楽天ペイとは?楽天会員向けキャッシュレス決済の特徴・店舗が導入するメリットを解説

楽天ペイは、アプリや楽天IDにより利用できる電子決済であり、キャッシュレス決済の一つです。

日本ではキャッシュレス決済の浸透が進んでおり、日本国内では様々な決済方法が一般的になりつつあります。

決済の際に現金を使わずにスマートフォンなどを通じて支払いを行うことができ、ポイント機能などを利用すれば特に買い物をすることも可能です。

この記事では、楽天ペイの特徴と、店舗側が導入する際に期待できるメリットについて紹介します。

楽天ペイとは?

キャッシュレス化の中で、現金を用いずにスムーズな支払いができる選択肢が増えており、それぞれの支払い方法に特徴があります。

楽天ペイは、その中でも楽天会員が利用することのできるサービスです。楽天カード、楽天銀行、ラクマ、楽天ウォレットからチャージできます。

楽天会員向けの決済サービス、「おすすめしたいキャッシュレス決済」1位

楽天ペイは、楽天会員が利用できる決済サービスです。商品やサービスの購入などを通じて貯まった、楽天ポイントを利用して支払いを行うこともできます。

2020年度における日本版顧客満足度指数(JCSI)のキャッシュレス決済業種(業種指数化対象企業5社)「推奨意向」指標では、2年連続で「おすすめしたいキャッシュレス決済」の1位を獲得しています。

アプリの利用で店舗でも簡単に支払い可能、安全性も高い

楽天ペイはアプリを利用して店頭での決済に利用できます。

インターネット上での買い物だけでなく、コンビニやスーパーマーケットなどの実店舗でも支払いに使えます。

顧客はクレジットカードを支払いの際に出す必要がなく、安心して買い物をすることのできるメリットがあります。

楽天ポイントユーザーの利用に期待

楽天ペイ利用の利点は、他の楽天サービスで貯めたポイントを支払いの際に使用することができる点です。

商品購入の際に貯めることのできるポイントの他にも、様々なキャンペーンが展開されているため、効果的にポイントを貯めてお得に買い物をしたいと考える顧客が多いという特徴があります。

楽天会員を中心に、積極的な利用が期待できるため、楽天ペイを導入することで利用者の増加、利用金額の増加が見込めます。

店舗が楽天ペイを導入する5つのメリット

楽天グループは、さまざまな商品の購入できるECモールや、OTA、金融機関、CtoCのフリマアプリ、仮装通貨の取引所などを展開しています。

各サービスはさまざまなネットユーザーのニーズを満たすだけでなく、楽天グループだからという理由でグループ内のその他サービス利用を動機づけています。

店舗が楽天ペイを導入する5つのメリットについて整理します。

1.QRコード決済で会計がスムーズに

キャッシュレスが進む中で、顧客の支払い方法は多様化しています。

特に、QRコードを用いた支払いは、支払いの際に現金を取り出す手間が省け、スムーズに会計を済ますことが可能です。

お釣りの受け渡しなどにかかる手間を省略することができ、レジ時間の短縮や、お釣りや受け取り金額の間違いなどのトラブルを防ぐことにもつながります。

2. 楽天ポイント消費で集客効果に期待

楽天ポイントは、楽天市場や楽天トラベルなどの多くの利用者を抱える楽天サービスで貯めることのできるポイントです。

それぞれのサービス内で使用することでサービスをお得に利用でき、期間限定ポイントなどもあります。

楽天ポイントは会員数1億人を突破した上、年間3200億以上の利用あり、人気の高い楽天の決済サービスを導入することで、集客アップが期待できます。

3. 低コストでキャッシュレス決済の導入

さらなる楽天ペイ導入のメリットは、導入にかかるコストが低いことです。

キャッシュレス決済の導入のための初期費用を理由に導入をためらっている店舗にとっても、ユーザー数の多い楽天ペイを低コストで活用することで、新たな集客につながります。

振込登録口座が楽天銀行であれば、支払われた売上の入金がいつでも翌日に行われ、しかも振込手数料が無料になるという特徴があります。

4. アプリ決済だけじゃない、多種多様な決済方法に対応

楽天ペイを店舗に導入する場合、対応できるようになるのはQRコードやバーコード決済だけではありません。

アプリ決済の他に、クレジットカード決済や、電子マネー決済への対応も同時にできるようになります。

クレジットカード決済はVISAやマスターをはじめとした主要ブランド6社に対応しており、楽天EdyやSuicaなど、利用者の多い電子マネー決済にも対応が可能になります。

支払いの選択肢が増えることで、利用者の増加が期待できます。

5. 店舗専用アプリやWeb管理画面で簡単に管理

楽天ペイを導入することで、店舗が利用できるようになるアプリがあります。

そのアプリを活用することで、決済時のサインや利用控えをメールで送信することができ、ペーパーレス化への貢献につながります。

他にも、楽天ペイ導入で利用できるWeb管理画面から売り上げの管理や店舗スタッフの追加や削除ができるため、店舗管理に役立つサービスを利用することができます。

楽天ペイを導入するには?

楽天ペイを導入することで、利用者に選択肢を与えることで新たな顧客の集客につながったり、使用金額の増加が期待できたりします。

ここでは楽天ペイの実際の導入までの手順と、必要な費用について紹介します。

店舗に楽天ペイを導入する流れ

楽天ペイを導入は、店舗向けサイトから申し込むことができます。

サイトから必要な情報を入力し、申し込みをしたのちに審査があります。

審査に通ったら、アプリをダウンロードし、支払いの際に用いるカードリーダーを受け取り、セットアップを行います。

楽天ペイ公式サイト、店舗向け案内
▲楽天ペイ公式サイト、店舗向け案内:編集部スクリーンショット


楽天ペイを利用する費用

楽天ペイを使用するための費用は必要ありません。

顧客が支払いの際に楽天決済を利用するたびに3.24%の決済手数料が発生します。

ただし、クレジットカード払いで顧客が利用するカードが楽天カード以外のJCBカードである場合、決済手数料が3.74%になります。

QRコード決済のためのシステムの導入に費用はかかりませんが、クレジットカードや電子マナー決済も合わせて導入する場合には、別途カードリーダーの購入が必要になります。

楽天ペイの導入で新規顧客の獲得・業務の効率化へ

楽天ペイは、国内最大級の利用者をほこる楽天が運営しているキャッシュレス決済です。楽天の各種サービスを利用して貯めたポイントを活用することができ、利用者にとってもお得な決済方法です。店舗での支払いの選択肢に楽天ペイを入れることで、新しい顧客の集客につながります。

また、楽天ペイは導入コストが低く、キャッシュレス決済への参入を考えている店舗にとってハードルが低いという特徴があります。

QRコード決済やバーコード決済の他にも、クレジットカードや電子マネー決済を同時に導入することもできるので、これからのキャッシュレス化に向けて導入のメリットの大きい決済サービスといえるでしょう。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\7,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。