Googleのガイドラインに違反している競合店を見つけたら…自分で修正・報告する方法

Google マップ上に掲載されているビジネスの名称に、地名や業種、アピールポイントといった正式名称に含まれないキーワードを含めることは、Googleのガイドラインで禁止されています。

しかし中には、こうしたキーワードをビジネス名に設定し、検索上位をねらう事業者も存在するようです。

特に違反となる運用を実施しているのが自社の競合であった場合、違反を修正もしくは報告することで、自社がその競合よりも上位に表示される可能性があります。本記事ではその方法を解説します。

関連記事
Googleマイビジネス、店名が原因で「アカウント停止」される意外なケースとは
Googleマップ「来店せずに口コミ投稿」はNG?ガイドラインを解説【1月のローカルSEOニュースまとめ】
Googleマップ更新 横断歩道まで表示、高精度に

ビジネス名が「ガイドライン違反」となる基準は?

Google マイビジネスで設定するビジネス名は、店舗・施設の正式名称でなければなりません。

たとえば店舗名が「ABC」である場合、「ABC:◯◯駅徒歩5分の隠れ家レストラン」というように地名や業種、アピールポイントなどを含めることは、ガイドラインで禁止されています。

Googleのガイドラインhttps://support.google.com/business/answer/3038177?hl=ja)で禁止されている項目のうち、よくある禁止事項を紹介します。

  • キャッチフレーズ
    • ABC-日本一便利
  • 営業時間
    • 24時間営業のABC
  • サービス・商品
    • ABC|テイクアウト可
  • 所在地
    • ABC-渋谷駅徒歩2分
  • 出店先
    • ABC(Dモール内)

※実際の店名にこれらの名称が含まれる場合は、例外として認められます。また、チェーン店では別途ガイドラインが定められています。

ガイドラインに違反していても、検索上位を獲得することがある

しかしながら、ビジネス名に地名や業種、アピールポイントなどを設定すると、検索されやすいキーワードが多く含まれることになります。

そのため、ガイドライン違反にもかかわらずそうしたビジネスが上位に表示されてしまうというケースが発生しています。

※検索上位に表示されやすくなる可能性があるとはいえ、ガイドライン違反の運用を実施すると、アカウントが停止となるなどの恐れがあります。ガイドラインは遵守して運用するようにしましょう。

ビジネスの名称におけるガイドラインについて、詳しくは以下の記事をご覧ください。

関連記事
Google マイビジネスの店舗名を正式名称にすべきその理由
公式に聞いた!店名が原因で「アカウント停止」される意外なケースとは

ガイドライン違反のビジネスを見つけたら?

そうしたガイドライン違反のビジネス名を見つけた場合、Googleに報告するか、自身で修正して公正な競争を促しましょう。

特にそのビジネスが自社の競合であった場合、違反を修正・報告することで、自社のビジネスに掲載されている情報の方が優位となり、上位に表示される可能性もあります。

ガイドライン違反のビジネス情報を修正・報告する方法

ガイドラインに違反しているビジネスを見つけた場合、次のいずれかの対応をとることができます。

  1. ユーザーとして修正する
  2. Googleに報告する

では、以下でそれぞれの方法について解説します。

1. ガイドライン違反のビジネス情報を「修正」する方法

ビジネス情報を見つけた際、自分で修正することも可能です。

正確に言うと、Google アカウントを持っている人であればビジネス情報に対して「修正の提案」を行うことができ、それをGoogleまたは店舗側が承認すれば掲載される、という仕組みになっています。

以下で手順を解説します。

1. Google マップで該当するビジネス情報を開き、「情報の修正を提案」をクリックします。

Googleマップ 情報の修正を提案
▲該当するビジネス情報を開き、「情報の修正を提案」をクリック:Google マップより

2. 「名前またはその他の情報を変更」をクリックします。

Googleマップ 情報の修正を提案
▲「名前またはその他の情報を変更」をクリック:Google マップより

3. 「名前」の箇所に店舗の正式名称を入力し、「送信」をクリックします。

Googleマップ 情報の修正を提案
▲「名前」の箇所に店舗の正式名称を入力し、「送信」をクリック:Google マップより

これで修正の提案は完了です。Googleに承認されれば、ビジネスの名称が更新されます。

2. ガイドライン違反のビジネス情報を「報告」する方法

Google マップからの「修正の提案」は、Googleのプログラムが承認を行っています。

Google内部の人に直接判断してほしいという場合は、「Business Redressal Complaint Form(https://support.google.com/business/contact/business_redressal_form)」に報告しましょう。

このフォームは、何らかの影響で被害を受けているビジネスを救済(Redressal)するために設けられています。そのため、「競合のガイドライン違反により、自社のビジネスが下位に追いやられている」といった苦情(Complaint)を報告することで、対処してもらえる可能性があります。

Business Redressal Complaint Formでは、以下の内容を入力して送信します。現在フォームは、英語のみの対応となっています。

  1. フォームに入力している人自身の名前
  2. メールアドレス
  3. 影響を受けているビジネスの名前
  4. 悪意のあるコンテンツ
  5. ビジネスのURL
  6. ファイルのアップロード(オプション)
  7. 悪意があると思われる理由を詳しく説明
Business Redressal Complaint Form
▲Business Redressal Complaint Form:Google My Business Helpより

※Bright Localによれば、Google マイビジネスのエキスパートは、先に「修正の提案」を実施することを推奨しているということです。

1で紹介した「ガイドライン違反のビジネス情報を修正する方法」を試し、それでも修正されない場合はフォームを利用すると良いでしょう。

<参考>

Daniel Brooks:45 Experts Reveal Their Top Local SEO Tips (Top 10 Revealed)

Bright Local:How to Use Google’s Spam Redressal Form to Level the Local Playing Field


コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。