ブランディングとは|商品にブランド価値を付与するための方法と事例を紹介

ブランディングとは、自社や商品の顧客からのイメージについて、良い評価にしていくことを指します。また、自社や商品のイメージが、特定の価値や形容と結びつくような取り組みも意味します。

マーケティングと並び、ブランディングは重要です。ブランディングが成功すれば、自社製品に付加価値が生じ、世間での認知度も向上します。

本記事は、マーケティングに欠かせないブランディングとは何かについて、またその手法や事例を解説、紹介します。

ブランディングとは

ブランディングとは、自社や商品に対する市場におけるイメージを確立することを意味します。

なぜブランディングが必要か、マーケティングとの違いは何なのか、ブランドはどういった構成をしているのかというポイントの解説です。

なぜブランディングが必要なのか

ブランディングが必要な理由として、安売り競争からの脱却できる点が挙げられます。

ブランディングの推進によって、競合との差別化が進み、低価格以外の価値を生み出すことになります。

ブランディングは顧客のリピート率向上も見込め、提供している商品やサービスを覚えてもらいやすくなるメリットがあります。

副次効果として、ブランドの認知向上による広報宣伝費の削減もあります。ブランドそのものが会社や所属する人員の信頼へとつながり、優秀な人材の雇用や取引先からの優遇にもつながります。

ブランディングとマーケティングの違い

ブランディングとマーケティングは似ている概念ですが、同じものではありません。

ブランディングは企業価値の向上を図り、存在意義を社会に浸透させていくことです。

マーケティングは企業の商品の販売戦略であり、消費者に届けるための手段です。ブランディングはマーケティングの一環をなしています。

売上の増加を考えたとき、ブランディングとマーケティングの2つを組み合わせていくことが重要といえます。

ブランディングの手法

ブランディングの必要性、およびブランドがどういうものであるかを確かめたところで、実際にブランディングする方法を解説していきます。

1. ターゲットを明確化

ブランドをつくる際に重要な点として、誰に売りたいかを明確に決めることが挙げられます。単なる希望にとどまらず、市場分析を通じて得た情報に基づいた戦略が必要です。

データを参考にターゲットを明確にできたならば、対象者の価値観に認められるイメージを、商品やサービス、宣伝文句を通じて発信します。

2. 商品価値の明確化

ターゲットの心を掴むためには、ターゲットが必要としている価値を商品を通じて提供します。この時提供する価値は、機能だけでなく情緒的な価値も含まれます。

ブランディングにおいて、一度方針を決めたならば、そこから安易にぶれないことも重要です。たとえば、高級品の販売を志向しているにもかかわらず、安売り戦略と宣伝広報を選んでしまうのは商品価値の低減につながりかねません。

3. ブランドの宣伝

ターゲットを明確にし、ブランドの方向性を確定したところで、実践的な宣伝戦略へと進みます。

ブランドの名称、ロゴ、カラー、キャッチコピーなどを決め、これらを用いて価値の訴求を行います。

宣伝の際には、決定した方針を簡単に変えないことが重要です。ブランドのアイデンティティ確立のためには、統一したメッセージを継続して発信する必要があります。

ブランディングの事例/スターバックス コーヒー

実際のブランディングの事例として、アメリカ合衆国ワシントン州シアトルに本社を構えるスターバックス(Starbucks Corporation)を事例として紹介します。

アメリカ発のコーヒーチェーンであり、世界の主要都市に出店しています。

1. ブランドイメージ

スターバックスは、今や世界中で名の知られたコーヒーチェーンです。ブランドイメージは、おしゃれかつ上品で、しかもおいしいコーヒーを提供しているというものです。

こうしたブランドイメージの構築によって、スターバックスは競合との差別化を図りました。競合がコストパフォーマンスを売りにした価格戦略を展開していたなかで、スターバックスは明確に違うスタンスを消費者にアピールしました。

2. ブランドの保持

ブランドイメージの構築と保持のために、スターバックスは商品の安売りをあまり実施しない傾向にあります。

また、従業員の接客の質を重視し、提供するコーヒーの味にもこだわりを持ちました。

こうした複数の取り組みにより、スターバックスのおしゃれで上品でおいしいというブランドイメージは消費者の中で共有され、今なお維持し続けられています。

3. 宣伝方法

大規模な世界企業であるにもかかわらず、スターバックスが保持するブランドイメージは、メディアでの広告を主軸として広められたものではありません。

代わりに、スターバックスは出店戦略で工夫し、都市部で多くの人の目につく場所へと優先して展開していきました。

都市部の人の往来が多いロケーションは、土地代や賃料といったコストが増大します。一方で、店舗の存在自体が広告として機能し、都会にあるおしゃれなコーヒーショップというブランド価値を高めています。

適切なブランディングで競合との差別化を

ブランドを作り上げることは、競合との差別化を達成するとともに、顧客の囲い込みへとつながり、売上面での大きな効果が期待できます。

ブランドの役割と構成要素を知り、適切なブランディングの手法を採用することで、ブランドイメージの創出と保持が可能になります。ブランディングを成功させるには、一度決めた方針を安易に変えず、継続して統一したメッセージを発信し続けることが重要です。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\7,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。