ローカル検索広告とは?検索結果で上位表示を狙うメリットや利用するために必要なことを解説

ローカル検索広告は、登録することでGoogle 検索やGoogle マップの検索結果画面にて、店舗の情報を上位に表示できます。上位に表示させることで、より多くの人の目に店舗の情報が留まるようになり、新規顧客の獲得に効果が期待できます。

そこで本記事では、検索結果の上位に表示させることで得られるメリットについて触れながら、ローカル広告検索を利用するメリットや導入に必要な準備について解説します。

関連記事
【ローカルSEO】ローカルパックとは?
コロナ禍、Googleマイビジネスで必ずすべき3つのこと

検索結果の上位を狙って集客を狙う:ローカル検索広告

ローカル検索広告では、検索結果画面の上位に店舗の情報が表示されるようにできます。

費用はかかるものの、結果が出るまでに時間を要するローカルSEOとは異なり、時間をかけずに上位に表示できるメリットがあります。

ローカル検索広告とは?

ローカル検索とは「キーワードと地名」で検索した際に、検索結果画面に地名やキーワードに関連した施設や店舗が表示される仕組みです。たとえば「新宿 居酒屋」と検索した際に新宿の居酒屋が検索結果画面に表示されます。

キーワードのみで地名が入力されていない場合でも、ユーザーの位置情報が検索結果に反映されます。

またローカル検索広告を利用することで、検索結果の画面に店舗名や住所、営業時間といった店舗の情報を掲載できます。これにより店舗の情報を露出させられるため、新規顧客の獲得が期待できます。

ローカル検索広告では何が表示される?

ローカル検索広告では、店舗の名前や住所、営業時間といった基本情報のみならず、ユーザーからの評価も表示されます。さらに検索するキーワードが居酒屋やイタリアンといった飲食店である場合は、電話番号の代わりに店内や提供される料理の写真が表示されることも特徴です。

またローカル検索広告で表示される場合、下記画像のように「広告」である旨が表示されます。

下記の画像はそれぞれ「渋谷 美容室」「渋谷 カフェ」で検索した際の検索結果画面です。

「渋谷 美容室」のGoogle マップ検索結果
▲「渋谷 美容室」のGoogle マップ検索結果:編集部スクリーンショット


「渋谷 カフェ」のGoogle マップ検索結果
▲「渋谷 カフェ」のGoogle マップ検索結果:編集部スクリーンショット

ローカルSEO(MEO)との違いとは?

ローカルSEOとの最大の違いは費用がかかるか否かです。

ローカルSEOでは、店舗の情報や公式サイトを充実させることで、費用をかけずに検索結果画面で上位に表示されるよう対策を取ります。

一方で広告は費用をかけ検索結果のページの上位に表示させるため、すぐに反映されます。しかし、費用をかけることをやめると上位に表示されなくなるので注意が必要です。

関連記事
ローカルSEOとは?

ローカル検索広告を利用する3つのメリット

ローカル検索広告によって検索結果画面の上位に店舗の情報が表示され、店舗にあらゆるメリットがもたらされます。

ここからはメリットの中から来店数、問い合わせ、情報提供という3つの側面から解説します。

1. 来店客数の増加

最大のメリットは来店客数が増加することです。

たとえば「新宿 居酒屋」と検索しているユーザーは、新宿にある居酒屋に行きたい人に絞られます。そこでローカル検索広告を利用して上位に表示させるように対策をすると、利用可能性の高いユーザーに店舗の情報を閲覧されやすくなります。

店舗周辺で検索をしている人や、目的をもって検索しているユーザーにアプローチすることで集客につながります。

2. 問い合わせの増加

問い合わせの増加を見込めることもメリットです。ローカル検索広告には店舗の電話番号を設定できる機能があり、ユーザーからの問い合わせ導線をつくれます。

ユーザーは電話番号をコピーしたり入力したりする必要がなく、ワンクリックで問い合わせができます。

問い合わせを設定することで、商品の購入やサービスの予約の増加が期待できます。

3. 詳細なビジネス情報の提供

店舗の詳細な情報をユーザーに提供できることもローカル検索広告のメリットの一つです。

Google マイビジネスで管理するビジネス情報には、住所や営業時間といった基本情報から、ユーザーの口コミと返信、内装や商品の写真などが表示されます。表示された内容から店舗に関心を持ってもらえば、より詳しく記載された店舗のプロフィールページへ遷移できます。

飲食店であれば料理や店舗の雰囲気が分かる写真などもユーザーが来店する店舗を決める際の基準になるため、充実させておく必要があります。

ローカル検索広告を始めるために

ローカル検索広告を導入するためには、いくつかの準備が必要です。そのため余裕を持って進めていくことが大切です。

ここでは始める準備として必要なことや登録の手順、利用にかかる費用について紹介します。

ローカル検索広告を始めるには何が必要?

ローカル検索広告を始めるにあたって「Google マイビジネス」への登録「Google 広告アカウント」への登録が必要です。どちらも所定のサイトから登録できます。

Google マイビジネスは店舗の名前や住所、電話番号、営業時間といった基本的な情報を入力することで登録できます。

Google 広告アカウントでは、国籍や広告の目標を設定する必要があります。

関連記事
【保存版】Googleマイビジネス登録方法

ローカル検索広告の登録手順

前述の2つの登録が終わったら、Google マイビジネスとGoogle 広告アカウントを連携させます。

その後Google広告で住所表示オプションを有効にし、Google マイビジネスでリスティングの設定をします。住所表示オプションとは、広告に店舗の位置情報を追加できる機能です。これを有効にすることで、ユーザーがクリックした際にGoogle マップから見た店舗の位置情報が分かるようになります。

さらにターゲット地域の設定から地域別に広告を入札し、リスティング広告のように検索ワードを設定します。

ローカル検索広告の利用費

ローカル検索広告は費用がかかりますが、掲載されるだけでは発生せず、下記の項目をクリックされることで発生します。

  • 「場所の詳細を取得」
  • 「ルート検索」
  • スマホなどのモバイル端末で表示される「Click-to-Call」

クリックごとの費用については公式に発表されていないため、詳しく知りたい場合にはGoogleに問い合わせが必要です。

ローカル検索広告を利用して、集客を狙おう

ローカル検索広告を利用することで、Google検索やGoogleマップの検索結果画面において、店舗情報が上位に表示されるようになります。これにより店舗情報が多くの人の目に触れるため、集客に効果を発揮します。

費用はかかりますがローカルSEOと比較して即効性があることがローカル検索広告のメリットです。

しかし、広告を出すだけではなかなか集客は見込めません。Google マイビジネスで店舗の情報を詳細かつ正確に登録することや、店舗の写真や商品の写真を掲載することで店舗の信頼性を高めると同時に、店舗の魅力が伝わりやすくすることが大切です。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\7,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。