「LINEで予約」とは?LINEで簡単に予約受付:ぐるなび加盟店で活用可能

LINE株式会社は11月16日、新サービス「LINEで予約」の提供を開始しました。

「LINEで予約」とは、ユーザーが各店舗のLINE公式アカウントを通して、簡単に来店の予約ができる機能です。

本記事では、「LINEで予約」の詳細と予約方法、店舗が「LINEで予約」機能を利用する方法などについて解説します。

関連記事
LINEでぐるなび掲載店舗が予約可能に!11月から開始予定の「LINEで予約」ファーストパートナーとして連携
お店の予約が"Google上"で完結!「Googleで予約」とは?

「LINEで予約」とは?

「LINEで予約」とは、各店舗のLINE公式アカウントを通じて、ユーザーから来店予約を受け付けられるサービスです。

この機能を利用することにより、チャット機能でやりとりしながら予約を取るよりも、スムーズに予約を受け付けられるようになります。

「LINEで予約」を使って予約する方法

まず、予約したいお店のLINE公式アカウントプロフィールページを開いて、「予約する」をタップします。

LINEで予約 方法
▲[LINE公式アカウントプロフィールで「予約する」をタップ]:口コミラボ編集部スクリーンショット

予約希望の日時、人数、予約サービスを選択し、「次へ」をタップします。

LINEで予約 方法
▲[予約希望の日時、人数、予約サービスを選択し、「次へ」をタップ]:口コミラボ編集部スクリーンショット

予約内容の確認後、名前・メールアドレス・電話番号などの連絡先を入力し、「予約する」をタップします。

LINEで予約 方法
▲[予約内容を確認]:口コミラボ編集部スクリーンショット
LINEで予約 方法
▲[名前・メールアドレス・電話番号などの連絡先を入力し、「予約する」をタップ]:口コミラボ編集部スクリーンショット

予約完了後、予約完了通知が「LINEで予約お知らせ」アカウントから送信されます。

※「LINEで予約お知らせ」アカウントは、予約完了時に自動で友だちに追加されます。

LINEで予約 お知らせ
▲[予約完了後、予約完了通知が「LINEで予約お知らせ」アカウントから届く]:LINEアプリ

「LINEで予約」を店舗で利用するには?

LINEで予約を店舗で利用するには、以下の手順が必要となります。

  1. LINE公式アカウントを対応する予約サービスと連携させる
  2. ユーザーから予約を受け取れるように設定する
    ユーザーに予約フォームのリンクを送信する方法と、「プロフィール」に予約ボタンを設置する方法があります。

現時点で対応している予約サービスは「ぐるなび」のみ

現時点で「LINEで予約」と提携しているのは「ぐるなび」のみとなっています。(※11月20日時点)

ぐるなび」加盟飲食店で、席のみ指定のオンライン即予約に対応している店舗であれば、「LINEで予約」を利用できます。

「ぐるなび」加盟店になるには

LINE公式アカウントで「LINEで予約」を使用した予約受付サービスを開始するためには、「ぐるなび」に加盟する必要があります。「ぐるなび」加盟を希望する場合、まず「ぐるなび」公式サイトから資料請求・問い合わせをします。

過去の媒体資料によれば、ぐるなび加盟の料金プランは以下の通りです。

プランや料金は変更されている可能性があるため、加盟を希望する場合は公式サイトから改めて問い合わせ・見積もりを依頼し、確認してください。

プラン名 月額費用
販促正会員プラン 50,000円~/月
ビギナー会員プラン 10,000円/月
エントリー会員プラン 無料/月
また、無料の「エントリー会員プラン」はネット予約受付機能が利用できないため、ネット予約受付機能の利用を希望する場合は、必ず有料会員プランを選択する必要があります。

ぐるなびの掲載料金とは?メリット・集客効果・事例も解説!

ぐるなびは飲食店についての情報を掲載しているグルメサイトです。ユーザーはぐるなびを利用することで店舗の検索、口コミや評価をもとにした比較検討、予約手配が可能です。また、飲食店を運営する事業者はぐるなびに店舗情報を掲載することで、より多くのユーザーに対して店舗を利用してもらうきっかけとなり、集客効果が見込めます。事業者はぐるなびを利用するにあたっての料金を知り、自社の予算と比較して活用するかどうか検討する必要があるでしょう。この記事では、ぐるなびの掲載料金、掲載によるメリット、実際の利用事例...

飲食店以外でも!LINEの予約管理を簡単にできるツール2選

ここまで「LINEで予約」について解説してきましたが、現時点ではぐるなび加盟店でなければ利用できないため、飲食店以外では導入できないのが現状です。

一方、LINE公式アカウントを便利にするツールを購入できるページ「LINEマーケットプレイス」では、LINE公式アカウントを使ってユーザーからの予約を受け付けたり、予約管理ができたりする拡張アプリケーションが販売されています。

ここでは、その中から2つのツールを厳選して紹介します。

新サービス「LINEマーケットプレイス」とは?低価格・高品質なアプリケーションをLINE公式アカウントに導入

LINEは10月15日、新しいサービス機能の「LINEマーケットプレイス」の提供を開始しました。LINEマーケットプレイスは、LINE公式アカウントのサービスを拡張するアプリケーションを購入・導入できるサービスです。本来自社開発しなければならないような機能がアプリケーションとして提供されており、LINE公式アカウントでのプロモーションや、予約・問い合わせの受付といったユーザーの利便性向上が容易となります。本記事では、LINEマーケットプレイスのメリットや注意点とともに、実際の利用手順や提供...

1. かんたん予約アプリ「ポチコ」

かんたん予約アプリ「ポチコ」
▲[かんたん予約アプリ「ポチコ」]:口コミラボ編集部スクリーンショット

かんたん予約アプリ「ポチコ」は、ユーザーが「LINEで簡単に予約ができる」、店舗の管理者が「より楽に予約管理ができる」の2つを目的とした予約管理ツールです。

オンラインレッスン、教室やエステなど、定員と時間割があるものであれば、どんな業種・業態でも使えます。来店予約してほしいユーザーにメッセージを送ることで、リピーターの獲得につなげることも可能です。

また、ポチコには予約候補日時と最大定員数が自由に設定できる機能があります。管理者の想定外の時間に予約が入ったり、受け入れ可能人数を超えて予約が入ったりということがないような仕組みになっています。

費用は以下の通りです。

  • 初期費用:無料
  • 月額:3,000円、1か月の無料トライアル期間がある
    ※無料期間中の退会なら、料金不要で全機能が試せます。

2. 「かわりに聞くね」Kawarii

「かわりに聞くね」Kawarii
▲[「かわりに聞くね」Kawarii]:口コミラボ編集部スクリーンショット

「かわりに聞くね」Kawariiは、LINE公式アカウントを使った接客対応の補助ボット作成・応答ツールです。

チャットボットでの応答と、手動入力とのハイブリッド型チャット接客が特徴となっています。

事前によくある質問をチャットボットに答えてもらい、必要に応じて有人対応に切り替えることで、接客時間の削減や業務負担の軽減が図れます。予約受付、商品販売、ユーザーからの問い合わせなどさまざまな接客業務に使用できます。

1回の接客ごとに最大10個の質問が設定でき、回答形式は「文字入力」、「選択肢」、「日時入力」から選択可能です。回答方法の簡素化により、ユーザーの回答率がアップし、よりスムーズに接客できます。

費用は以下の通りです。

  • 通常版:月額4,000円(税別)
  • PRO版:月額30,000円(税別)
    ※通常版は月間接客可能人数が50ユーザーまでに限られているのに対し、PRO版の月間接客可能人数は無制限となっています。
口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。