイトを作成する際はレイアウトや登録する情報の項目などを自由に設定できるため、予約サイトでは紹介しきれないサウナ施設の魅力を伝えることができます。

検索エンジンでのユーザーが一番に目にすることになるGoogle マップに表示される情報を、Google マイビジネスで編集したり、口コミに返信したりすることも潜在顧客へのアプローチとなるでしょう。

関連記事
【完全版】Googleマイビジネスとは?活用すべき理由、登録・運用方法、新機能まで徹底解説!

集客施策4. SNSを利用する

SNSを利用することも集客に効果を発揮する重要な施策です。

SNSは個人や企業が事業を宣伝するために使われている場合も少なくありません。ユーザーはInstagramやTwitterで話題になった飲食店や宿泊施設を認知しており、こうした店舗を積極的に利用したいと考える人もいます。

実店舗の雰囲気を伝えるためには、運営に携わるスタッフが書く文章はもちろん、写真も重要な媒体となるため両方のコンテンツをバランスよく織り交ぜることが重要です。

関連記事
Instagramを利用して集客の向上を図るには|7つのポイントを解説
Twitterの集客方法|ツイッターの特徴や投稿のコツ・注意ポイント

トリップアドバイザーを活用し、サウナの集客アップへ

トリップアドバイザーは、アメリカでサービスを開始した観光・旅行向け口コミサイトです。

2021年現在49の国と地域でサービスを展開しており、トリップアドバイザーには国内外のユーザーに向けて施設の情報を発信できるという特徴があります。

サウナの利用客は年齢層も幅広くさまざまな集客方法が考えられますが、海外でよく使われているオンラインサービスを利用すれば、地域住民だけではなく観光客や海外のユーザーなど幅広い顧客層にサウナ施設をアピールできます。

このようなトリップアドバイザーをはじめとするオンラインサービスを活用することで、地域の利用者だけではなくインバウンド対策や観光客に対する集客力の向上に期待できそうです。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\7,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

<参考>
サウナイキタイ:お気に入りのサウナ施設が見つかる日本最大のサウナ検索サイト
SAUNA TIME:サウナタイムとは?
TripAdvisor:貴施設をトリップアドバイザーに掲載する
TripAdvisor:無料ツールまたはプレミアム、どちらをお選びですか? トリップアドバイザーで効果的に宣伝する方法
TripAdvisor:トリップアドバイザーについて
TripAdvisor:私はオーナーまたは管理者ですが、掲載施設への口コミに返信するにはどうすればよいですか?
講談社現代ビジネス:「サウナのブームはSNSとともに訪れた」サウナ人気の意外な歴史

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。