Googleマップを利用して集客を向上させるには?ローカル検索結果上位を狙うポイントを解説

近年はすでに数多くの店舗がGoogle マイビジネスを活用しているため、登録に加え、検索結果の上位に表示されるための対策が求められています。ネット経由で集客を狙う店舗側は、Google マップへの対応も急務の時代となっています。

そこで本記事では、Google マップを利用して集客を向上させるためのポイントについて解説します。

関連記事
Googleマップの店舗情報、「誰でも勝手に書き換えられる」って知ってた?

Google マップを利用して集客向上を狙う

検索結果の上位表示を目指すための対策は、検索エンジン最適化(SEO)と呼ばれていますが、Google マップにおいて、検索エンジンの最適化を図る効果的な方法はあるのでしょうか。

ここでは、Google マップを活用しての集客効果の有無、そして最適化の方法について解説します。

Google マップの利用は集客に有効か?

Google マップとは、Google社が提供する地図サービスです。パソコンから利用する場合にはサイトにアクセスしますが、スマートフォンやタブレット端末から利用する場合にはアプリからも利用できます。

Google マップには、エリア内の情報検索や目的地までの経路検索機能など多様な機能があります。ユーザーが地域に関連するキーワードで検索すると、現在地や検索した地名から近いエリアにある、ユーザーが求めるサービスや店が検索結果上位に表示される仕組みです。

ユーザーは検索結果から店を選択すれば、そのまま経路案内までが完結するため、Google マップは集客に効果があるとされています。

まずはGoogle マップにビジネスを表示させる/Google マイビジネスへの登録でも可能

Google マップの検索結果に自店を表示させる一つの方法として、Google マイビジネスからの「ビジネス情報の追加」があります。

Google マイビジネスはGoogleの提供する無料ツールで、Google アカウントで利用できます。

Google マイビジネスのトップページ、右上「ビジネス情報を追加」から店舗情報を追加できる
▲Google マイビジネスのトップページ、右上「ビジネス情報を追加」から店舗情報を追加できる:編集部スクリーンショット

すでにGoogleのサービス上に店舗情報が存在する場合には、Google マイビジネスからその情報が編集できます。ただし、一部の情報や機能は、オーナー登録を完了しなければ修正や利用ができません。

Google マイビジネスを利用しなくとも、Google マップに直接店舗や施設の情報を追加できます。アプリやブラウザからアクセスするGoogle マップの「場所を追加」から追加できます。

関連記事
「Googleマイビジネス」登録方法

Google マップの上位表示を狙う、ローカルSEO(MEO)対策

ユーザーが「渋谷+ラーメン」といったように、特定の地域や場所を含んだ検索を行うことを「ローカル検索といいます。Googleでは検索結果をどのような順番で表示させるかの計算式であるアルゴリズムによって検索結果の順位を決めています。

Google はアルゴリズムの公開は行っておらず、一般的な検索とローカル検索では異なるアルゴリズムが適用されていいます。

ローカル検索では、ユーザーの現在地などにより、検索結果として表示されるサイトの順位が変わってきます。つまり、一般的なSEOとは別に、ユーザーがローカル検索したときに自店舗や自社の情報を検索結果の上位に表示させるように最適化する必要があります。それがローカルSEOです。

日本ではローカルSEOのことを、「Map Engine Optimization(マップエンジン最適化)」の頭文字をとって「MEO」と呼ぶこともあります。

MEOの詳細は以下の記事を参考にしてください。

関連記事
ローカルSEO(MEO)とは?

ローカル検索でGoogle マップ上位表示を狙うには?

よくGoogle マップ検索結果枠に、店舗周辺の地図とGoogle マイビジネスの情報が表示されますが、サイトの目立つ場所に表示されるだけに、自店の情報が見える位置に表示されるか否かは集客効果に大きな影響を与えます。

そのため、ローカルSEO対策はもはや店舗にとって欠かせない集客のための戦略となってきています。

ローカル検索で上位表示を狙う具体的な方法について解説します。

ローカル検索の3大要素(関連性・距離・知名度)を理解する

先ほども解説したように、Googleのアルゴリズムは公開されていませんが、Google マイビジネスの公式サイトの中で『ローカル検索結果では、主に関連性、距離、知名度などの要素を組み合わせて最適な検索結果が表示されます』(引用:Googleマイビジネス)と書かれています。

この3つの要素について、具体的に解説します。

  • 関連性
    関連性は、検索語句とローカルビジネスプロフィールとの一致度を指しています。例えばユーザーが渋谷駅前から「渋谷+みそラーメン」で検索した場合、ローカルビジネスプロフィールにラーメンだけでなく「みそラーメン」とより細かく登録しておけば、検索語句との関連性が高い店として、より上位に表示される可能性が高まります。
  • 距離
    距離とは、検索語句や検索したユーザーの現在地情報との距離を指します。ユーザーが打ち込んだ地名やユーザーの現在地情報に基づいて距離が計算され、検索結果がそれに応じて表示されます。
  • 知名度
    知名度とは、有名店や人気店であるといったように、人々に認知されている度合いの高低を指します。つまりユーザーの検索場所から同じような距離にラーメン店がある場合、知名度が高い店の方がローカル検索結果で上位に表示されやすくなります。知名度はクチコミやクチコミのスコアも関係しています。

詳細な情報を入力し、ビジネスプロフィールを充実させる

関連性、距離、知名度がローカル検索の結果表示に影響がありますが、Google マイビジネスの登録情報の充実度が関連性を上げる要因になります。

具体的には住所、電話番号、カテゴリ、属性のような基本的な情報を漏れなく正確に入力し、情報は常にアップデートすることが有効です。

また知名度の向上に関しては、リンクの数、記事などで取り上げられた回数、ユーザーの口コミ数なども影響するとされています。

オーナー確認を行う

Google マップは、ユーザーによりあらかじめ店舗情報が登録されている場合があります。そうした場合には「オーナー確認」をすることで、より詳しい自店情報の編集が可能になります。

オーナー確認を行うと、登録内容の編集が可能になるだけではなく、ユーザーから寄せられた口コミへの返信ができるようになります。

また、ユーザーからのアクセス数や、検索クエリ、写真の閲覧数などが確認できます。

関連記事
Googleマイビジネスのオーナー確認方法(画像付き)

口コミの管理でユーザーへアピールする

ローカルSEO対策は、Googleの公式サイトの中でもいくつか具体的な方法が指南されていますが、そのなかの一つに「クチコミを管理、返信する」という項目があります。

口コミの管理を行うことは、ローカルSEO対策に限らず、いくつかのメリットがあります。

たとえば、ユーザーとしてクチコミを投稿したときに、タイミングを外さずに店側から返信をもらい、店舗の印象が良くなったという経験がある人もいるでしょう。

そうすることで、ユーザーにとって自分の意見を相手が読んでくれたことの証明になり、さらにユーザーの存在や意見を尊重した店だという印象を与えることができます。

ユーザーのコメントに対する返信の有無を確認しているのは、投稿したユーザーだけではありません。これから店舗を訪れようとしているユーザーや、実際に店舗を訪れたユーザーであれば、誠実な店であるならば、来店や口コミなどの投稿をしようという気になります。

このようにして、更なる投稿を集めることができれば、知名度の評価を高めることにもつながり、自然とローカルSEO対策にもつなげることができます。口コミの管理は徹底的に行った方が良いでしょう。

写真を追加し、彩りのあるプロフィールを作成する

特に飲食店などでは、メニューを文章で細かく紹介しても、なかなかその美味しさや新鮮さを訴えることは難しいものです。しかし、写真を追加するだけでユーザーのそのメニューに対するイメージをつかんでもらいやすくなります。

このように、メニューの写真をビジネスプロフィールに追加してユーザーの視線を集めるだけではなく、店舗の雰囲気やスタッフの様子などを写真で伝えることでユーザーの安心感につなげることができるのです。

特にユーザーに訴求力の高い写真には、以下のようなものがあります。

以下のような写真を用いて、プロフィールを充実させていくことが大切です。

  • 店の外観
  • 店内の写真
  • 商品やメニュー、提供しているサービスの写真
  • スタッフの写真 など

Google マップで上位表示を狙い、集客・売上向上を目指す

従来はインターネットの検索エンジン対策といえば、SEO対策がその中心でした。もちろん、SEO対策の必要性が薄らいだわけではありませんが、ローカル検索は利用率が向上しているだけではなく、現在地からすぐに利用したい近くの店舗や施設を探すために検索をかけるユーザーが増加してきています。

ローカル検索は、検索結果がすぐに集客に結びつく確率が高いと指摘されています。マーケティング戦略上、Google マイビジネスへ登録し、ローカル検索の表示上位を目指すことは今やビジネスの中で欠かせない要素となっています。

ローカル検索と一般検索では検索結果の表示順位を決めるアルゴリズムの要素は異なります。そのため、SEOだけではなく、Google マップやGoogle マイビジネスを用いたローカルSEO対策にもしっかりと目を向けることが、集客成功のために必要不可欠です。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。