ビジネスシーンでGoogleマップを利用する時に知っておくべきことまとめ | 集客にはGoogleマイビジネスを利用しよう

本記事では、Google マップをビジネスで利用する時に知っておくべきことを解説します。

関連記事
Googleマップ、検索キーワードに関連した投稿が表示されるように【ローカルSEOニュースまとめ vol.2】

「ビジネスグループ」と「Googleマイビジネス」の違い

ここでは、企業でGoogleマップを利用する場合に使う「ビジネス グループ」と「Google マイビジネス」の違いについて解説します。

関連記事
Googleマイビジネスとは?

ビジネスグループ(ビジネスアカウント)とは

Google マップは、Google アカウントにログインして利用するとさらに便利に利用できます。

ビジネスでGoogle マップなどGoogleのサービスを利用する際は、ビジネス グループ(旧称「ビジネス アカウント」)を使用しましょう。

ビジネス グループは、ビジネスに関係している複数人のユーザーで、1つのアカウントを使って共同作業ができます。

<参考>
Google マイビジネス ヘルプ:ビジネス グループについて

Googleマイビジネスとの違い

Google マイビジネスは、Google マップ上に店舗・施設情報を登録できる、オーナー向けの無料ツールです。

ビジネス グループがGoogle アカウントのビジネス版、つまりユーザーとしてGoogle マップなどを利用する際に使うものであるのに対し、Google マイビジネスはユーザーに向けて企業・店舗の情報を発信するために使われます。

関連記事
Googleマイビジネスにログインするには
Google マイビジネスのアクティビティ数とは
Google マイビジネスの検索ワードを調べる

集客にはGoogleマイビジネスを利用しよう!

Google マップは国内のマップアプリでシェア率1位のサービスです。Google マップ上に店舗・施設情報を登録することで、月間約4,000万人にも及ぶGoogle マップユーザーに訴求できます。

さらに店舗予約・注文用のURLや電話番号を登録しておくことで、集客にも直結します。

そしてGoogle マップは、活用「しない」ことによるデメリットもあります。

Google マップは、第三者であるユーザーやGoogleが店舗情報を登録したり、更新したりすることが可能となっています。

ユーザーにより投稿された口コミが店舗にとってネガティブなものであったり、投稿された写真が店舗と関係のないものだったりといった問題も度々発生します。

そのため、オーナー自らが店舗情報を健全な状態に保てるよう、管理する必要があるのです。

関連記事
なぜ今Googleマイビジネスが重要なのか
Google マイビジネスの店舗名を正式名称にすべき理由

意外と知らないGoogleマップ用語3選

ここでは、意外と知らないGoogleマップ用語3選を解説します。

1. ロケーション履歴

ロケーション履歴は、端末の位置情報を利用して、滞在した場所を記録する機能です。

ビジネスグループでログインしてロケーション履歴を保存しておくと、移動ルートや訪問先などを後から確認する際に便利です。

関連記事
Googleのロケーション履歴とは

2. ローカルガイド

ローカルガイドは、Google マップで口コミや写真を投稿したり、場所の追加や編集を行ったり、質問に回答したりするユーザーのことを指します。

ビジネスシーンで利用する場面はないかもしれませんが、Google マップ上の口コミなど情報整備を行っているユーザーであるため、Google マイビジネスを活用している店舗などでは頭の片隅に入れておくと良いでしょう。

関連記事
Googleマップのローカルガイドとは
ローカルガイドに登録する3つのメリット

3. ストリートビュー

ストリートビューは、店舗や施設の外観や内観などを、バーチャルリアリティのように閲覧できる機能です。

その場所にいるかのような視点で見られるため、行きたいお店を探したり、施設周辺のようすを確認しておきたい時に便利です。

また、Google マップ上に店舗情報を掲載しているのであれば、外観・内観をストリートビューで訴求すると良いでしょう。

関連記事
ストリートビュー活用で店舗集客を成功させるには
Googleストリートビューが見られないときの対処法

ビジネスシーンで活用したい、Googleマップの便利な機能4選

ここでは、ビジネスシーンで活用したい、Googleマップの便利な機能4つを紹介します。

関連記事
【iPhone版】Googleマップの便利機能14選
【Android版】Googleマップの便利機能14選

1. 列車の遅延情報、バスの位置情報がわかる

列車の遅延情報・位置情報や、バスの位置情報がGoogle マップ上で確認できるようになりました* 。

乗る予定だった列車やバスが来ない時、列車やバスがどの辺りにあるのかがわかれば、代替の交通手段に切り替えるといった対処がはやめにできます。忙しい朝などに活用したい機能です。

* 列車の遅延情報は2021年2月、バスの位置情報は2020年8月に追加された新しい機能です。また現時点では、列車の遅延情報の機能は2022年1月31日までの期間限定のキャンペーンとされています。

関連記事
Googleマップ更新、列車の遅延情報をリアルタイムで表示
Googleマップ・Yahoo!乗換案内で「バスの位置」が表示されるように

2. 渋滞情報を表示する

車で移動する場合、渋滞により到着時間が大きく左右されます。

そんな時、Google マップをナビとして利用しているのであれば、各道路の渋滞状況を表示できます。

3. オフラインで保存しておく

移動中にGoogle マップを見ようとした際、スマートフォンの電波がつながりにくく困ったという経験があるのではないでしょうか。

そういった時のために、マップの一部をオフラインに保存しておける機能です。

4. 自宅と職場を登録する

自宅と職場の場所を登録しておくと、自宅や職場への最短ルートをすばやく検索できます。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\7,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。