コロナ禍でも売上維持する美容室の条件とは…キーワードは「地元消費」

新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出⾃粛の影響で、実店舗型ビジネスの多くが打撃を受けました。美容室も少なからず影響を受けているようです。

そこで本記事では、そんなコロナ禍でも売上を維持した美容室の特徴について解説します。

関連記事
遅れる美容室の「DX」、何から始めるべき?具体例から考える3つのポイント
美容室に集客するためのプロモーションとは/施策の基本と口コミサイトの活用

コロナ禍でも「売上維持」した美容室の特徴は?

日本美容創生株式会社は、2020年12月~2021年1月、全国の美容室オーナー(75名)を対象にアンケート調査を実施しました。

同調査で「新型コロナウイルスの影響により、昨年と比べサロンの売上に変化はありましたか?」と尋ねたところ、24%のオーナーが「上がった」、18.7%が「同等」と回答しました。半数近く(42.7%)の美容室は、売上が減少していなかったことがわかります。

美容室 コロナ 影響
▲半数近く(42.7%)の美容室は、売上が減少していなかった:日本美容創生株式会社調べ

売上が増加した美容室では「新規顧客が増加」、「地元消費」の取り込みで

日本美容創生株式会社は、同調査で昨年と比べサロンの売上が「上がった」と回答した美容室オーナーに、ヒアリングを実施しました。

すると、「新規顧客が増えた」という回答が多数あったといいます。

コロナ禍では、テレワークの普及により、これまで都市部の美容室に通っていた顧客が地元の美容室を利用するようになりました。

そのため、地域に根ざした経営を行い、「地元消費」の取り込みに成功した美容室は、地域の新規顧客を獲得し売上をアップさせたということです。

コロナ禍の美容室が「地元消費」を取り込むには?今こそ取り組みたい無料Web施策6選

では、コロナ禍で「地元消費」を取り込むためには、どのような施策を進めれば良いのでしょうか。

たとえば地元の美容室をWeb上で検索した際、家から徒歩5分の美容室と徒歩15分の美容室とが候補に挙がったとすれば、多くの場合前者が選ばれるでしょう。

しかし前者の美容室がGoogle マップや口コミサイトなどに全く登録しておらず、住所などの詳細な情報がわからなかった場合、そもそも選択肢にも挙がらないことになります。Web上の顧客接点を増やすことは非常に重要だということがわかるでしょう。

さらに、緊急事態宣言下では営業時間を変更する施設が多くあります。消費者側としては「本当に営業しているのかな」と不安に思うでしょう。仮に通常通りの営業だった場合でも、「通常通り営業しています」ということを伝えることが必要です。

以下のWebツールは無料で簡単に登録できます。顧客接点を増やすとともに、住所や営業時間などの店舗情報を確実に伝えましょう。

  1. Google マイビジネス
  2. 美容室向け口コミサイト
  3. Yahoo版Google マイビジネス「Yahoo!プレイス
  4. LINE公式アカウント
  5. Instagram
  6. Apple版Google マイビジネス「Apple Maps Connect

では、以下でそれぞれのツールについて解説していきます。

1. Google マイビジネス

Google マイビジネスは、Google マップに載っている店舗情報をオーナーが管理できる無料のツールです。

国内のマップアプリシェア率No.1はGoogle マップ、そして検索エンジンシェア率No.1はGoogle 検索のため、Google マイビジネスを利用して美容室の店舗情報を登録することで、ユーザーの目に触れる機会を作り、集客につなげることができるでしょう。

Google マイビジネスの基本的な情報や、登録手順は以下で詳しく解説しています。

関連記事:基礎から学ぶ「Google マイビジネス」まずは店舗を登録して集客につなげよう

基本的な情報を登録できたら、新型コロナウイルス対策などの情報を積極的に発信します。営業時間などの重要な情報も、変更があればすぐに更新しましょう。

関連記事:もっと活用!Google マイビジネスで追加すべき情報とは?

ただしGoogle マップ上の情報は、ユーザーやGoogleによって「改ざん」されるリスクがあります。情報を登録するだけでなく、登録した情報が合っているのか、引き続き監視する必要があります。

Googleマップの店舗情報「誰でも勝手に書き換えられる」って知ってた?修正する方法を解説

Google マップ上の店舗情報は、店舗のオーナーでない第三者によって「勝手に書き換えられる」可能性があることをご存知でしょうか。正確に言うと、Google アカウントを持っている人であれば、店舗のビジネス プロフィールから「修正の提案」を行うことができ、それをGoogleまたは店舗側が承認すれば掲載される、という仕組みになっています。では、第三者により店舗情報が書き換えられた場合、どのように対応すれば良いのでしょうか。以下で詳しく解説していきます。関連記事悪質なMEO業者に騙されないで!...

2. 美容室向け口コミサイト

美容室向けの口コミサイトには、主に以下のようなものがあります。

※プランによっては有料です。詳細は各サイトに問い合わせて確認してください。

口コミサイトまとめ

口コミサイトとは、ユーザーが商品や店舗、サービスなどに関する評価を投稿できるWebサイトの総称です。商品やサービスを実際に利用したユーザーによって、利用後の感想や他店との比較を記した口コミが投稿されます。SNSやスマートフォンなどの普及により、多くの人が口コミを参考にし、商品やサービスを購入するようになり、消費者行動の変化が起きています。この記事では業種ごとに主要な口コミサイトの特徴を解説します。目次飲食店の口コミサイト6選ホットペッパーグルメ食べログRettyぐるなび一休.comレストラ...

口コミサイトを見るユーザーは、当然ながら口コミ評価を見て美容室を比較検討します。そのため各口コミサイトに登録した後は、高評価な口コミを多く集める施策を実施することが重要です。

美容室の口コミ集客については、以下の記事で詳しく解説しています。

美容室の口コミ集客は質の良い口コミがカギ|良質な口コミ収集の方法とオススメサイト3選

美容室は店舗数が多く、競争率が激しいため集客が難しい業界です。集客アップの手段として口コミは代表的な例ですが、その中で特に大切なのは良い口コミを集めることです。この記事では集客アップの方法や良い口コミを集める方法をご紹介します。美容室の効率的な集客方法美容室の集客方法はさまざま存在しますが、近年はインターネットを利用する事例が増えています。各種ポータルサイトやブログ、SNSを用いた集客方法について解説します。ポータルサイトへ掲載する美容系のポータルサイトを利用する大きなメリットは、すでに多...


3. Yahoo版Google マイビジネス「Yahoo!プレイス」

Yahoo!版Google マイビジネスともいわれるYahoo!プレイスは、地図アプリであるYahoo!MAPや、施設情報を検索できるYahoo!ロコ上に店舗の公式情報を無料で掲載できるツールです。

ニールセンの2020年5月 地図・旅行情報カテゴリーのメディア利用状況調査(https://www.netratings.co.jp/news_release/2020/07/Newsrelease20200721.html)によれば、Yahoo!MAPの月間利用者数は871万8,012人で5位でした。

ただし1人あたりの平均利用回数が50回と多いため、GRP(延べ視聴率)はGoogle マップに次いで2位となっています。

Google マップに加え、Yahoo!MAPのようなよく使われる媒体内に店舗情報を登録し、情報を充実させることで、ユーザーとの接点が増えて集客力が上がると考えられます。

そこで、Google マップだけでなくYahoo!MAPにも店舗情報を掲載しておきましょう。

Yahoo!MAPの基本的な情報や、Yahoo!プレイスを利用した登録方法は、以下で解説しています。

ヤフーの3大地図系サービス「Yahoo!MAP、Yahoo!ロコ、Yahoo!プレイス」何が違う?登録方法・料金・使い方をわかりやすく解説

経路案内や店舗検索に利用されるYahoo!MAP(Yahoo!地図)は、Google マップと同様、店舗情報を掲載することで顧客接点が増え、集客力の向上が期待できます。一方、Yahoo!JAPANの地図関連サービスでは「Yahoo!MAP」「Yahoo!地図」「Yahoo!ロコ」「Yahoo!プレイス」など似たような名称のものが多く、役割や違いがわかりにくくなっています。Yahoo!MAPを店舗集客に活用するならば、これらのサービスについて理解しておくべきでしょう。そこで本記事では、Yah...

4. LINE公式アカウント

LINE公式アカウントは、LINEの「タイムライン」に情報を投稿したり、ユーザーに直接メッセージを送信したりできるビジネス向けアカウントのことです。

LINE上から予約を受け付けるなどの機能もあるため、一度来店してくれた人をリピーター化するのに活用できるツールだといえるでしょう。

LINE公式アカウントの基本的な情報や、登録方法は以下で解説しています。

【基礎編】LINE公式アカウントの使い方、徹底解説!登録手順・使える機能・投稿方法

LINE公式アカウントとは、日本国内で多くの人々が使っているメッセージアプリ「LINE」において、企業などが情報を発信する際に使える機能のことです。「タイムライン」に情報を投稿できるほか、ユーザーに自社のアカウントを友だち追加してもらえれば、直接メッセージを送信できます。現在LINE公式アカウントをビジネスで活用している企業・店舗は約37万以上で、LINE公式アカウントの友だちになった多くのユーザーが、店舗のキャンペーンやクーポンの利用などの消費行動をとっています。本記事では、LINE公式...

LINE公式アカウントをさらに活用したい場合は、以下の記事がオススメです。事例つきでわかりやすく解説しています。

絶対にブロックされたくない!公式LINEで友だち追加後すぐにやるべき3つのポイントとは?

LINE公式アカウントは、国内のLINEユーザー8,400万人にアプローチできる優れたツールです。アカウント自体は無料で手軽に作成できることから、多くの企業が導入しています。しかし、スタンプ無料配布や来店時のクーポンをきっかけに友だち追加されても、すぐにブロックされてしまうことも多いのではないでしょうか。本記事では、公式アカウントをブロックされないためのコツを、事例とともに解説します。目次リッチメッセージ・リッチメニューを使いこなそう1.テキストメッセージ2.リンク付きの画像を送れる「リッ...

また、予約管理に時間がかかるという場合は、自動で予約管理ができるLINE公式アカウント向けアプリケーション「リピッテ ビューティー」などを活用するといいでしょう。

5. Instagram

Instagramは、画像を使って視覚的に店舗の魅力を伝えられるツールです。ヘアースタイルや店内の写真などを投稿すれば、特にInstagramを使っている若い世代に訴求できるでしょう。

また、InstagramなどのSNS上で多くのユーザーから支持されれば、Googleでの評価も上がるといわれています。Google マイビジネスなど、他のツールと同時に情報発信を進めましょう。

さらにInstagramでは、位置情報や場所の名前で検索できる機能があります。Google マップなどのマップアプリと同様、場所の情報と結びついているので、集客につながりやすいといえるでしょう。

Instagramの場所検索については、以下の記事で詳しく解説しています。

Instagramの「場所」検索とは?店舗の位置情報を登録する方法

店舗集客では、ユーザーに店舗の場所を知らせることが重要になってきます。特に若い世代で人気のInstagramには、場所の名前で検索できる「場所」検索が存在するため、店舗の場所を登録しておくと集客につながる可能性があります。そこで本記事では、Instagram上の地図に店舗の位置情報を登録する方法や、プロフィールや投稿に店舗の場所を載せる方法を、画像付きで解説していきます。関連記事Instagram「リール」とストーリーズ・IGTVの違いは?Instagramの検索に最適化するには、位置情報...


#レモネードバイレモニカ に学ぶ、Instagram検索の最適化手法3選:位置情報とハッシュタグを使いこなせ!

レモネードバイレモニカ(LEMONADE by lemonica)は、「インスタ映え」で人気を集めるレモネード専門店です。▲[レモネードバイレモニカ 渋谷ストリーム店]:編集部撮影レモネードが鮮やかな黄色で目を引くことに加え、店内の装飾もおしゃれで、来店者自ら写真を撮ってInstagramにアップしたくなる工夫が凝らされています。▲[レモネードバイレモニカ Instagram公式アカウント]また店舗公式アカウントは、位置情報やハッシュタグをつけて投稿することで検索にヒットしやすくする工夫を...

6. Apple版Google マイビジネス「Apple Maps Connect」

Apple版Google マイビジネスともいわれるApple Maps Connectは、iPhoneで使える「マップ」アプリ上の店舗情報を管理できるツールです。

現時点では電話番号、Webサイト、営業時間などの基本的な情報しか掲載できないようですが、iPhoneユーザーのうち23%が「マップ」アプリを使っているため、こちらも整備しておくと良いでしょう。

Apple Mapsの基本的な情報は、以下の記事で詳しく解説しています。

iPhoneの「マップ」vs「Googleマップ」徹底比較!iPhoneのマップ向けローカルSEO対策についても解説(※8月18日更新)

iPhoneの「マップ」(Apple Maps)とGoogle マップは、どちらも数多くのユーザーに使われている地図サービスです。iPhoneの「マップ」とGoogle マップを研究しているjustinobeirne.comでは、iPhoneの「マップ」利用者は全世界で2億人から6億人と推測しています。また、GoogleはGoogle マップの月間利用者(MAU)を10億人以上としています。<参考>justinobeirne.com:How Many People Use Google M...

また、Apple Maps Connectの使い方については以下の記事で詳しく解説しています。

Apple Mapsに店舗情報を登録するには?無料で使える公式管理ツール「Apple Maps Connect」の機能を理解しよう

多くのユーザーが店舗検索にさまざまな地図アプリを利用しています。そのため、店舗側はそれぞれの地図アプリでの店舗情報を整備する必要があります。もちろん利用率からいえば最重要はGoogle マップですが、iPhoneユーザーが利用する「Apple Maps」も、iPhoneユーザーの多い日本では重要になってきます。本記事では「Apple Maps」と、Apple Maps上の店舗情報管理ツール「Apple Maps Connect」について、機能や登録方法を解説します。関連記事「Apple M...


Web上の顧客接点を増やし、「地元消費」を取り込む

コロナ禍の美容室経営では、「地元消費」をいかにして取り込むかが課題となります。

以上に紹介したWebツールに登録することで、地域で新たに美容室を探している消費者との接点を増やし、新規顧客を取り込むことが期待できるでしょう。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。


<参考>

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。