口コミの効果・集客のコツは?マーケティングで活用する4つのポイント・事例3選

口コミの効果は、企業のPRにおいて重要な指標となります。口コミは第三者からの意見なので、消費者にとっては信用できる情報源であり、商品の購入やサービスの利用を検討している時に参考にされることが多くあります。

本記事では口コミとは何か、さらに口コミを集めるために必要なことを事例とともに解説していきます。

関連記事
活用率No.1口コミサイトは「Googleマップ」一方で「改ざん」リスクの認識不足が浮き彫りに…
なぜ今「Googleマイビジネス 」が重要なのか?

口コミ効果|期待できるメリットとは

実際に口コミの活用を検討する際に、口コミにどのような効果があるのかを知っておくことで、活用するメリットがあるのかを踏まえた判断ができます。まず口コミとは何かを解説し、なぜ効果があるといわれているのかを解説していきます。

そもそも口コミとは何か

口コミとは、会話やネット上で噂や評判、実際に利用した人の感想を人から人へと広めていくことです。SNSをはじめとするネット上での口コミは企業や店舗の利益と関係のない第三者からの意見であるため、消費者にとっては信用できる情報源となります。

特に、家族や知人などの親しい間柄の口コミはこの人が言うから間違いないという心理が働くため、信用しやすくなります。

口コミの費用対効果/低コストで高い宣伝効果

口コミは、1つの投稿で不特定多数の人が見ることになるので、費用対効果が高いといえます。宣伝効果が高いことに加え、広告を打つといった多くの費用をかけずに済むためです。

口コミでは、良質なサービスや商品だった場合に、SNSのユーザーなどがそれらに関する好意的な情報を自発的に発信してくれる確率が高くなります。

そこから拡散、シェアされることで「バズる」と言われるような爆発的な人気を獲得し話題を呼ぶ現象が起こり、多くの人への情報発信が実現できることもあります。

バンドワゴン効果/多くの好意的な意見が売上アップに

バンドワゴン効果とは、人が持っているものを欲しくなったり、多くの人が支持している商品に価値を感じるという心理現象のことです。

食べログやAmazon、楽天市場やTwitterなどのウェブ上では、多くの口コミが発信されています。このような場所での口コミが好意的なものばかりだと、バンドワゴン効果が働き、購入や来店を考えている人へ後押しできると考えられます。

こういった効果があることから、行動経済学の側面からも口コミの効果は企業や店舗にとって重要なものといえます。

関連記事
バンドワゴン効果とは

口コミマーケティング

口コミを使用するマーケティングには、主に2つの方法があります。

1つめは、バズマーケティングです。口コミを最大化させるためにキャンペーンなどを戦略的に行うマーケティング手法で、主にSNSを中心に行われます。

2つめは、バイラルマーケティングです。バイラルマーケティングは、誰かに伝えたいと思えるような商品やサービスに関する情報を人々がSNSや会話の中で自然に話題にし、拡散されていく手法です。

関連記事
バズマーケティング
口コミマーケティングとは?気を付けるべきポイントと成功事例紹介

口コミ効果をマーケティングで活用する4つのポイント

ただ口コミを集めるだけではなく、ひとつひとつの意見にしっかりと対応する必要があります。

口コミを集めるための場所と、そこに口コミが集まってきた時の対応方法を解説します。

1. まずは口コミを集める

口コミマーケティングを始める時は、まずは口コミを集める場所を作る必要があります。

自社のサイトを開設し、口コミを書き込める掲示板を設けることで口コミを集めることもできます。

しかし、現在はSNSの公式アカウントの開設や、Google マップやGoogle 検索の結果に表示される情報を管理するGoogle マイビジネスを活用するなど、人々の目に留まりやすいプラットフォームを活用するのが主流です。

各サービスの情報を充実させ、定期的に更新することでアカウントの存在を消費者にアピールできます。自然と口コミが集まるようになり、潜在顧客の獲得にもつながる可能性があります。

2. 口コミに返信をする/誠実な対応で信頼を得る

口コミに返信することで、投稿したユーザーと交流が生まれます。このような交流は企業への愛着を深め、更なる売り上げの向上につながることが期待できます。

口コミの中にマイナスな意見や改善して欲しい点などを投稿されるケースもありますが、そうした口コミは時に貴重な意見となります。実際にもらった意見は、改善に役立てると同時に、放置せずに丁寧に対応することで利用者に信頼感を与えられます。

ただし、事実無根の口コミや誹謗中傷は削除要請や、弁護士に相談することで解決につながります。

3. インフルエンサーにレビューしてもらう

口コミマーケティングには、インフルエンサーを起用する手法があります。

芸能人だけではなく、消費者が注目しているYouTuberやインスタグラマーに自社製品を使用してもらい、良いレビューを拡散してもらうのも効果的です。

また、商品の情報だけを投稿してもらうだけではなく、商品の感想を正直にレビューしてもらうことで、企業に対しても信頼性が深まるので、結果として売上の向上につながることが見込めます。

4. 口コミを集めるキャンペーンを実施する

口コミは、簡単に集められるものではありません。そのため、口コミを書いてもらうことでユーザーがお得な特典を作ることも口コミを増やす手段のひとつとなります。

たとえば、口コミを投稿したユーザーに対し割引クーポンを発行するなどのキャンペーンを打ち出すことで特別感が生まれ、口コミを集められます。

ただし、GoogleマイビジネスやInstagramでのガイドラインでは、割引などの特典を使用して口コミやレビューを集めることを禁止しているものもあります。事前に各媒体のガイドラインに沿って特典やサービスを検討しましょう。

企業が口コミを集めた事例3選

口コミを集めたいと企業が考えた時、他の企業はどのような施策を実施しているのかを知ることで、自社の施策の参考にできます。今回は話題になった口コミ獲得施策についての事例を紹介します。

1. はなまるうどん/つい話したくなるような話題で注目を集める

Twitter投稿
▲はなまるうどんのSNS投稿:編集部スクリーンショット

Twitter投稿(https://twitter.com/hanamaru_udon/status/318592643540066305)

はなまるうどんは全国展開している著名なブランドですが、SNS上でもさまざまな施策を実施しています。たとえばエイプリルフールにはTwitterで「ダイオウイカ天なう」というツイートをし話題を集めました。

このように企業がSNSユーザーに対し興味関心をそそるような特徴的な投稿をすることで、リツイートで拡散される事例は他の企業アカウントでもあります。

ただ、はなまるうどんの事例では、「ダイオウイカの天ぷら」という常識的にありえない情報を盛り込むことでつい誰かに伝えたくなるような話題を盛り込んでいることがポイントです。

こういった、誰かに伝えたいとユーザーが考えるような感情が口コミをさらに増やすことにつながり、戦略的な宣伝に見込みがあります。

2. 大塚製薬/ユーザー参加型のキャンペーンで拡散を図る

ポカリスエットのSNS投稿
▲ポカリスエットのSNS投稿:編集部スクリーンショット

Twitter投稿(https://twitter.com/pocarisweat_jp/status/1075941424812646400)

こちらでは、大塚製薬の事例を紹介します。大塚製薬はTwitter上で自社製品のポカリスウェットに関する各々の情報を集め、そこで拾ったエピソードを公式の広告として採用するキャンペーンを実施しました。

Twitterのアカウントをフォローするだけではなく、ハッシュタグを用いてユーザーのエピソードが投稿されることで話題の的になります。

このようなユーザー参加型のキャンペーンでは、エピソードだけではなく自社プロダクトであるポカリスエットの良さが一般ユーザーの口コミによって広がっていくため、効果的な宣伝が実現可能です。

こうしたユーザー参加型のキャンペーンは、エピソードの中にポカリスエットの良さが盛り込まれているため、製品に対し非常にポジティブな宣伝可能になります。

3. 楽天トラベル/お客さまの声を投稿してポイント付与

楽天トラベル「50万ポイント山分けキャンペーン」という口コミの投稿に応じてポイントが付与できるキャンペーンを実施しました。

付与されるポイントは楽天トラベルだけではなく、楽天が提供するサービス全体で利用可能なので、ユーザーにとってもメリットが大きいものとなります。

また、実際に利用したユーザーのみが、ガイドラインを遵守した口コミを投稿することでポイントが付与されます。こうしたキャンペーンは、楽天トラベルだけではなく、提携施設においても予約増加につながるなどのメリットがあります。

口コミ効果を活用して売上アップを

口コミはマーケティングにおいて重要な指標のひとつであり、SNSで拡散されるなどの盛り上げによって知名度をアップさせる手段です。

口コミを集めるためには、ユーザー参加型のキャンペーンを実施したり、投稿に対してポイントを付与するなど、ユーザーとの交流やインセンティブの付与が効果的です。

また口コミは一般ユーザーだけではなく、インフルエンサーを起用することで認知度もアップし、集客が見込めるようになります。

さらに、ただ口コミを集めるだけではなく返信や対応をすることで印象が良くなりさらに効果が増します。口コミの効果を知り、最大化させるように管理することが集客につながります。

口コミコムとは


「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」がご提供する口コミ集客支援ツールです。

口コミラボでは、店舗ビジネスの集客担当者の方向けに、ローカルSEOMEO対策)などの口コミ集客ノウハウを中心とした情報を配信しています。

→口コミラボとは

→口コミラボメールマガジンに登録する

口コミラボでもお伝えしている通り、店舗ビジネスでネット上の集客力を強化するためには、複数の地図アプリや口コミサイトに登録することが必須となってきています。しかし、複数のサービスで登録、管理、分析することは非常に手間がかかる作業です。

そこで、口コミ集客支援ツール「口コミコム」は、Google マイビジネスをはじめとした各種地図アプリ、口コミサービスを使いこなす手助けをします。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の一括での情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

\詳細はこちらから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。