Google マイビジネスでビジネス名を設定する|登録時に注意することやカスタム名について解説

Google マイビジネスはビジネスのプロモーションにおいて高い効果を発揮します。なかでも「ビジネス名」はGoogleからの評価に関する要素を含む重要な項目です。

しかし、検索結果の上位に表示されるための施策が逆にGoogleからの評価を下げていることにつながるなど、正しい活用がなされていない場合もあります。

この記事ではGoogle マイビジネスにおけるビジネス名の登録方法や変更方法と注意すべき点、またカスタム名によるメリットなどを解説します。

関連記事
Googleマイビジネスのアクティビティ数とは
Googleマイビジネスのウェブサイトとは

店舗名やサービス名を入力する/ビジネス名の設定で顧客から見つけやすく

ビジネス名は、店舗の顔とも言える重要な項目です。

ここでは、ビジネス名の重要性とビジネス名の登録方法や変更方法について紹介します。

そもそもGoogleマイビジネスのビジネス名とは?

ビジネス名は、Google検索の際にGoogleマイビジネス内に表示される名称です。

登録することで、顧客が自店舗のビジネスを見つけやすくなります。

検索された場合以下のようにビジネス情報が表示されます。

株式会社movのGoogleマイビジネス
▲株式会社movのGoogleマイビジネス:編集部スクリーンショット

ただし、正式名称でなかったり名前が間違っていたりした場合は、表示の順位が落ちてしまうことにつながってしまうため注意が必要です。

ビジネス名の登録方法と編集方法(名前変更)とは?

Google マイビジネスの登録時にビジネス名を設定できます。ここからは登録の手順を紹介します。

手順1. Googleマイビジネスにログインする

まずはパソコンのブラウザからGoogle マイビジネスにログインし、画面左のメニューから「情報」を選択します。

Googleマイビジネスのビジネス名設定方法1
▲Googleマイビジネスのビジネス名設定画面:編集部スクリーンショット

手順2. ビジネス名を編集する

ビジネス名の右にある鉛筆のマークをクリックし、ビジネス名を編集します。

Googleマイビジネスのビジネス名設定方法2
▲Googleマイビジネスのビジネス名設定画面:編集部スクリーンショット

手順3. 「適用」をクリックで完了

ビジネス名を記入し「適用」をクリックすれば完了です。

登録情報の編集後、ガイドラインに沿っているかどうかの審査が行われる場合があります。編集前にガイドラインの確認が必要です。

Googleマイビジネスのビジネス名設定方法3
▲Googleマイビジネスのビジネス名設定画面:編集部スクリーンショット

関連記事
Googleマイビジネスの登録方法

ビジネス名を登録する際の3つのポイント

ビジネス名を決定する際、場合によってはGoogleの設定しているガイドライン違反となり検索順位に大きな影響が出てしまいます。

ここでは、ビジネス名の登録にあたり注意すべき点を3つに分けて解説します。

なお、名称と住所、電話番号の3つの情報を「NAP」といい、この情報を各サイト、サービス上で統一することもGoogleから評価されるために大切です。

関連記事
GoogleマイビジネスでのNAPの統一方法・メリット

1. ビジネス名を一致させる

登録されているビジネス名は、公式サイトや他ポータルサイトに登録されている名称と統一されていることが理想です。

Web上に記載されている他の情報との不一致が見られる場合、Googleから適切な情報でないと判断され、検索の際の評価が下がる可能性があります。

名称を統一するにあたっては、アルファベッドの大文字や小文字および半角全角、ひらがなとカタカナなどの表記に注意する必要があります。

2. ビジネス名には名称のみを入力する

ビジネス名には入力できるのは、店舗名やサービス名のみです。所在地や営業時間、サービスのカテゴリなどは別の項目から入力します。

万が一これらの情報が名称に入力された場合、リスティングが停止となったり、プライバシーポリシーに違反しているとみなされ検索順位が落ちるなどの措置が取られる場合があります。

3. ガイドラインの規約を守る

Google マイビジネスのガイドライン上には、営業時間などの基本情報以外にもビジネス名に含めてはいけない文字などが取り決められています。

以下はその一例です。

  • 「気合いだ!」「がんばります!」などのメッセージやキャッチフレーズ(店舗名そのものに含まれる場合は除く)
  • 商標のマーク(®)
  • 店舗のウェブサイトのURL
  • 店舗の電話番号
  • 特殊文字(%&$@/" など)
  • 取り扱っているサービスや商品の情報

カスタム名の登録で更に顧客の認知を獲得

Google マイビジネスからは「カスタム名」と呼ばれる略称が設定できます。設定することによりプロモーションに有利な機能が使えるようになります。

ここでは、カスタム名のメリットと設定方法について説明します。

カスタム名とは?

カスタム名とは、Google マイビジネスから登録できる店舗名やサービス名の略称のことを指します。

シンプルなものに設定しておくことでユーザーから認知されやすくなり、店舗の宣伝や口コミ獲得に有利になります。

また、店舗のビジネスプロフィールに直接アクセスできる短縮URLを取得することもできます。

カスタム名の登録で短縮URLの利用も可能に

短縮URLとは、プロフィールに直接アクセスできるURLです。ユーザーはアドレスバーから「g.page/ [カスタム名] 」を入力することで店舗のプロフィールを簡単に検索できるようになります。

店舗を示す内容がURLに簡潔に示されていることで、記憶に残りやすくユーザーに口コミの投稿を促しやすくなるというメリットがあります。

関連記事
Googleマイビジネスの略称設定とは

カスタム名で使用できない文字

略称の設定には、全角16文字以内英語以外の文字は使用不可といった注意点があります。

また、すでにほかのGoogle マイビジネスで登録されているものは設定できません。

カスタム名には店舗名以外にも数字や地域の名前を含むことができるため、有効的に活用するとよいでしょう。

カスタム名の登録方法

カスタム名の登録方法は以下の通りです。

まずGoogle マイビジネスにログインし、略称を作成したいビジネス情報に移動します。

Googleマイビジネスのカスタム名設定方法
▲Googleマイビジネスのカスタム名設定画面:編集部スクリーンショット

プロフィールの画面から略称を選択し、入力します。入力ができれば「適用」をクリックし、設定が完了します。

Googleマイビジネスのカスタム名設定方法
▲Googleマイビジネスのカスタム名設定画面:編集部スクリーンショット

最初は保留中として表示されますが、準備ができ次第ビジネスプロフィールに表示されます。

ビジネス名を正しく登録し、顧客からの認知を狙う

Google マイビジネスはローカルビジネスにおいて重要なサービスです。しかし、活用法によっては正しく効果が発揮されない場合もあります。

ビジネス名を一致させることやガイドラインに対応した名前の設定など、正しく登録することによりGoogleからの評価が上がります。

またカスタム名の設定により、ユーザーに口コミや共有を促す機能が使えるようになることも大きなメリットです。

Google マイビジネスの効果を最大限に発揮するためには、設定を絶えず見直すことが重要です。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\7,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。