ローカルSEOとは?地域検索で上位表示をとるためのポイントを紹介

店舗集客にはさまざまな方法がありますが、地域に根ざしたビジネスを展開する事業者に有効なのが「ローカルSEO」です。 ローカルSEOの対策に取り組むことで、店舗の認知度向上や売上アップに期待できます。

本記事では、SEOについての概要からローカルSEO対策の方法、ローカル検索(地域検索)で上位表示をとるための方法などを解説します。

関連記事
ローカルSEOとは?
ローカルSEO施策のポイント

ローカルSEOとは?

SEOとは「Search Engine Optimization」の省略で「検索エンジン最適化」を指します。

SEOに取り組むことでGoogleやYahoo!などの検索エンジン上で、運営するサイトが検索上位に表示されるようなります。

一方でローカルSEOとは、特定の位置情報や地域名の検索で上位の検索結果に表示されるよう対策することを指します。

ローカルSEOは地域性・位置情報が検索結果に影響

ユーザーが「キーワード+地域名」で検索した際、対象となるキーワード以外にもサイトに地域名が含まれているかどうかや、検索している場所によって検索結果が変化します。

これはGoogleには検索アルゴリズムが組まれているために起こるもので、ユーザーと店舗との距離や検索ワードから関連性があるかどうかなどによって影響されます。

たとえばユーザーが「レストラン」のように特定のジャンルのみで検索するとユーザーの現在地情報が反映され、アルゴリズムによって最適化された情報を表示します。

そのほかにも、店舗の知名度、口コミ件数やレビューの評価なども影響します。

ローカルSEOに取り組む重要性

ローカルSEOに取り組むことで集客につながるため、顧客に商品やサービスを提供するビジネスの事業者は、この考え方を押さえておく必要があります。

現代の消費行動の大きな特徴として、商品の購入や店舗を訪れる前に検索行動をすることが挙げられます。そのため、ユーザーが検索した際に自店舗の情報が提供できるかによって集客に影響するといえます。

また、Googleの検索アルゴリズムのアップデートにより、ユーザーの位置情報によってよりローカライズされた情報が表示されるようになりました。

こうした要因から、地域ビジネスを展開する店舗にとって自店舗の情報を上位に表示させることは、集客において重要です。

関連記事
Googleが定義する新たな検索行動パターンとは?

ローカルSEOのメリット

上記のように店舗を訪れる前に検索行動をすることが消費行動の特徴として挙げられます。

検索行動をしている人はすでに目的があって店舗を探しているため、ローカルSEOに取り組むことで購買意欲の高いユーザーを取り込められます。

また、SEOはマーケティングの施策として認識されていますが、検索結果に連動して表示されるリスティング広告などと違い、クリック数が増えても料金が発生することはありません。

広告と比較しても費用対効果が大きいといえます。

関連記事
Googleマイビジネスの投稿機能

ローカルSEOに取り組むうえでまず押さえる点

ローカルSEOにおいて、Googleマイビジネスへの登録は有効的な施策のひとつです。

ここでは、より効果を発揮するために押さえておきたい重要なポイントを紹介します。

Google マイビジネスへの登録

店舗ができることとしてGoogle マイビジネスへの登録が挙げられます。

Google マイビジネスは検索画面の上位に優先的に表示されるため、ユーザーの目に留まりやすくなります。

ビジネスプロフィールには、店舗名、住所、電話番号、営業時間、公式サイトのURLといった基本的な店舗情報から、写真や動画、ユーザーからの口コミなどが掲載できます。

Google マイビジネスは無料で運用できるため、店舗や地域密着型のビジネスを行っている場合、Google マイビジネスを登録しておくことは非常に有効的といえます。

関連記事
【保存版】Googleマイビジネスの登録方法

ローカル検索(地域検索)で上位表示するためのSEO対策

ローカル検索で上位に表示されるために店舗ができることは「関連性」や「知名度」を高めることです。

ここではその要素を元にしたローカルSEOの例を紹介します。

1. ウェブで公開するコンテンツに関連する地域名称を盛り込む

店舗と関係するウェブサイトがあれば、公開している記事などのコンテンツについて、タイトルや見出し部分にキーワードや地域性を含ませることがポイントです。

サイト内で地域に関連するキーワードやカテゴリに対する情報が多く記載することで、その地域に関連するページだと認識されやすくなります。

ほかにも、その地域周辺の観光情報、グルメ情報などを合わせて紹介することによってローカライズ化され、関連性を上げることにつながります。

2. ユーザーの検索意図を認識する

ユーザーがどのような情報を知りたいのか、その情報を知りたい理由はなぜなのかを把握し、ユーザーのニーズに合わせた情報提供をすることも重要です。

ユーザーの検索意図に対応した情報を提供すると、Googleがユーザーに対して有益な情報であると判断されやすくなります。

検索意図を把握するためには、1つのキーワードに対してどのような関連ワードを加えて検索しているかを確認するとよいでしょう。

関連記事
【Googleマイビジネス】SEO対策に役立つインサイト機能とは

3. ウェブサイトのカテゴリーを豊富にする

1番と同じく、店舗と関係するウェブサイト内にキーワードに関連した言葉を含めたカテゴリーを作成することもポイントのひとつです。

たとえば、飲食店の場合、関連するカテゴリーとして「テイクアウト」「イートイン」「宅配」「値段」「ランチ」「ディナー」などがあります。

地域名に追加してキーワードに付随するカテゴリーを豊富に用意することで、幅広い検索キーワードからの流入を目指せます。

4. モバイル対応も済ませておく

スマートフォン版に対応することもSEO対策になります。

スマートフォンでの閲覧ができなかったり、スムーズに移行できないページはユーザーにとって利便性が低いとGoogleから認識されることにつながります。

Googleからの評価は検索順位にも影響するため、モバイル対応しているかも重要なポイントです。

5. 複数地域(マルチロケーション)を対象とした最適化も必要

全国に展開するチェーン店のような複数の店舗を所有する場合、店舗がある地域ごとの最適化が必要です。

そのための施策には、地域ごとに店舗ページを作成することが挙げられます。たとえば北海道と東京に店舗がある場合、それぞれ専用ページを作成し、地域名を盛り込んだり、カテゴリーを豊富にしたりすることで最適化が図れます。

複数の店舗がある場合にもそれぞれの地域固有の要素が含まれることで、ローカル検索の上位表示につながるでしょう。

ローカル検索(地域検索)結果の掲載順位を上げる方法

Googleマイビジネスにおける検索順位を上げる方法について紹介します。

1. 口コミに対する返信

口コミはユーザーが来店する店舗を検討するための判断材料になるため、収集することはもちろんその口コミに対して返信することも大切です。

たとえば、Googleマイビジネスにネガティブな内容の口コミが掲載された際、そのままの状態にしておくことで店舗への信頼が薄れてしまう可能性が高まります。

悪い印象を防ぐためにも、寄せられた口コミに対して感謝の気持ちを述べ改善点を伝えることや、書かれている内容が事実無根のことであれば丁寧にその旨を伝える必要があります。

関連記事
【例文付き】口コミの返信の具体例と気を付けたい4つの基本

2. 写真や動画の掲載

Googleマイビジネスの投稿機能を活用し、写真や動画を掲載することも掲載順位を上げる施策です。

飲食店であればメニューの美味しさが伝わるような魅力的な写真、サービス業であれば施設内やスタッフを紹介する動画として活用できます。

店舗情報が分かりやすく伝えられることで、ユーザーにとって有益な情報としてGoogleからの評価につながります。

関連記事
Googleマイビジネスに写真を追加する方法
Googleマイビジネスに動画を投稿する方法

3. 最新情報の掲載

Googleマイビジネスに掲載されている情報を更新することで、ユーザーに誤解を生まないよう取り組むことも大切です。

特に営業時間の変更や休業情報には注意が必要です。間違った情報が掲載されているGoogleマイビジネスを見たユーザーが来店した際、店舗が閉まっていることでネガティブな内容の口コミにつながる可能性もあります。

ユーザーの混乱を防ぐためにも、最新の情報に更新されているか、掲載されている情報が正しいかどうかについて常に把握しておきましょう。

ローカルSEOでは地域性を盛り込んだ対策が重要

特定の地域にもとづいた検索結果で上位表示を目指すローカルSEOでは、店舗周辺でのニーズを持ったユーザーにターゲットを絞ることができるため、通常のSEO対策よりも高い集客効果が期待できます。

検索キーワードとの関連性を高めるためには、地域名を含ませることやその周辺情報を提供することがポイントです。

ほかにも、Googleからの評価としてユーザーにとって有益な情報を提供しているかどうかも評価要素になるため、検索意図の把握、モバイル対応の設定にも注意が必要です。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\7,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。