【事例あり】Googleマイビジネスでサウナの集客を行うには?4つのポイントで魅力をアピール

息抜きや疲労回復の需要から、サウナブームとも称されるサウナ人気の高まりが起きています。

サウナ人気の高まりは、サウナ専門施設の顧客の増加だけを意味しません。宿泊施設や銭湯もサウナを集客のカギとして考えたいところです。

サウナに関心を持つユーザーの集客を成功させるためには、対策を立てて戦略的に取り組む必要があります。

この記事ではサウナの集客戦略でも活用が可能なGoogle マイビジネスに登録し、サウナの集客促進に活用するためのポイントを紹介します。

関連記事
サウナ施設のInstagram活用事例5選
サウナのFacebook活用事例

サウナの集客にGoogle マイビジネスが活用できる理由とは?

Google マイビジネスは、飲食店などの集客ツールとして認知されていますが、サウナなど、飲食店以外の業種でも活用できます。

サウナへの集客のポイントを押さえながら、Google マイビジネスのメリットや、同サービスが集客活動に活用できる理由を紹介します。

Google サービスへの表示で知名度の獲得

Google マイビジネスとは、Google 検索やGoogle マップなど、Googleのサービスに店舗や施設の情報を表示し、管理するための無料ツールです。

Googleの各種サービスに自店舗を表示させることで、Googleを利用するユーザーに店舗の情報を知らせる機会が生まれます。

サウナやスパといった施設に限らず、集客全般の話として知名度は重要です。良質なサービス、スタッフ、施設を備えていたとしても、見込み顧客に知ってもらわなければ来店に結び付きません。

Google マイビジネスを用いることで、施設の写真や詳細な情報をユーザーに発信でき、自店舗に関心を持ってもらうことで新規顧客の獲得へとつながります。

カテゴリの設定でニーズがあるユーザーへアピール可能

Google マイビジネスは、登録する際にカテゴリを選択できます。適切なカテゴリを選択することにより、Google 検索を利用するユーザーが「サウナ」などの単語で検索したとき、店舗の情報が表示される可能性が高まります。ユーザーは検索したキーワードで表示される店舗の情報が魅力的であれば、来店を検討するでしょう。

カテゴリの種類としてメインカテゴリと追加カテゴリがあり、メインカテゴリにはビジネス全体を表す具体的な名称を入れます。メインとは別に運営している事業やサービスがある場合、追加カテゴリを利用しましょう。

まずは登録、オーナー確認でプロフィール管理を

Google マイビジネスの活用には、ビジネス情報を正確に保持する措置としてオーナー確認を完了させる必要があります。

登録のみでオーナー確認をしなかった場合、ビジネス情報の詳細を編集したり、口コミに返信したりすることができません。

オーナー確認は基本的に郵送での手続きとなり、登録された店舗の住所に届いたはがきに記載してある確認コードを入力することで完了します。

また、Google マイビジネスへの登録には、Google アカウントの所持が必要です。Google アカウントでGoogle マイビジネスにログインし、店舗の住所や電話番号といった最新の詳細情報を入力することで、ユーザーに表示したい情報の編集は完了します。

口コミラボでは、Google マイビジネスへの登録方法、ならびにオーナー確認の方法を解説した記事を公開しています。こちらを参考にGoogle マイビジネスへの登録を完了させ、ビジネス情報が編集できるようにしましょう。

関連記事
「Google マイビジネス」登録方法
「Google マイビジネス」オーナー確認方法

プロフィール作成の4つのポイント/ローカルSEO(MEO)対策にも

Google マイビジネスに登録し、オーナー確認を済ませて、活用の準備が整ったあとのプロセスに進みます。実際に集客に役立てるため、店舗のプロフィールを充実させましょう。

ここからはローカルSEOMEO)対策にも役立つ4つのポイントを紹介します。

内容が充実したプロフィールで魅力を訴求

プロフィールの内容を充実させて店舗の魅力を発信するためには、住所、電話番号、営業時間といった基本情報のほかに、施設内にはどういったサウナがあり、付帯サービスはどういった内容のものがあるのか、などアピールするポイントまで含めて登録しましょう。

ユーザーが「地域名+サウナ」の複合条件でローカル検索をするとき、Googleは検索語句との関連性が高い施設のプロフィールを上位に表示します。そのため、ビジネス情報が充実しているほど、検索語句との一致度が上がり、上位表示を狙うことができます

上位表示を達成した場合、多くのユーザーの目に触れ、認知度が向上します。店舗の存在と魅力を知ってもらうことで来店のきっかけにもなり、結果として集客につながります。

サウナ専門の施設ではなく、サウナを併設した銭湯やホテルの場合、メインカテゴリがサウナではなく銭湯やホテルになるため、そのままではサウナでのローカル検索で上位表示されることは難しいでしょう。打開策として、ビジネス プロフィールの説明文を利用し、ユーザーにサウナの存在をアピールする方法があります。

Googleは、ローカル検索結果の上位表示について、関連度とともに距離や知名度を判断基準にしているため、ローカルSEOの面からも効果的です。

口コミを集めてサウナの存在をアピール

Google マップでは、マップに表示されている施設について、ユーザーが評価とその詳細を投稿できます。施設にとっては、これらはサービスを改善するための有益な情報です。

大手のサウナ検索サイトで利用されている点からもわかるとおり、ユーザーは利用するサウナを選ぶ際、実際に訪問したユーザーの口コミを重視しています。口コミが多く集まることで、見込み顧客に対する宣伝効果になるでしょう。

また、Google マイビジネスのメインカテゴリがサウナではない場合も、ユーザーからの口コミでサウナの存在を強調できる利点があります。

写真を追加して施設の良さを伝える

Google マイビジネスでは、カテゴリに合わせた写真を追加してビジネスをアピールできます。サウナにとっては、設備や施設内で提供しているサービスをPRするチャンスであるため、ぜひとも写真を追加したいところです。

写真の例としては、サウナ室、水風呂、休憩スペースといった内容が挙げられるでしょう。施設内の雰囲気を伝えることで、検索しているユーザーに店舗の良さを伝えられます。

サウナ専門店ではなく、サウナ併設の銭湯やホテルのケースでも、サウナ室の写真を追加すればユーザーに存在を効率的に知らせることができるでしょう。

イベント情報を投稿して来店の促進へ

Google マイビジネスでは、ローカル ビジネス向けの投稿機能があります。最新情報、イベント、特典、商品、営業時間の更新といった投稿を発信でき、既存顧客や潜在顧客とのつながりが生まれるでしょう。

サウナという業態にとって効果的な集客は、イベントの開催やクーポンの配布です。これらのイベント情報や特典情報の詳細を、投稿機能を利用して宣伝しましょう。新規顧客から既存顧客まで広く情報が行き渡れば、来店促進への強い味方になってくれます。

Google マイビジネスを活用しているサウナ事例

Google マイビジネスはどのように利用されているのか、サウナの活用事例を確かめましょう。効果的なモデルケースに学ぶことで、自店舗での実際の動かし方が見えてきます。

事例1. 基本情報を充実させる

Google マイビジネス活用事例(サウナ)
▲Google マイビジネス活用事例(サウナ)1:編集部スクリーンショット

Google マイビジネス活用事例(サウナ)
▲Google マイビジネス活用事例(サウナ)1:編集部スクリーンショット

事例1のサウナ店は、基本情報が充実しています。曜日ごとの営業時間の記載は、定休日や営業時間外にユーザーが誤って訪れてしまうリスクを減らすことができます。

電話番号だけでなく、ウェブサイト情報を掲載しているのもポイントです。公式サイトへの誘導によって、より詳しい情報を提供し、見込み顧客へアプローチできます。

これらの情報は一般のユーザーなどによって書き換えられている場合もあるため、こまめに確認するようにしましょう。

事例2. サウナ以外の魅力をアピール

サウナ施設のGoogle マイビジネス活用
▲Google マイビジネス活用事例(サウナ)2:編集部スクリーンショット


サウナ施設のGoogle マイビジネス活用
▲Google マイビジネス活用事例(サウナ)2:編集部スクリーンショット


事例2のサウナ店は、施設内の写真が充実している例です。メインのサービスであるサウナ室のみならず、浴場や食事処の写真まで掲載されていることで施設内の様子がわかりやすく、ユーザーは初めて来店する際の不安を取り除くことができます。

新規顧客は、休憩所や食事のできる場所がある事実を視覚情報で知ることで、サウナ以外のアピールポイントがあると認知できます。

事例3. キャンペーン情報を発信し、再来店を促進

▲Google マイビジネス活用事例3:編集部スクリーンショット
▲Google マイビジネス活用事例3:編集部スクリーンショット

事例3のサウナ店は、キャンペーン情報が更新されている例です。顧客の利益となる情報をGoogle マイビジネスの投稿機能を活用して宣伝していくことで、来店への促進効果があるでしょう。

この効果は、新規に利用を検討してほしいユーザーのみならず、すでに施設やサービスを利用した経験のある既存顧客にも訴求できます。

サウナの魅力をGoogle マイビジネスでアピール、集客の向上へ

サウナ店の競合は、同じサウナ店だけではありません。専門施設のほかにも、銭湯やホテルに併設された施設がある点に留意しましょう。競合との違いを明確化して、戦略的に集客を実施していくことが重要です。

Google マイビジネスに登録し、オーナー確認を完了すれば、ユーザーの利益にもなってローカルSEOMEO)の面でも有利な、ビジネス情報の編集や口コミ管理に取り組めます。

これらGoogle マイビジネスを活用した発信活動は、知名度アップと魅力の認知につながり、集客の向上が見込めるでしょう。

実際のサウナ店の活用事例に学ぶことで、Google マイビジネスを登録しただけで終わらせることなく、自店舗の事情に即した運用ができます。

プロフィールを充実させ、口コミを増やすなど、ポイントを押さえたGoogle マイビジネスの運用が継続できれば、長期的な集客の向上が結果として期待できます。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\7,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。