みんなのウェディングとは?日本最大級の結婚式場口コミサイトを活用し集客へ

結婚式は、人生における一大イベントです。何度も経験するものではないからこそ、花嫁も花婿も、慎重に準備を進めたいと願っています。

そうした需要の解決に活用されているのが、結婚準備総合サイトの「みんなのウェディング」です。みんなのウェディングへの情報の掲載や広告の出稿は、集客力の向上に寄与する可能性があります。

それでは、どのようにすれば、みんなのウェディングを通じて有効な集客が可能になるのかという問題が生じます。

本記事では、結婚式場に関連した口コミ機能を活用するという観点も含め、ユーザーに情報を届ける方法を解説していきます。

関連記事
ハナユメとは?ゼクシィとの違い
ウエディングパークとは?結婚式場の口コミ比較サイト
結婚式場のFacebook活用事例と運用ポイント

みんなのウェディングとは

みんなのウェディングというウェブサイトは、本音の口コミに触れられる結婚準備総合サイトです。花嫁や花婿になるユーザーが、結婚式に関する多彩なコンテンツに触れられます。

結婚準備総合サイトというだけあって、構成しているコンテンツは複数あります。メインにあたるのが式場情報であり、公式情報から費用明細までを網羅し、口コミとランキングによるおすすめ度合いの明示化をしています。

また、ドレス、指輪、ニュース、プロへの相談など、結婚の準備に関して幅広く解決を図れるウェブサイトです。

みんなのウェディング
▲みんなのウェディング:編集部スクリーンショット

事業内容/結婚にまつわる情報を発信

みんなのウェディングは、エニマリによって運営されています。

結婚式の準備段階に応じる形でコンテンツが分かれており「結婚式のイメージを持とう」「結婚式を見つけよう」「結婚式の準備をしよう」の3段階が提示されています。

結婚式の準備を有意義に進めるためのコンテンツとして、どのような結婚式が向いているかを案内する結婚式診断や、実際の結婚式を取材した結婚式レポ、実際の結婚式場の評判を調べた結婚式場探し、ドレス探し、花嫁Q&Aといったものが設けられているのが特徴です。

また、結婚式の準備を進めるにあたって、プロに相談できるサービスであるみんなのウェディング相談デスクも設けられています。

具体的な案が何もない花嫁や花婿でも、LINEを用いた無料相談で気軽に話を聞いてもらうことが可能です。

ユーザー層

みんなのウェディングは、月間のページビュー数が約1,370万回にも及んでいます。利用しているユーザー層の8割は女性で、20代から30代の層が占めています。

若年層がユーザー層の主流という背景もあって、ユーザーの7割が働いていることがわかっています。

半分以上は給与所得を得ている会社員ですが、1割ほどはパート・アルバイトといった時間給労働者で、ほかにも公務員、専門職、自営業といった職業です。

みんなのウェディングに情報・広告を掲載するメリット

みんなのウェディングは、明確な目的を持った属性の確かなユーザーが集まるウェブサイトです。この前提のもとで、みんなのウェディングに情報・広告を掲載することによって、主に2つのメリットが生まれます。

口コミを集め集客しやすい「ご祝儀ポイントシステム」

みんなのウェディングでは、ユーザーによる本音の口コミや費用明細の投稿を推進するプログラムが組まれています。それが「ご祝儀ポイントシステム」です。

結婚式場で実際に式を挙げた、下見をした、招待されたといった式場に関する口コミの投稿や、挙行した結婚式本番の最終明細書、あるいは下見をした際に作成してもらった見積書の画像を投稿することで、ご祝儀ポイントが付与されます。

ご祝儀ポイントの付与は実際の結婚式本番に関するものが高く、下見や招待などは控えめに設定されています。

加えて、式本番の口コミと費用明細を同月中に両方とも投稿することで、ボーナスポイントが追加で配付されます。

付与されたご祝儀ポイントは、最低1,000ポイントから現金1,000円と交換できるため、式本番関連のポイントをボーナスまですべて含めると4,000円もの臨時収入を得られます。

この取り組みによって、みんなのウェディングは最新の口コミが投稿されやすい仕組みを維持しています。

みんなのウェディング、ご祝儀ポイント
▲みんなのウェディング、ご祝儀ポイント:編集部スクリーンショット

ドレスや指輪の広告も載せられる

みんなのウェディングでは、結婚式場の情報が活発に投稿されるのみならず、ドレスや指輪といった結婚式に欠かせないアイテムに関連したコンテンツも掲載されています。

広告を出稿する側は、これらのコンテンツを購読するユーザーに対して、ターゲットを絞って広告を掲載することが可能です。

みんなのウェディングには結婚式の初期ユーザーから後期ユーザーまで集まっており、いずれも情報収集意欲や購買意欲が高いことから、効果の高いアプローチができるでしょう。

みんなのウェディングの掲載方法・料金

みんなのウェディングに式場情報や広告を掲載してもらうには、備えつけのメールフォームを利用しての問い合わせから始まります。担当者が内容を確認して折り返し連絡をしてくるので、掲載のための詳細を共有します。

ウェブサイト上では掲載に必要な料金の詳細を公開していないため、どれくらいのコストが掛かるのかを知りたい際にも、まずは問い合わせをすることが重要です。

みんなのウェディングで集客力・効果を高めるには?

みんなのウェディングに問い合わせを行い、晴れて式場情報の掲載が始まっても、それだけでは効果的な利用にはつながりません。

集客効果を高めるためのポイントについて、2つの観点から解説します。

情報を充実させる

みんなのウェディングに掲載できる情報は、一度入力して終わりでは効果を発揮できません。保有しているサービスの強みを意識し、利用意欲の高いユーザーに届けていくことを念頭に置いたほうがいいと考えられます。

シーズンごとに情報を更新し、お得なフェアやキャンペーンの情報を適宜更新することは、ユーザーに確かな挙式のイメージを持たせることにつながります。

フォトギャラリーも積極的に活用し、見込み顧客のニーズに合わせたサービスの存在をアピールすることが重要です。

口コミに返信する

みんなのウェディング内の結婚式場のページには、本音の口コミが投稿されます。式場側が内容を操作することはできませんが、投稿された口コミへの返信は可能です。

口コミへの返信は速やかに、かつ誠心誠意を旨として取り組むことが大切です。良い口コミには感謝を伝え、結婚生活が幸あるものとなるように願います。

他方、悪い口コミにもすぐに反論するのではなく、その内容を吟味することをおすすめします。指摘された内容が事実だった場合、有効な改善提案になりうるからです。謝罪を行うとともに、今後の改善について書くことで、口コミを見たユーザーに真摯な印象を与えるでしょう。

しかし、根も葉もないデタラメや悪意のある内容だった場合、みんなのウェディングの運営に通報し、口コミの削除を依頼することを考えます。まるで的外れな内容にも謝罪してしまうと、周囲には事実として受け取られかねません。

口コミラボでは、口コミ返信の具体例と基本をまとめた記事を公開しています。あわせてお読みいただくことで、みんなのウェディングの有効な運用につながります。

関連記事
口コミ返信の4つの基本と具体例

みんなのウェディングに掲載してさらなる集客へ

みんなのウェディングは、これから花嫁や花婿になるユーザーにとって有用なウェブサイトであり、同時に情報を掲載する結婚式場にとっても集客の手段になりえる場所です。

その集客力を存分に活かすためには、単に料金を支払って情報を掲載するのみならず、写真の掲載などを含めて内容を充実させ、シーズンに合わせたフェアやキャンペーン情報をこまめに更新するなどの新鮮さを維持することが大切です。

加えて、結婚式場に関してユーザーから口コミが投稿された際には、内容に応じて迅速かつ真摯に対応することが推奨されます。

このような工夫を凝らすことで、みんなのウェディングによる集客の有効性は、より高まっていくと考えられます。良好な運用を継続的に実施し、高い効率での集客につなげていくことが重要です。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\7,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。