ヤマダ電機 コロナ禍の売上"好調"でも「LABI新宿」閉店へ…その意外な理由とは

ヤマダ電機 コロナ禍の売上"好調"でも「LABI新宿」閉店へ…その意外な理由とは

家電量販店最大手のヤマダ電機が、東京・新宿の「LABI新宿東口館」を10月4日に閉店することがわかりました。

一方、新型コロナウイルスの流行がピークとなっていた4~6月は外出自粛による在宅率の上昇で、家電全体への需要が高まり、売上が好調だったといいます。

2015年には閉店ラッシュが話題となっていた同社。今回のLABI新宿東口館の閉店の意図はどこにあるのでしょうか。

関連記事世界の小売店ランキング、67位にヤマダ電機 日本最上位はイオン

閉店の理由は「子会社との競合避けるため」

ヤマダ電機 LABI新宿東口館は、2010年にオープンした大型の家電量販店です。2020年10月4日に閉店となります。

新宿駅西口にあるLABI新宿西口館は営業を継続するようです。

今回の閉店については、子会社「大塚家具」の新宿ショールームとの自社競合を解消するためとされています。

「ユニカビジョン」の設置は継続

ネット上では閉店を惜しむ声のほか、LABI新宿東口館と同じビルに設置されており、新海誠監督の大ヒット映画『君の名は。』『天気の子』の作中にも登場し話題となった「ユニカビジョン」がどうなるのかと心配する声が上がりました。

これについて、ユニカビジョンを管理する株式会社ユニカの担当者は、ビジョンの設置を継続するとしています。

ヤマダ電機の売上、コロナ禍でも好調なワケ:外出自粛で家電の需要増か

大型店舗の閉店を実施するヤマダ電機ですが、売上自体は新型コロナウイルス流行時期も好調だったようです。

流行のピークだった4~6月期は、売上高が前期比の8.0%増、営業利益が272.1%増、純利益が238.9%増と大きな利益を上げました。

この時期は外出自粛による在宅率の上昇で、家電全体への需要が高まっていたのだといいます。テレビや洗濯機、冷蔵庫の買い替え需要に加え、6月には気温が高かったことからエアコンも好調となりました。テレワークやオンライン授業に関連した需要の影響もあったようです。

また2020年4月〜2021年3月期の純利益の見通しについては、上期(4月〜9月)は29.4%減が見込まれる一方、下期(10月〜3月)は改革の効果による47%増を想定し、通期では0.4%増となるとしています。

2015年 ヤマダ電機の閉店ラッシュ、家具取り入れる改革へ

2015年当時、全国のヤマダ電機46店が相次いで閉店していました。

都心で中国人の「爆買い」需要を捉えたビックカメラ、ヨドバシカメラに対し、地方や郊外に特化しているヤマダ電機は、国内消費の減少からダメージを受けていたようです。

しかし2017年頃から、既存店を家具やキッチン用品をそろえた店舗に改装するなど、改革を進めたことで業績は改善。

2019年4月〜2020年3月期は売上高が前期比の0.7%増、営業利益が37.5%増、純利益が67.5%増と、好調な決算となりました。

また2020年6月からは、子会社とした大塚家具のショールームで、家電の展示販売を本格的に開始しています。

コロナ禍での売上好調は、こうした改革の積み重ねが"コロナ需要"を上手く捉えた結果だといえるかもしれません。

Withコロナ時代 小売店の対策|顧客と従業員を守りながらできる対策事例紹介

緊急事態宣言が発令されて以降、国民に外出自粛が求められていました。しかし5月25日に1都3県の宣言が解除され、日本全国で緊急事態宣言が解除されました。また6月19日からは県をまたぐ移動も可能になるなど、新型コロナウイルスがある前提での社会経済活動の活発化が進んでいます。小売業では緊急事態宣言が発令されている中でも、食料品や生活必需品の購入に備えて開店を維持する店も多くありました。この記事ではコロナショックに対する主な百貨店・スーパー・コンビニの対策、小売業従業員のコロナショックをきっかけと...


<参照>

BCN+R:ヤマダ電機の新宿参戦の象徴「LABI新宿東口館」が閉店、大塚家具との「カニバリ」解消

J-CASTニュース:新宿東口「名物」大型3面ビジョンどうなる? 同ビルのヤマダ電機10月閉店で...運営会社に聞いた

ヤマダ電機: 2021年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

ーー2020年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)

IG証券:ヤマダ電機、純利益が3.4倍 4~6月期決算

現代ビジネス:ヤマダ電機「閉店ラッシュ」が意味するもの  「量販店」が消える日 家電に続いて、スーパーも危ない

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。