Yahoo!ロコ、Yahoo!プレイスとは?違いを理解し集客につなげる

Yahoo!ロコは「Yahoo!クーポン」「Yahoo!グルメ」「Yahoo!道路交通情報」「Yahoo!地図」などの情報をまとめた顧客向けのサービス、Yahoo!プレイスはこれらのYahoo!のサービスと連携している経営者向けのサービスです。

両者は店舗や企業の集客に欠かせないサービスです。ビジネスオーナーは、Yahoo!ロコYahoo!プレイスそれぞれの違いや特徴を把握したうえで、利用を検討するべきでしょう。

本記事ではYahoo!ロコYahoo!プレイスの違い、それぞれの特徴、そして利用するメリットについて詳しく解説します。

※2021年5月27日追記:PayPayはこれまで決済システム利用料について、無料で店舗にサービスを提供していましたが、2021年10月1日より有料になります。利用料率は8月31日に発表される予定です。

関連記事
Yahoo!プレイスとは?特徴・登録方法・使い方・注意点を解説
Yahoo!プレイスの費用・料金と登録|Googleマイビジネスの違い Yahoo!ロコ・地図との関係は?

Yahoo!ロコとYahoo!プレイスの違いは?

顧客のためのツール「Yahoo!ロコ」と経営者のためのツール「Yahoo!プレイス」の違いについて解説します。

Yahoo!ロコは顧客のためのツール

Yahoo!ロコは、Yahoo!JAPANが運営する「Yahoo!クーポン」「Yahoo!道路交通情報」「Yahoo!地図」などに提供されている情報をまとめた、顧客のためのツールです。

顧客はYahoo!ロコを通じて、店舗や施設の情報を集めたり、口コミを見ることができます。

さらに、ホットペッパーやヒトサラぐるなびなどのクーポンサイトとも連携しているため、一括でその店舗で使えるクーポンを確認することが可能です。

また、Yahoo!ロコでは電子決済サービス「PayPay」とも連携しています。Yahoo!ロコで店舗にネット予約をするとPayPayボーナスを付与するなどの、集客を促すプロモーションを実施しています。

関連記事
主要グルメサイト7社を比較/飲食店目線でどう選ぶ?各サービスのユーザー層や特徴を整理

Yahoo!プレイスは経営者のためのツール

Yahoo!プレイスは、Yahoo!ロコへの情報を入稿できる経営者のためのツールです。顧客からの口コミに対する返信もすることができます。

さらに、入稿や口コミの返信以外にもYahoo!ロコで掲載されているページのアクセス分析機能も利用できたり、予約受付機能を搭載することも可能です。

Yahoo!プレイスでは、申し込みからこれらの機能の利用がすべて無料なので、初めての方でもハードル低く始められます。Yahoo!プレイスは、Yahoo!ユーザーの集客に効果的なため、店舗経営者にとって必須のツールでしょう。

Yahoo!ロコとは

店舗の情報を集めたい顧客にとって便利な「Yahoo!ロコ」は、具体的にどのようなツールなのか、特徴を詳しく解説します。

Yahoo!ロコ
▲Yahoo!ロコ:編集部スクリーンショット

Yahoo!が運営する施設情報総合サイト

Yahoo!ロコは、地域情報サービスともいわれており、各地域の便利な情報を提供しています。その対象は飲食店に限らず、病院やコンビニ、レジャーなど業種は多種多様です。

「Yahoo!クーポン」「Yahoo!道路交通情報」「Yahoo!地図」などのYahoo!が提供するサービスを統一するために、2011年に生まれたのがYahoo!ロコです。

これまではさまざまなページで確認していた情報がひとまとめになったため、顧客にとって非常に便利に利用できるサービスです。

Yahoo!ロコの機能4つ

Yahoo!ロコの機能は、主に「検索機能」「登録スポット」「投稿機能」「クーポン」の4つです。

「検索機能」では、キーワードやエリアなどを入れて検索することで、探している条件に一致している施設を見つけられます。

「登録スポット」はいわゆるブックマーク機能で、気になる施設を登録しておけば、後からでも簡単にチェックすることができます。

「投稿機能」は、ユーザーが施設に関する口コミや評価を投稿できる機能です。投稿された口コミは、各施設のページから見ることができます。

「クーポン」は、各施設のページからチェックすることができます。Yahoo!ロコ独自のクーポンに加え、ホットペッパーやヒトサラなど提携しているクーポンサイトのクーポンが一覧で見られるため、便利にクーポンを探せます。

Yahoo!プレイスとは

Yahoo!ロコへの情報を入稿できる経営者のためのツール「Yahoo!プレイス」は、具体的にどのようなツールなのか、特徴を詳しく解説します。

Yahoo!プレイス
▲Yahoo!プレイス:編集部スクリーンショット

情報掲載・管理サービス

Yahoo!プレイスを利用すれば、登録している施設の情報をいつでも投稿することができます。施設の情報としては、営業時間やキャッチコピーなどの基本情報から、お店の雰囲気や衛生対策状況なども入稿が可能です。

Yahoo!プレイスに無料で申し込むことで、Yahoo!ロコとYahoo!検索・Yahoo!地図と連携されます。したがって、Yahoo!ロコに登録した情報がYahoo!検索・Yahoo!地図にも反映されるので、効率よくYahoo!ユーザーにアプローチできます。

さらに、PayPayとも連動しているため、PayPayユーザーも便利に利用できるでしょう。

またYahoo!プレイス経由で店の予約を受け付けたり、クーポン提示なども可能なため、施設の集客につながりやすいです。

関連記事
PayPay、シェア率55%で「Pay戦争」一人勝ちに
PayPayの加盟店向けアプリ「PayPay for Business」

Google マイビジネスとの違いは?

Yahoo!プレイスは、Googleのサービス「Google マイビジネス」とほぼ同様の機能をもちます

しかし、Yahoo!プレイスを利用することで、Googleユーザーとは異なる層にアプローチすることができます。

Yahoo!プレイスは、そのほかのYahoo!のサービスとも連携しているため、Yahoo!ユーザーを取りこぼすことなく、効果的な集客を行えます。

また、Yahoo!プレイスはPayPayと連携しているためPayPayユーザーからも関心を持たれる可能性がある点が、Google マイビジネスと異なる点です。

Yahoo!プレイスの機能3つ

Yahoo!プレイスでは、「情報入稿」「アクセス分析」「口コミ返信」の主に3つの機能を利用できます。

「情報入稿」で具体的に登録できる基本情報は、業種・電話番号・営業時間・特別営業・URLなどです。そのほか、こだわり条件・キャッチコピー・説明文・開業日なども登録することができます。さらに内観や外観、サービス内容などの写真を投稿することも可能です。

またYahoo!プレイスの「アクセス分析」では、Yahoo!ロコのページ表示回数に加え、自社サイトへのアクセス数や電話した数、写真の閲覧回数などを確認することができます。

「口コミ返信」ではその名の通り、ユーザーから寄せられた口コミに対して、施設のオーナーとして返信することができます。

Yahoo!プレイスを始めるメリット

すでにGoogle マイビジネスを登録しているという施設でも、Yahoo!プレイスを始めるメリットがあります。

検索エンジンのシェア率はGoogleがトップですが、約4分の1のユーザーはYahoo!を使用しています(Statcounter Global Statsより)。

また、Yahoo!の利用者層は50代前後が多く、PCからの利用が多いため、Googleユーザーとは異なる層にアプローチが可能です。

Yahoo!プレイスのサービスは2019年から開始と割と最近なので、早めに対策することで他店を差をつけることができるでしょう。

Yahoo!プレイスに登録し、Yahoo!ロコで集客を狙う

Yahoo!ロコは、Yahoo!のさまざまなサービスを統合した、顧客にとって便利なサイトです。自店舗のYahoo!ロコのページを充実させるためには、Yahoo!プレイスに登録し、情報を入稿していく必要があります。

2つのツールをよく理解し活用できれば、さらなる集客につながるでしょう。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。