Googleマイビジネスで電話でオーナー確認を行う方法|オーナー確認をするメリットと回避できるトラブル紹介

Googleマイビジネスで電話でオーナー確認を行う方法|オーナー確認をするメリットと回避できるトラブル紹介

Google マイビジネスは、Google検索やGoogle マップ上にビジネス情報を表示し、管理できる無料のツールです。

Google マイビジネスに登録することで、ユーザーが検索をする際に店舗のリスティングが表示されるようになり、無料で店舗の露出を増やすことが可能です。

Google マイビジネスを活用する上で、オーナーは自店舗のリスティングに対し「オーナー確認」を行い管理することが重要です。営業時間や電話番号などのビジネス情報をオーナーのみが管理できるようになるほか、インサイトと呼ばれるマーケティングツールも活用できるようになります。

オーナー確認にはいくつかの方法があり、店舗をもたないビジネスなどのケースでは、PCやスマホなどのデバイスと電話があれば行うことができます

本記事では、Google マイビジネスにおいて電話や他の方法でのオーナー確認の手順やオーナー確認をするメリット、重要性を解説します。

【保存版】Googleマイビジネスとは?メリットやローカルSEO対策について解説

Googleマイビジネスに自社の店舗情報を登録すると、店舗の認知拡大や口コミ・ユーザー層の分析など、さまざまな方法で集客効率化へつなげることができます。Googleマイビジネスを運営していく際には、ただ登録するのではなくローカルSEO対策を意識するなど、うまく活用していくことが重要です。この記事では、Googleマイビジネスについて概要から運用方法まで網羅的に紹介します。GoogleマイビジネスとはGoogleマイビジネスとは、Google検索やGoogleマップなど、Google上に無料...

Google マイビジネスでオーナー確認を行う方法

Google マイビジネスのオーナー確認方法には電話、メール、郵送の3つの方法があります。

ただし、一部のビジネスでしか電話やメールでの確認には対応していないため、注意が必要です。

以下では、それぞれの方法について、PCの場合とスマートフォンやiPadなどのモバイルデバイスでの場合に分けて説明します。

Googleマイビジネスのオーナー確認方法

Googleマイビジネスの登録では、「オーナー確認」ができます。オーナー確認は、ビジネスオーナーであることを証明し、関連したコンテンツを閲覧するユーザーからの信頼度を高められます。Googleマイビジネスには、オーナー確認を完了しないと利用できない機能もあり、Googleマイビジネスに登録後は早急にオーナー確認をしておくべきです。ビジネスオーナーは確認コードの郵送により行われます。この記事では、Googleマイビジネスへの登録方法やオーナー確認の方法、オーナー確認を行うメリットについて、実...

確認方法1.電話

まずは電話での確認方法です。

Google マイビジネスのアカウントを作成、登録をするとアカウントにログインができるようになります。

PCの場合】

ログインした状態でオーナー確認を行うビジネスを選択し、「今すぐオーナー確認」をクリックします。

そして、表示された「電話で確認」を選択すると、登録した電話番号宛に電話がかかってくるため、直接応答し、自動音声案内でパスコードを確認します。

案内されたコードを入力画面に打ち込めば完了です。

【モバイルデバイスの場合】

Google マイビジネスアプリを開き、「今すぐ電話を受ける」を選択します。

そしてかかってきた電話に応答し、自動音声案内でパスコードを確認します。

入力画面にパスコードを入力し、送信ボタンを押せば完了です。

確認方法2.メール

メールで確認する方法もあります。

【PCの場合】

ログインした状態でオーナー確認を行うビジネスを選択し、「今すぐオーナー確認」をクリックします。

そして、表示された「メール」を選択すると、登録したメールアドレス宛に確認メールが送付されます。

確認メールを開き「確認」ボタンをクリックすれば、完了です。

【モバイルデバイスの場合】

Google マイビジネスアプリを開くか、ブラウザでGoogle マイビジネスを開きます。

オーナー確認を行うビジネスを選択し、「メールを送信」をタップします。

届いたメールの中のパスコードを確認し、アプリかサイトに戻り「コードを入力」を選択します。

入力画面にパスコードを打ち込み、「送信」を押せば完了です。

確認方法3.郵送

さらに郵送ハガキで確認することも可能です。

【PCの場合】

ログインした状態でオーナー確認を行うビジネスを選択し、「今すぐオーナー確認」をクリックします。

ハガキのリクエストを選択し、登録した郵送先の住所に誤りがないか確認した上で「ハガキを送付」をクリックします。

郵送先にもよりますが、大体2週間以内でGoogleからハガキが届きます。

ハガキが届いたら、再度アカウントにログインし、「今すぐオーナー確認」の画面にいきます。

コード欄にハガキに記載されている5桁のパスコードを打ち込み、「送信」をクリックすれば完了です。

【モバイルデバイスの場合】

Google マイビジネスアプリを開き、「ハガキを送付」を選択します。

オーナー確認をするビジネスを選び、「コードを受け取っていない」をタップします。

PCの場合と同様に、大体2週間以内でハガキが届きます。

ハガキが届いたら、再びアプリを開きます。

オーナー確認をするビジネスを選択し、「コードを入力」をタップします。

入力画面にパスコードを入力し、送信ボタンを押せば完了です。

オーナー確認をするメリット

オーナー確認を行えば、店舗の正確な情報を掲載でき信頼度向上に役立つだけでなく、集客ユーザーの行動を分析するなどマーケティング施策においてもメリットがあります。

メリット1.集客効果

Google マイビジネスでのオーナー確認が完了すると、営業時間や電話番号などの情報をオーナーの権限で編集できます。

もともと店舗のことを認知していたユーザーにとっては、定休日や新型コロナウイルス対策などの最新の情報が更新されていることで、店舗の現状を把握でき、足を運びやすくなります

また、リスティングをみて店舗のことを初めて知るユーザーには、店舗のメニューや外観写真を挿入することで、魅力的な情報を届け、来店につなげる動線をつくることもできます。

メリット2.ユーザーの行動を分析

オーナー確認後は、Google マイビジネスのマーケティングツールであるインサイトを活用できます。

インサイトでは、店舗のリスティングの閲覧数や検索方法、どんなキーワードで検索されたかなどを確認、分析できます。

ユーザーがどんなニーズを持ち、どんな要素に興味をもつかを知ることは、自店舗のビジネス情報をさらに表示されやすいよう改善するために行う、MEOやSEOに非常に役立ちます

インサイトから得たデータを活用し、MEOやSEOを実施することで、店舗のリスティングの表示回数が増えれば、店舗の認知度向上につながるでしょう。

MEO対策とは|意味・集客効果の高い業界・具体的な手法を解説

MEO(Map Engine Optimization)とは、Googleマップ検索における最適化のことを指します。対策を行うことで検索順位の上位に表示される可能性を高くし、ユーザーの目に触れやすくすることができます。SEOと同様に集客対策の一環として取り入れられており、Googleマイビジネスや口コミ機能を活用した対策が行われています。この記事では、MEO対策を行うべき理由や対策を行う上でのポイントについて解説します。MEOとは?MEOとは、Map Engine Optimization...

メリット3.信頼度の向上

前述したようにGoogle マイビジネスの情報はオーナーが自ら編集することができるので、ユーザーにとって有益な情報をリスティングに掲載することで店舗の信頼度が高まります。

店舗の営業時間や電話番号などに変更があった場合は、迅速に修正することで顧客とのトラブルを予防できます。

Google側も、オーナー確認をしているかが情報の信頼度と関係しているため、オーナー確認の有無がリスティングのローカル検索結果における表示順位に影響することを明らかにしています。

またリスティング上の口コミも、店舗の信頼度向上につながります。口コミには返信が可能であるため、悪い口コミをされた場合にも丁寧に返信し、誠実な姿勢を見せることが店舗の印象アップにつながるでしょう。

オーナー確認を行うことで防げるトラブル

上述したマーケティングにおけるメリット以外に、第3者による乗っ取りや悪質な書き込みなどのリスクを回避する目的においてもオーナー確認は必要です。

このトピックでは、Google マイビジネスのオーナー確認を行うことで防げるトラブルについてご紹介します。

第3者による乗っ取り

オーナー確認をしないことにより第3者にアカウントを乗っ取られてしまうというリスクがあります。

仮に悪意がある人物にアカウントを乗っ取られてしまうと、虚偽の情報や誹謗中傷を伴う情報を掲載するなど、営業妨害となる行動をされることもあります。

また本来のオーナーがGoogle側に乗っ取りを申告しても、第3者がオーナー確認済ませていることもあり、手続きに時間がかかる場合があります。

オーナー確認を行えば、店舗情報の管理編集ができるのはオーナー自身とオーナーが承認した人のみとなるため、こうしたリスクを回避するためにも出来るだけ迅速にオーナー確認を済ませることが重要です。

悪質な書き込み

Google マイビジネスの変更権限は、ビジネスのオーナーになっていることが条件です。

仮にユーザーが店舗営業に支障をきたすような悪質な情報を投稿した場合、オーナー確認をしていなければ正確な情報に修正することができません。

また、事実無根のネガティブな口コミを投稿された場合には、オーナー確認をしていればGoogle側に悪質な情報提供者として削除を依頼することが可能となります。

Googleマイビジネス・違反

Googleはガイドラインが細かく規定されており、違反すると使用停止になる可能性があります。どのような行為が違反になるのかや、ユーザー側の違反に対しどう対処するかなど、ガイドライン違反に関する情報の把握が必要です。本記事では、Googleマイビジネスにおける違反行為と、違反に該当した場合の対応を解説します。Googleマイビジネスにおける「違反」とはGoogleマイビジネスでは、事業者は情報の公開やリスティング広告を載せるなどをし、ビジネスをアピールできます。ユーザーはその情報や広告を消費...

Google マイビジネスのオーナー確認を行い集客を強化

Google マイビジネスのオーナー確認をすることで、そのビジネスのオーナーとしてユーザーに対し正確で詳細な情報を提供できるため、店舗の信頼度向上につながります。

また、ユーザーにとって有益な情報を提示することでユーザーを実来店につなげる集客施策への効果にも期待でき、インサイトを活用し検索キーワードや検索方法を分析することでSEOやMEOなどのマーケティング施策を行うことも可能です。

さらに、第三者からの乗っ取りや悪質なコメントをコントロールするなどリスクを回避することもできます。

このようにオーナー確認をすることは、店舗の信頼度を高め、有効なマーケティングを行う上で重要といえます。

店舗をもたないビジネスの場合でも、電話やメールでオーナー確認を行うことができるため、ビジネスリスティングをもつ事業者は迅速にオーナー確認を済ませることが大切です。

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。