【例文付き】口コミの返信の具体例と気を付けたい4つの基本について

【例文付き】口コミの返信の具体例と気を付けたい4つの基本について

SNSなどの普及により、消費者は商品やサービスを購入する前に他者の評価や実際の感想などをリサーチしてから購入を決定するように変化しています。

そのため口コミは非常に重要であり、店舗集客にはどれだけ多くの良い口コミを集められるかや寄せられた口コミにどう対応するかが重要視されています。

特にネガティブな内容が投稿された際の適切な対応について悩む経営者も多いでしょう。

本記事では口コミへの返信のコツや口コミの内容がポジティブ・ネガティブそれぞれの場合の適切な返信方法について、例文を交えながら解説します。

口コミマーケティングとは?気を付けるべきポイントと成功事例紹介

口コミマーケティングとは、商品やサービスの口コミを企業が意図的に広げ、認知度や売り上げの向上をめざすマーケティング手法の一つです。本記事では、口コミマーケティングとは何かから注目される背景やメリット、実践する前に気を付けるべきポイントを解説するとともに、成功事例を紹介します。なぜ口コミマーケティングが必要なのか?さまざまな企業がWebを活用したマーケティングに取り組んでいますが、その一つに口コミマーケティングがあります。口コミマーケティングはどのような手法なのか、注目を集める理由とメリット...

口コミへの返信の基本

口コミへの返信は、来店客とのコミュニケーションだけではなく「見込み客」や「新規顧客」の獲得にも役立ちます。

他のユーザーの口コミに対して店舗が丁寧に返信をしていれば、新規顧客が店舗に対して良い印象を抱き、来店の後押しとなる可能性が高まります。

口コミ返信の基本1. 読んでいるユーザー目線を意識する

口コミは返信内容も含め、すべてのユーザーに見られているという意識を持つことが大切です。

そして口コミを投稿してくれたことに対して感謝することです。返信は「敬語」かつ「丁寧」な内容を心掛けるとよいでしょう。

返信内容から店舗の雰囲気や人柄も伝わるため、固すぎず親しみやすい内容になることが重要です。

読んでいるユーザーの気持ちを先読みし、読みやすさと適切な文章量であることも確認する必要があります。

また定型文は使わないほうが、より丁寧な対応といえるでしょう。

口コミ返信の基本2. 反抗的な返信・感謝だけの返信は避ける

口コミの返信で避けた方がよい内容があります。

まずネガティブな口コミを受け取った際に、それに対して反抗的な返信や弁解を求める返信をすることは適切ではありません。

これは更なるトラブルを招く可能性があります。

また口コミの投稿に対して感謝のみで終わる返信もありますが、それだけでは勿体ないでしょう。

たとえば顧客から褒めてもらった点に対して、店舗側の具体的なこだわりや理由などをさりげなく加えることで、他のユーザーに対しても店舗のアピールポイントを自然に伝えることができます。

口コミを見た人が、「来店しようと思えるか」まで想像しながら返信の内容を考えることが大切です。

口コミ返信の基本3. Googleの口コミ機能も忘れずに

顧客からの口コミは、口コミサイトだけではなくGoogle マイビジネスGoogle マップにも投稿されます。

店舗がGoogle マイビジネスで返信をすると、口コミを書いたユーザーに通知が行くようになっているため、返信を見てもらえる確率は高いでしょう。

口コミサイトと合わせてGoogleの口コミも確認し、返信することが大切です。

また口コミ内容や返信の内容もGoogle内の掲載順位を判断する基準の1つとなるため、店舗のアピールポイントとなるキーワードなどを入れた返信をすることでSEO対策やMEO対策につながります。

Google マイビジネスで口コミへ返信方法するにはまず、Google マイビジネスにログインします。

メニューの「クチコミ」を選択し、 返信した口コミから「返信」を選択します。返信内容を入力し、送信すれば完了です。

【保存版】Googleマイビジネスとは?メリットやローカルSEO対策について解説

Googleマイビジネスに自社の店舗情報を登録すると、店舗の認知拡大や口コミ・ユーザー層の分析など、さまざまな方法で集客効率化へつなげることができます。Googleマイビジネスを運営していく際には、ただ登録するのではなくローカルSEO対策を意識するなど、うまく活用していくことが重要です。この記事では、Googleマイビジネスについて概要から運用方法まで網羅的に紹介します。GoogleマイビジネスとはGoogleマイビジネスとは、Google検索やGoogleマップなど、Google上に無料...

口コミ返信の基本4. 悪質な口コミにはルールに沿って対応する

悪質な口コミが寄せられた場合には、サイトの運用ルールを確認し、適切な対応を取ることが大切です。

口コミサイトは、店舗への嫌がらせに当たる口コミや不適切な内容の口コミに対してルールを設けているので、必要であれば削除申請を出すなどの対応が重要です。

例えばGoogle マップでは、ビジネスオーナーからの削除申請を受け付けています。

しかしこの削除申請は必ず通るものではなく、あくまでGoogleがその口コミをポリシー違反と判断した場合のみ削除されます。

店舗へのネガティブな口コミや不都合な口コミをすべて削除できる訳ではないため、注意が必要です。

ポジティブな口コミをもらった場合

ポジティブな内容の口コミをもらった場合の返信例と返信のポイントを紹介します。

ポジティブな口コミへの返信例

ポジティブな口コミに対して、飲食店と美容室に分けて返信例を紹介します。

まずは飲食店の場合の返信例を紹介します。

●●様 この度は、数ある店舗の中から当店をご利用いただきありがとうございます。また有難いお言葉を頂戴頂き、スタッフ一同大変喜んでおります。気に入っていただいたメニューは〇〇産の〇〇を使用しています。また、季節によっては〇〇を仕入れることもありますので、次の機会にぜひご賞味いただけますと幸いです。またのご来店を心よりお待ちしております。

次に美容室の場合の返信例です。

●●様 この度は、数ある店舗の中から当店をご利用いただきありがとうございます。仕上がりをご満足いただき、大変嬉しく思います。〇〇様のお悩みに合わせ、〇〇と〇〇を使用したスペシャルトリートメントを使用させていただきました。もし他の悩みなどもありましたらお気軽にご相談いただけますと幸いです。次回のご来店を心よりお待ちしております。

ポジティブな口コミへの返信のコツ

まず最初に必ず「感謝の気持ち」を述べることです。

投稿したユーザーだけではなく、投稿を見た人にとっても、最初に感謝の記載がある方が印象もよくなります。

次に褒められたポイントについての御礼と、店側のこだわりやおすすめポイントを述べることです。

定型文ではなく、口コミをきちんと見たことがユーザーにも伝わるように、口コミで触れられている内容を入れることが大切です。

返信をする際は、口コミ投稿者だけでなく投稿を見る第三者へのメッセージになっているかを確認することがポイントです。

ネガティブな口コミをもらった場合

口コミはポジティブなものばかりではなく、残念ながらネガティブな口コミを書き込まれる場合もあります。その際の返信例を紹介します。

ネガティブな口コミへの返信例

ネガティブな口コミに対しては、下記のような返信例が適切でしょう。

●●様 この度は、数ある店舗の中から当店に足を運んで頂き誠にありがとうございました。またご不快なお気持ちにさせてしまったこと、大変申し訳ございません。●●様に頂きました、貴重なご意見をすべてのスタッフが重く受け止め、今後、徹底して改善してまいります。重ねてお詫び申し上げると共に、貴重なご意見を頂き誠にありがとうございました。

ネガティブな口コミへの返信のコツ

まずは、不快な想いをさせてしまった点に関して、必ず誠心誠意お詫びをすることです。

避けた方が良い返信例でも述べたように、反論や抵抗は更なるトラブルの可能性もあるため、まずは謝罪をすることが重要です。

そして指摘された内容に対する具体的な改善策も述べることです。

改善する意思があること、具体的にどのように改善するかについて伝えることで、口コミ内容をきちんと受け止めているという誠意が伝わります。

最後は指摘に関しての感謝を伝えることです。 受け手にとって気持ちの良い終わり方を意識することが大切です。

「ネガティブな口コミ」への事業者の3つの本音…なぜ、あのお店は悪い口コミが集まって あのお店には良い口コミが集まるのか

現在は、宿泊施設から飲食店まで、さまざまな場面でネット上の口コミが集客を左右する時代となりました。好意的な口コミは集客を促進し売上増加につながる一方で、事業者の評価を下げるような悪質な口コミに対しては、正しい対応に悩むケースも多いでしょう。今回は、改めて口コミの重要性について触れた上で、悪質口コミの特徴とそれらに対する事業者の本音を紹介します。さらに悪質口コミへの効果的な対処法も解説します。口コミの重要性はじめに、口コミがもたらす消費者行動への影響について、データをもとに解説します。消費者...

口コミへの返信も重要な集客施策の一つ

口コミに対する返信は、忙しい店舗経営の中では後回しにされることも多い業務かもしれません。

しかし口コミへの返信は投稿者だけでなく他のユーザーも多く見る部分であるため、きちんとした対応を取る必要があります。

口コミ返信では、口コミの内容に関わらず、まず来店と口コミ投稿への感謝を伝えることが大切です。

そして口コミがポジティブな内容であれば、評価してもらった部分への店舗のこだわりを伝えるなどプラスアルファの情報でアピールすることが重要です。

ネガティブな内容であれば、きちんと謝罪し、具体的な改善方法を示すことがトラブルの回避と顧客との円滑なコミュニケーションへとつながり、さらにはその対応をみた見込み客へのアプローチにもなります。

ユーザーが店舗に対して好感を持てるような返信をすることで、既存客だけでなく新規顧客や見込み客の獲得にもつながり、集客力の向上に効果が期待できるでしょう。

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。