Google マイビジネスの導入事例|導入で見込める効果や効果的な運用を行うコツもあわせて解説

GoogleマイビジネスはGoogleが無料提供しているビジネス向けのツールで、導入することで集客に効果が期待できます。

しかし、ただ導入するだけでは期待するような集客は行えません。効果を高めるためには、詳細な情報を記載することや、常に最新の情報を提供するということを意識することが重要です。

この記事では、各業種でのGoogle マイビジネス導入事例と効果的な運用を行うコツについて紹介します。

関連記事
Googleマイビジネスとは?
Googleマイビジネスが今必要な理由
Googleで口コミを増やす方法

業種別のGoogle マイビジネス導入事例

Googleマイビジネスは業種を問わず、多くの店舗で導入されています。

ここでは3つの業界から1店舗ずつ導入の実例を紹介します。

1. 飲食業界の導入事例/板前寿司 赤坂店

東京都港区赤坂の「板前寿司 赤坂店」では、新型コロナウイルス(COVID-19)に関する最新情報を更新したり、コースやアラカルトのメニューを掲載したりという形でGoogle マイビジネスを活用しています。

これらの情報は、店舗訪問前の検討材料としてユーザーに活用されると考えられます。

口コミの返信では、訪問と口コミ投稿の両方についてお礼を伝えており、店頭だけでなくオンラインであっても顧客を大切にする姿勢が伝わります。

板前寿司 赤坂店のGoogle上の情報
▲板前寿司 赤坂店の情報:編集部スクリーンショット

2. ファッション業界(靴)の導入事例/myGLORY JINGUMAE Shoe Store

myGLORY JINGUMAE Shoe Storeは、台湾発祥のシューズブランドのセレクトショップです。2020年12月に渋谷に日本初の路面店をオープンしました。

Google マイビジネスを用いて、「健康・安全」の欄に「要マスク、スタッフマスク着用」と客が安心して来店できるような情報を発信しています。

また電話番号を記載することで、これを見て興味をもった人は電話での問い合わせができるようになっています。地図サービスから顧客を取り込む仕組みが構築されているといえるでしょう。

また自店舗が扱っている商品のブランドについて解説するなど、これを見た人が興味をもつような工夫もされています。

また同ブランドでは、Google 広告によるユーザーへのリーチを試みていることがわかります(2021年4月20日確認)

myGLORY JINGUMAE Shoe StoreのGoogleビジネス情報
▲myGLORY JINGUMAE Shoe Storeの情報:編集部スクリーンショット

<参照>台湾発祥人気シューズブランドのセレクトショップ「my GLORY」、日本初となる路面店を東京・渋谷に12月末にオープン!(PRTIMES)

関連記事
GoogleマイビジネスとGoogle広告を連携して活用するには

3. 結婚式場の導入事例/エレガンテヴィータ

エレガンテヴィータは東京・恵比寿に位置する結婚式場です。

結婚式場の二次会を検索すると表示されるビジネス情報には、2つの予約リンクや感染症対策の詳細、イベントの情報が表示されています。

複数の商品情報や、オーナー提供の写真も複数設定されています。

また長文や写真付きの口コミも複数投稿されていますが、これらへの返信もしっかりされています。ユーザーの参考にしてもらえるだけでなく、返信を期待する層に口コミ投稿を動機づけることもできると考えられるでしょう。

エレガンテヴィータのGoogleマイビジネス情報
▲エレガンテヴィータの情報:編集部スクリーンショット

関連記事
Googleマイビジネスに写真を追加する方法
Googleマイビジネスの写真の順番はどうやって決まる?
Googleマップの写真を削除する方法

Googleマイビジネス導入で見込める効果

Googleマイビジネスを導入することで、認知度を高めたり、顧客の満足度を高めたりなど、さまざまな効果が期待できます。

ここでは導入によって、どのような効果が得られるかを紹介します。

Googleユーザーに見つけてもらえる機会が増える

Googleは日本に限らず世界中で使用されている検索エンジンであり、Googleマップの利用率も高いことが知られています。

自店舗を登録することでGoogleの検索結果やGoogleマップに表示されるため、ローカル検索の際、数多くのGoogleユーザーに見つけてもらいやすくなります。

顧客のミスマッチが生じにくい

Googleマイビジネスには店舗が掲載する住所や電話番号、営業時間、写真や動画以外にも、口コミを投稿してもらうことで、さまざまなユーザーに詳細な情報を提供できます。

来店を検討しているユーザーは、こうした客観的な情報をもとに、ある程度のイメージを持って来店してきます。

来店した時に来店前のイメージとあまりにも差があると不満やクレームにもつながってしまうのですが、先に詳細を提示しておくことで、ギャップを防ぐという効果をもたらすことができます。

宣伝効果が高い

Googleマイビジネスには集客効果がどのように作用しているかを詳細に分析できるインサイト機能があります。

これは顧客が自店舗を発見した方法や検索に利用したサービス、問い合わせ数などの情報を確認できる機能です。

そのほかにも、投稿している写真の閲覧数やルート検索の数も把握できるため、ユーザーがどのような情報を求めているかを分析できます。

また、分析したデータはGoogleマイビジネスにアップする情報やコンテンツ内容を検討する際の基準として活用できます。

効果を発揮するためにしておくべき事例

Google マイビジネスを導入して集客を図る場合、Google マイビジネスの特徴やネット検索のアルゴリズムを理解することが重要です。

以下で紹介するポイントを押さえて運用することで、より大きな効果を期待できます。

ビジネス リスティングのポイントを押さえる

ビジネスリスティングは、Googleマイビジネスのサービスの1つで、店舗の住所や電話番号などの基本情報を登録できる機能です。

有効なコンテンツを作成するためにもいくつかのポイントを押さえる必要があります。

ポイントの1つ目は写真を共有することです。写真の掲載によって、信頼性のある情報をユーザーに分かりやすく伝えられます。

口コミの文章は書くの主観に基づいて書かれるため、客観性に欠ける可能性がありますが、写真はその場面の記録として残るため信頼性が高い情報といえます。

2つ目は、ユーザーの口コミに真摯に対応することです。

ポジティブな口コミには感謝とさらなる店舗のアピールを伝え、ネガティブな投稿には改善する意思を示すような返信をするのが望ましいでしょう。

Googleマイビジネスではユーザーの検索した回数や、ビジネスリスティングが表示された回数とその際のキーワードについて知ることができます。この情報をもとにビジネスリスティングの内容を検討し、よりユーザーの関心が高い情報に更新し続けることが大切なポイントとなります。

関連記事
【Googleマイビジネス】ビジネスリスティングとは
【例文付き】口コミの返信例

ビジネス情報を常に最新のものにし、表記を揃える

自店舗の住所や電話番号、営業時間等に変更があった場合は、速やかにGoogleマイビジネスの内容も変更する必要があります。常に正確な情報をユーザーに提供することで、誤った情報でユーザーに混乱を与えてしまうことを防げます。

また、Googleマイビジネスで管理する店舗情報以外に、公式サイトやSNSを運用している場合、それらのページに表示している店名や住所、電話番号などの表記を統一することが望ましいです。

ひらがな表記なのか漢字表記なのか、アルファベット表記であっても大文字なのか小文字なのか半角か全角なのかで別の情報と判断されてしまう危険性があります。これらの表記を統一することで、同一の情報として検索エンジンに認識されるため、検索結果の上位に表示されやすくなります。

関連記事
GoogleマイビジネスではNAPの統一が重要に

導入事例を参考にしながらGoogle マイビジネスを運用する

Google マイビジネスは業種を問わずさまざまな店舗で利用されており、導入を契機に顧客が増加したという事例もあります。

Google マイビジネスの導入でGoogleユーザーに店舗を認識してもらえる可能性が高まるだけでなく、詳細に情報提供できるため、来店前後のミスマッチを防ぐことができます。

そのために、Googleマイビジネスを利用して、より宣伝効果を高めるにはビジネスリスティングの要点を押さえる必要があります。

ビジネス情報を常に最新のものに更新し、他のウェブやSNSなどと表記をそろえるなど、ほかの店舗の事例も参考にすることで効果が期待できるでしょう。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\7,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。


関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。