ミニモ(minimo)とは?サロンスタッフの直接予約アプリ/掲載する方法や費用についても解説

ミニモ(minimo)とは、ネイルサロンや美容室などのサロンスタッフにフォーカスした検索と直接予約ができるアプリです。

サロン側としては、初期費用と月額費用をかけずに集客アップとサロンスタッフの技術向上が狙えるなどのメリットがあります。

一方で、さまざまなトラブルや予約管理の失敗によって顧客満足度が低下するなどのデメリットも生じます。

本記事では、ミニモの基本情報からメリットとデメリット、登録の方法を解説します。

ミニモ(minimo)とは?

ミニモとは、サロンスタッフとユーザーがメッセージで直接コミュニケーションをとれる予約アプリです。

ユーザーはお得にサロンを予約でき、サロンスタッフ側は集客をバックアップできるサービスとして注目されています。

サロンスタッフとユーザーが直接やり取りし、予約するアプリ

ミニモは株式会社mixiが提供しており、2020年には5万人以上のサロンスタッフを掲載し、アプリダウンロード数は400万を突破しています。

利用者層は10~20代の女性と、お得におしゃれを楽しみたい若い年代に人気があります。

ミニモの特徴の一つが、口コミやメニュー、特別価格などのさまざまな条件から好みのサロンスタッフを発見できることです。予約はメッセージ機能を利用してサロンスタッフと直接日程調整をして完了します。

ミニモ(minimo)検索画面
▲ミニモ(minimo)検索画面:ミニモ(minimo)

サロンスタッフに対するレビュー、口コミが充実

ミニモに寄せられる口コミはサロンスタッフ個人を五段階評価します。施術の仕上がりや接客だけでなく、アプリ内でのメッセージの対応など、さまざまな観点から評価されます。

ミニモ内の口コミは返信ができ、次の集客につながるようなコミュニケーションがとれれば、口コミ集客も狙えるでしょう。

また、マイページでは口コミを固定できる設定があり、他のユーザーにサロンスタッフ個人の魅力をアピールできます。

レビューが多ければ掲載順位も上位になり、より多くのユーザーの目に留まるようになります。

ミニモ(minimo)に登録するメリット3つ

サロンスタッフにフォーカスしたミニモに登録すると、高い宣伝効果の獲得やパフォーマンス向上など、店舗に対してもメリットがあります。

1. ミニモの活用で集客増が狙える

ミニモの予約方法は、サロンスタッフが店舗で働きながら無理なく予約を組めるように配慮されています。

ユーザーがサロンスタッフの空き時間から予約するか、ユーザーの候補日からサロンスタッフが時間帯を選んで予約する、2種類から選べます。

店舗の予約が薄い時間帯で引き受けるなど、隙間時間を有効活用しながら売上も伸ばせるので、店舗にもメリットが生まれます。

2. スタッフの指名が増え、来店のきっかけに

サロンスタッフのプロフィールにはスタッフの経験年数やアピールポイント、口コミなどを写真とともに掲載できます。

高い評価を獲得していけばプロフィールに「カットが好評!カットを施術した91%のお客様が満足しています」などの説得力のある情報が掲載されます。

このような魅力的なページづくりによってユーザーからの指名が増加し、来店をきっかけに店舗の認知度アップと売上の増加を期待できます。

3. スタッフの育成に有効

新人のサロンスタッフは自身の技術を向上するためにモデル探しが必要でした。このモデル探しをミニモで募集すれば、路上ハントの手間も省けて効率的に技術を伸ばせます。

ミニモではスタッフ個人が提供できる施術メニューを掲載するので、伸ばしたい技術を集中的に試せます。

また、ユーザーから指名を受けることでサロンスタッフのモチベーションが上がり、店舗でのパフォーマンス向上につながるでしょう。

ミニモ(minimo)登録で生じうる3つのデメリット

集客アップと技術向上を期待できるミニモですが、顧客対応や予約管理に気をつけて運用しなければ、かえって店舗の売上にマイナスな影響を及ぼす可能性があります。

1. ダブルブッキングになるおそれ

他サイトの予約や電話での予約など、店舗の予約システムがうまく管理できていないと、ミニモの予約とダブルブッキングになってしまう可能性があります。

予約の調整やユーザーにお詫びの連絡をするなど店舗の負担が生まれるので、ダブルブッキングは避けるべきです。

また、ユーザーの満足度が下がってしまい、店舗の評価にも悪影響を及ぼす可能性があるので、予約管理にも配慮してミニモに登録するといいでしょう。

ダブルブッキングを防ぐには予約を一括管理できる「サロンツール」が有効な手段です。サロンツールを活用すれば、各サロンスタッフの予約情報を管理できたり、売上分析をしたりできます。

2. 客単価が下がる

ミニモのユーザーは無料または特別価格の施術メニューを探している方が多く、価格がサロンスタッフの決め手になる可能性が高いです。

そのため、ミニモによる集客は客単価が下がりやすくなっています。

オプションで客単価を上げることもなかなか難しいので、リピーターになってもらえるように接客し、将来的な客単価アップを狙います。

3. メッセージへの返信が大変

ミニモの特徴は、メッセージ機能で直接予約やりとり可能なところですが、十分なコミュニケーションができる反面、メッセージへの返信が大変です。

たとえば、ユーザーから希望の髪型を提示されても、髪の状態を直接確認しなければ答えられない場合があったりと返信の言い回しに気を遣います。他にも、急な予約の変更や価格の交渉など、メッセージへの返信対応に時間がかかるかもしれません。

メッセージ対応によってトラブルが発生する可能性もあるので、ミニモでの予約をどの範囲まで対応するか決めておくとスムーズに運用できるでしょう。

ミニモ(minimo)に登録する方法、料金

ミニモに登録したい場合に必要な手順や具体的な掲載にかかる費用についてを解説します。

店舗掲載までの3ステップ

App StoreまたはGoogle Playからミニモのアプリをダウンロードします。

次に、TwitterまたはFacebook、メールアドレスのいずれかと連携させるとアカウントを登録できます。

アカウントが作成できたら、基本情報やプロフィールなどの掲載内容入力していき、ミニモ運営事務所で審査を受けます。審査期間は2~3営業日ほどかかり、審査に通れば掲載開始となります。

料金体系:初期費用と月額料金は0円、手数料も最大で600円

ミニモは初期費用と月額利用料がかからず、施術料金によって手数料を支払う必要があります。

施術料金が1,999円以下だと400円(税抜)、2,000円以上だと600円(税抜)の手数料を支払う必要があります。無料で施術を提供する場合は手数料を支払いません。

また、ダブルブッキングなどサロン側の都合で予約がキャンセルされた場合には手数料を支払う必要があります。

予約によって施術が成立しないと費用が発生せず、手数料も最大で600円に抑えられるので、集客の手段として期待できます。

ミニモをうまく活用して集客アップを

ミニモはお得におしゃれを楽しみたい若い女性に人気のアプリで、サロンスタッフと直接コミュニケーションをとって予約できることが特徴です。

サロンスタッフ側は集客をバックアップできるサービスとして活用でき、SNSを使ってミニモの掲載ページを宣伝すること集客手段が有効かもしれません。

また、店舗の空いている時間にミニモの予約を組み込んだり、モデル探しをミニモで募集すれば、路上ハントの手間も省けて効率的に売上と技術を伸ばせます。

サロンスタッフの魅力を活かしたプロフィール作成や施術メニューによって新規顧客を獲得し、来店をきっかけに店舗の認知度アップとリピーターの育成を図ることが重要です。

口コミコムとは


「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」がご提供する口コミ集客支援ツールです。

口コミラボでは、店舗ビジネスの集客担当者の方向けに、ローカルSEOMEO対策)などの口コミ集客ノウハウを中心とした情報を配信しています。

→口コミラボとは

→口コミラボメールマガジンに登録する

口コミラボでもお伝えしている通り、店舗ビジネスでネット上の集客力を強化するためには、複数の地図アプリや口コミサイトに登録することが必須となってきています。しかし、複数のサービスで登録、管理、分析することは非常に手間がかかる作業です。

そこで、口コミ集客支援ツール「口コミコム」は、Google マイビジネスをはじめとした各種地図アプリ、口コミサービスを使いこなす手助けをします。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の一括での情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

\詳細はこちらから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。