Googleマイビジネス運用の差別化 | 投稿を連携・写真・インサイトについて解説

Googleマイビジネス運用の差別化 | 投稿を連携・写真・インサイトについて解説

Google マイビジネスは、無料で利用できるGoogleのサービスです。Google 検索やGoogle マップに、店舗や企業の情報を掲載できます。

掲載内容は編集可能で、画像も登録できます。ユーザーはサービスに対する評価を口コミの形で投稿し、Google マイビジネスのオーナーはこれに返信を入れられます。

インサイト機能により、このような様々な情報が獲得できるツールとして注目を集めています。

Google マイビジネスの運用では、店舗の所在地や連絡先、公式ホームページへのリンクなど、基本的な情報以外にもユーザーが求めている最新情報を適切に投稿することがポイントです。

この記事では、Google マイビジネスで他店との差別化を図るために有効な、投稿機能の活用、写真の掲載、インサイト機能を使ったアクセス分析という3つの方法を紹介します。

関連記事
Googleマイビジネスとは?登録・活用方法とメリット・注意点

【基礎編】Google マイビジネスの投稿機能とは

店舗の経営者はGoogle マイビジネスを活用することで、基本情報の掲載だけでなく最新情報の発信ができます。

Google マイビジネスには投稿機能が備わっており、テキストや写真、動画をカテゴリを設定して公開できる仕組みになっています。

営業時間の変更や新商品の宣伝、イベントやキャンペーンの告知といった情報発信に活用されています。

投稿機能を活用するメリット

Google マイビジネスの投稿機能を利用し、さまざまな情報を発信することはオーナーとユーザーの両方にメリットをもたらします。

まず、オーナー側にとって大きなメリットは、地域に居住したり訪問したりするユーザーと直接交流ができることです。

Google マップや位置情報と連動して表示されるため、地元のユーザーにアプローチしやすく、セールや特別企画、イベント、ニュース、特典などの最新情報を効率よく宣伝できます。

また、ユーザーにとっては、店舗の最新情報を知れることで、利用する上での利便性が高まるというメリットがあります。

最新の営業状況や実施している新型コロナウイルスへの対策、お得なキャンペーンなどの情報を提供することで、ユーザーは店舗の利用をより判断しやすくなるでしょう。

投稿には、動画や写真などを盛り込み、魅力的なページにすることも、実際の来店につなげる上では重要です。

投稿の種類

ユーザーの興味をひく投稿内容には、いくつかの種類があります。

  1. 店舗の最新情報:最新の状況を文章や写真を交えて投稿することで、店頭や店内の雰囲気を伝えられます。新メニューや新商品、新サービスの提供開始の告知や予告などの情報も盛り込むことで、ユーザーの興味をひけるでしょう。
  2. イベント情報:投稿機能の中にはイベントの告知に最適な、表示期間を自由に設定できる機能もあります。
  3. 特典情報:投稿機能には、特典情報の発信に向けた機能もあります。セールや特典を表示する期間を設定して投稿すると、投稿内に「クーポンを見る」というボタンが表示されます。

期間限定や、そのページを見たユーザー限定のクーポンや割引などを設定することで、実店舗への誘導に期待が持てます。

4つ目は、商品に関する情報です。自店舗の取り扱う商品について投稿をすることで「商品」タブに項目が追加され、商品エディタで管理できるようになります。この機能を利用することで、ユーザーは主要な商品の一覧を簡単に確認できます。

投稿する際の注意事項

投稿機能を利用する際には、不特定多数の方が閲覧することを念頭に置き、適切な文章や写真を掲載することが大切です。

また、期間を設定せずに投稿した場合、7日間が経過した投稿は、アーカイブされ非表示となることにも注意が必要です。

最新情報を求めるユーザーのためにできる限り定期的な投稿を心がけ、最新の投稿が常に表示されている状態を保つことがポイントといえるでしょう。

【応用編】Google マイビジネスの投稿機能の活用

Google マイビジネスの投稿機能では、外部サイトとの連携や動画の公開もできるようになっています。

コンテンツ投稿に外部サイトを連携

Google マイビジネスへのコンテンツ投稿は、他サイトと連携させられます。たとえば、店舗ですでにブログを開設、更新している場合には、そのブログとGoogleマイビジネスを連携させられます。

Google マイビジネスの投稿コンテンツを準備するにはそれなりに時間がかかるという場合も少なくありませんが、すでに着手している他の媒体の更新と連携し自動的に更新できるとなれば、こうした手間を省けるでしょう。

ブログのコンテンツには店舗の特徴や雰囲気を伝えるものも自然と多くなります。こうしたコンテンツをGoogle マイビジネスを閲覧するユーザーに対して展開することで、訴求できるユーザーの幅を広げることにもつながるでしょう。

ユーザーに対して有益な情報を蓄積すれば、Google 検索やGoogle マップでの掲載順位が改善することも期待できます。

動画の投稿

Googleマイビジネスの投稿機能では「特典を追加」「最新情報を追加」「イベントを追加」のカテゴリーで、動画がアップできます。 

動画には2つのアップロードの方法があります。

1つ目は、「投稿を作成」から「写真や動画を追加する」をクリックして、動画を選択する方法です。 追加後は処理中の表示となりますが、処理の完了を待たずにその他の投稿内容を入力し、公開設定ができます。

2つ目の方法は、写真コンテンツに動画をアップロードする方法です。「写真」タブの「+」のマークをクリックすると、アップロードできる状態になります。

Googleマイビジネスの掲載順位を改善する「4つのポイント」とは|インサイト機能の活用方法も解説

スマートフォンの普及によって、知りたい情報をいつでもどこでも検索することが可能になりました。最近では、位置情報と連動した検索結果がユーザーによく利用されています。GoogleやGoogle マップの検索結果に、自社ビジネスや店舗情報を表示させることのできるツールが、Google マイビジネスです。インターネット利用の傾向の変化に伴い、地図と連動した検索結果に影響を与える「MEO」が注目を集めています。MEOは「Map Engine Optimization」の略語で、一般的には「ローカルS...

失敗しない飲食店のブログの始め方|写真や掲載情報の工夫で集客力アップ

飲食店がネット上で集客する際、ブログ集客という方法があります。ブログは誰でも簡単に始めることができる方法ですが、ただ始めるのではなくブログを読んで実際に顧客に足を運んでもらうことが重要です。この記事では、飲食店がブログ集客を始める際に気を付けておくべき点についてまとめました。顧客が足を運びたくなるようなブログの始め方や運営方法について解説します。飲食店が無料ブログを利用するデメリット飲食店がブログ集客を始める際に、まず悩むのは無料ブログか有料ブログでしょう。多くの事業者が出来るだけコストを...


Google マイビジネスに写真を掲載する

Google マイビジネスに写真を掲載することは、ユーザーが店舗に興味を持ったり、実際に店舗を訪れるきっかけを作ることにつながります。

写真を掲載するメリット

写真を掲載していない店舗のページと比較して、投稿機能を活用し最新の写真を掲載しているページでは、ユーザーが店舗への経路を検索したり、Webサイトへのリンクをクリックする回数が多くなるといわれています。

検索結果の一番はじめに表示されるロゴや写真のほか、商品やイベントの写真などを発信し、店舗のアピールポイントを伝えることで、集客アップにつながるでしょう。

写真の掲載においても、投稿と同様に、最新状況がわかるような写真を定期的に掲載していくことが重要です。

掲載できる写真はカテゴリごと3枚以上を推奨

住所や連絡先など、基本的な情報の記入が済んでいるページにおいては、店舗のロゴマークの画像を掲載することが効果的です。ロゴマークがプロフィール内で強調して表示され、ブランド名や提供するサービス形態をわかりやすくユーザーに伝えることに役立ちます。

また、プロフィール上部に表示されるカバー写真もビジネスオーナーが投稿できます。店舗や提供サービスをもっとも印象づける写真を掲載することが推奨されています。

その他の自由に掲載する写真は、被写体に応じていくつかのカテゴリに分類できます。

Google マイビジネスのヘルプセンターが掲載している内容によると、カテゴリごとに少なくとも3枚以上の写真の掲載が推奨されています。

外観の写真は、ユーザーが実店舗に来店する際の参考になるため、道路に面している部分を撮影したものが適しています。時間帯ごとに変化している様子も合わせてアップロードすると効果的でしょう。

また、店内の写真は、内装や雰囲気をユーザーにイメージさせやすくします。商品やサービスの写真は、ユーザーが実店舗を訪れた際の体験を想像うえで役立つ情報となります。

従業員の様子がわかる写真も、お店の雰囲気を伝えたり、ユーザーに親しみを持ってもらうために、提供することが推奨されています。

Googleマイビジネスに写真を追加する方法

飲食店や居酒屋などの集客手段として、Googleマイビジネスが注目されてきています。Googleマイビジネスとは、店舗型・非店舗型にかかわらずビジネス情報を事前に登録しておくことで、Googleの検索結果画面やGoogleマップ上に表示できるというサービスです。Googleはユーザー数が多いため、Google上で表示されることで集客に一定の効果があると考えられます。Googleマイビジネスの機能を最大限に活用するために重要なのが、写真の追加です。写真を追加することによって、視覚に訴えられる...


Google マイビジネスへのアクセスを分析する

Google マイビジネスでは、インサイト機能が利用できます。

インサイト機能を活用すると、Google 検索やGoogle マップでの検索結果に自店舗が表示された経緯や、検索の際にユーザーが入力したキーワードを把握できます。

Google マイビジネスの検索ワードを調べる|MEO対策に役立つインサイト機能

Googleが提供するツール「Googleマイビジネス」では、企業や店舗の運営者が営業時間や住所、電話番号といった情報を登録できます。登録した情報は検索エンジンであるGoogle 検索やGoogle マップなどに検索結果として表示されます。Google マイビジネスにはクーポンや店舗の最新情報を投稿できる投稿機能をはじめ、投稿された口コミに返信したり、広告を掲載したりできる機能も含まれています。機能の一つである「インサイト機能」では、ユーザーがどのような検索ワードを使ってページまでたどり着...


インサイトをチェックするメリット

インサイトを確認することで、ユーザーが自店舗のページ上でどのような行動をしたかについてのデータを獲得できます。

また、検索結果における自店舗ページへのアクセス数、写真の閲覧数、経路の表示をリクエストした回数、検索結果から直接通話をかけた件数などが表示が可能です。

これらのデータは、店舗の認知度や好感度を高めるために実施されるオンラインマーケティングの分野で効果を発揮します

インサイトでは何がわかるのか

インサイトでは、店舗のGoogle マイビジネスアカウントを見たユーザーに関するさまざまなデータを収集できる仕組みとなっています。

その一つが、検索キーワードです。ユーザーがどんなキーワードで検索した時に、自店舗のページが表示されたのかを、回数が多い順に閲覧できます。また、自店舗ページを訪れたユーザーがどんな方法で検索したかも把握できます。

直接検索数は、正式な店舗名を検索ボックスに入力して検索を行ったユーザー数を示します。このデータからは、特定の店舗を目的に検索しているユーザーの割合を把握できます。また、この結果には店舗の住所を検索した場合も含まれています。

間接検索数は、自店舗の提供するサービス、商品、業種をキーワードとして検索を行ったユーザー数を示します。検索結果の大部分を占め、新規顧客の獲得のチャンスがある領域といえます。

ブランド検索数は、自店舗の競合店を検索した際に関連する結果として表示された回数を示し、その時の検索キーワードも確認できます。

さらに、Google 検索とGoogle マップ検索のそれぞれで自店舗が何回表示されたかも把握できるようになっています。

加えて、検索結果に自店舗のページが表示された後、ユーザーがとった行動についても表示されます。例えば、ユーザーがルート検索を行った地域、電話をかけた曜日、時間帯、店舗が混雑する時間帯、写真の閲覧数などが確認できます。

Google マイビジネス活用で差別化

近年では、実店舗だけでなくインターネット上のサービスにおいても他店との差別化や工夫が求められる時代となっています。

Google マイビジネスの運用でも、他店との差別化を図るために、投稿機能を活用して最新情報を発信したり、写真を掲載することでユーザーに印象づけることが大切です。

投稿機能では、イベント告知や特典情報、商品の追加などのさまざまな機能を使い分け、効果的な情報発信をすることが大切です。写真の掲載に関しては、手軽に効果を発揮する方法のため、すぐにでも実践したい方法といえます。

また、インサイトでの分析では、ユーザーの検索結果に自店舗ページが表示された経緯や自店舗ページ上でのユーザーの行動などのデータを確認できます。他店との差別化を行うにあたって、ユーザーのニーズを把握したり、施策効果を確認する上でこれらのデータは役立つでしょう

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。