Googleマイビジネスで「営業時間の詳細」を設定しよう!テイクアウト・デリバリーなどのサービス提供時間を伝える

Google マイビジネスの「営業時間の詳細」機能では、テイクアウトやデリバリーなどのサービス提供時間と通常の営業時間が異なることを告知できます。

本記事では「営業時間の詳細」機能を活用する方法について、画像とともにわかりやすく解説します。

関連記事
Google マイビジネスへのテイクアウト、デリバリー情報の追加手順
簡単にわかる「Google マイビジネス」登録方法
Google マイビジネスで「特別営業時間」を設定する方法

Googleマイビジネスの「営業時間の詳細」とは?

Google マイビジネスの「営業時間の詳細」は、テイクアウト、ドライブスルー、店舗受け取りなどのサービスの提供時間通常の営業時間と異なる場合に告知できる機能です。

ほかにも居酒屋やバーなどでハッピーアワー(酒類の割引を行う時間帯のこと)を設ける場合や、スーパーで高齢者限定の時間帯を設ける場合にも活用できます。

「特別営業時間」との違い

Google マイビジネスには、よく似た名前の機能として「特別営業時間」があります。

「営業時間の詳細」が特定のサービスの営業時間を告知できる機能であるのに対し、「特別営業時間」は休日、祝日、イベントの日などの営業時間の変更や、6日以内の臨時休業を告知できる機能となっています。

たとえば、あるレストランがテイクアウトやデリバリーの受付時間を店内飲食の営業時間より長くする場合は「営業時間の詳細」を設定し、ゴールデンウィークに休業する場合は「特別営業時間」を設定すると良いでしょう。

関連記事
Google マイビジネスで「特別営業時間」を設定する方法

営業時間の詳細の設定方法

営業時間の詳細の設定方法は以下の通りです。

1. Google マイビジネスの管理画面を開き、左側メニューから「情報」をクリックします。

左側メニューから「情報」をクリック
▲1. 左側メニューから「情報」をクリック

2. 「情報」ページが表示されます。下にスクロールします。

下にスクロール
▲2. 下にスクロール

3. 「営業時間の詳細」をクリックします。

「営業時間の詳細」をクリック
▲3. 「営業時間の詳細」をクリック

4. 設定したい営業時間の種別をクリックします。

営業時間の種別は「オンラインサービスの提供時間」「テイクアウト」「ドライブスルー」「ハッピーアワー」「ブランチ」「高齢者限定時間帯」「受け取り」「宅配」「注文可能時間」「入店可能時間」から選べます。

設定したい営業時間の種別をクリック
▲4. 設定したい営業時間の種別をクリック

5. 営業時間を入力したい曜日の右側にあるスイッチをクリックします。

営業時間を入力したい曜日の右側にあるスイッチをクリック
▲5. 営業時間を入力したい曜日の右側にあるスイッチをクリック

6. 営業時間を入力します。

  • 1日の営業時間が複数ある場合、「営業時間を追加」をクリックして2回目以降の営業時間を追加します。
  • 24時間営業とする場合、時刻入力欄から「24時間」を選びます。

全ての営業時間を追加したら「続行」をクリックします。

営業時間を入力
▲6. 営業時間を入力

7. 「営業時間の詳細」画面に戻ります。全ての営業時間を追加したら「適用」をクリックして終了します。

全ての営業時間を追加したら「適用」をクリックして終了
▲7. 全ての営業時間を追加したら「適用」をクリックして終了

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\7,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。