Google マイビジネスで臨時休業を設定する方法/なぜ必要?詳しく手順を解説

Google マイビジネスで臨時休業を設定する方法/なぜ必要?詳しく手順を解説

店舗の情報を整理し、Google 検索やGoole マップ上に表示することのできるGoogle マイビジネスには、臨時休業のステイタスを設定できます。

今やスマートフォンやPC、タブレット等で店舗の情報を収集し、実際に足を運ぶか検討することは日常的な行動です。Google マイビジネスの運用は、こうした見込み顧客の目に留まる可能性を高めてくれます。

Google マイビジネスに掲載されている情報が不正確であれば、顧客の満足度を下げることにもなり、売上の機会を損失することにすらつながります。

Google マイビジネスに、実態に即した正確な営業時間を掲載することは非常に重要です。

本記事ではGoogle マイビジネスで臨時休業を設定する方法や、営業時間を変更する方法。そしてそのメリットについて解説します。

Google マイビジネスでは「臨時休業」と表示できる

Google マイビジネスには、店舗の名前、住所、電話番号、営業時間といった基本的な情報だけでなく、祝日や年末年始休業、定休日といった休日についても表示できます。

ほかにも臨時で営業時間を変更する場合や、休業する場合にもその旨を表示できます。

Google マイビジネスの休業マークとは

Google マイビジネスでは、店舗情報のひとつとして休業マークを表示できます。

臨時休業やシーズン営業をしている店舗が、不規則な営業時間を顧客に発信する際に活用できます。

臨時休業の情報を掲載しても、ほかの営業中のビジネスと同様に扱われるため、検索結果の表示順番に影響がありません

しかし、飲食店などでテイクアウトやデリバリーサービスを提供し、店内飲食をしていない場合などは臨時休業に設定するとそれらのサービス情報が掲載されなくなるため注意が必要です。

「通常営業時間」と「特別営業時間」が設定可能

また、営業時間の変更についても「通常営業時間」と「特別営業時間」を使い分けることで設定がより簡単になります。

特別営業時間とは、祝日や年末年始の休暇、第2火曜日の定休日といった通常営業時間とは異なる営業時間を指します。Google マイビジネスではこの特別営業時間の登録が可能です。

また特別営業時間は、定休日や不規則な店休日の設定以外にも、一時的に営業時間を変更する場合や、休業する場合にも設定できます。

営業状況を正確に表示するメリット

店舗について検索している顧客は一般的に購買意欲が高く、店舗を利用する可能性が高いといえます。

Google マイビジネスにおいては現在営業している店舗が優先して上位に表示されます。そのため、営業状況を正確に掲載することで、購買意欲が高い客層を集客できます

また営業時間が正確でない場合、電話やメールなどで店舗へ問い合わせが来る可能性もあります。正確な情報を掲載することで、業務負担の軽減にもつながります。

Google マイビジネスに掲載されている情報の信頼性は、Google 検索等のサービスを利用する顧客からの店舗に対する信頼にもつながります。営業時間も正確に掲載する必要があります。

Google マイビジネスで臨時休業ステイタスを設定する方法

Google 検索の表示順位に影響を及ぼさない臨時休業の設定方法は、その期間によって変わります。

前述の通り、新規顧客の集客や顧客からの信頼性獲得のためにはこれらの情報をこまめに更新することが欠かせません。

一定期間の臨時休業の設定方法

臨時休業に関する設定の変更は、Google マイビジネスにログインし、メニュー画面の「情報」から行うことができます。

ビジネスが1つであれば、「情報」ページの右上の「Google 上でこのビジネスを休業または閉業する」にカーソルを合わせ「休業マークを付ける」をクリックすると完了です。

複数のビジネスを所有している場合は、ログインした後、臨時休業に設定するビジネスを全て選択し、上部にあるツールバーから「アクション」を選択します。その後「臨時休業」をクリックします。そして「休業マークを付ける」をクリックすると完了です。

ここでの休業は臨時休業のことを指しており、検索結果でも「臨時休業」と表示されます。なお完全に閉店する際には「閉店マークを付ける」を設定します。

1日単位の臨時休業日の設定方法

長期間ではなく、1日のみを臨時休業日に設定することもできます。

その場合はGoogle マイビジネスにログイン後、一定期間の休業を設定するときと同様に「情報」に入ります。その後「特別営業時間を追加」をクリックし、「新しい営業日を追加」から日付を指定、定休日に設定します。

この方法で設定することで、検索画面上は定休日と表示されますが、毎週その曜日が定休日になることはありません。

設定の際の注意点

Googleが臨時休業の情報を受け取った際に、「臨時休業と報告されたビジネス」という通知が表示される場合があります。

その際には「臨時休業と報告されたビジネス」をクリックした後、「休業したビジネスを確認」をクリックします。

この設定をすることで、Googleやマップの検索結果に臨時休業マークが表示されるようになります。

また投稿機能を利用し、臨時休業に合わせてその旨を説明する投稿をすると、店舗の情報にアクセスした顧客によりわかりやすくなります。

この投稿機能には新型コロナウイルスの最新情報欄も設けられており、新型コロナウイルス関連の休業であればこの部分を活用することができます。

営業再開時やイレギュラーな営業時間の設定方法

臨時休業の設定をする場合には、休業明けにその旨を設定する方法もあわせて知っておく必要があります。加えてGoogle マイビジネスでは、通常の営業時間とは違うイレギュラーな営業時間の設定もできるので、その設定方法についてもあわせて解説します。

営業再開時の設定方法

営業再開時の設定変更を行う際も、臨時休業の設定同様にまずはGoogle マイビジネスにログインします。

所有しているビジネスが1つの場合は、画面左にあるメニューから「情報」をクリックします。その後「このプロフィールの再開または削除」から「リスティングを再開」をクリックすれば、Google検索やGoogle マップ上で臨時休業マークの表示が消えます。

複数のビジネスを所有している場合には、地域のリストから営業再開の設定をする地域を選択してください。その後上部に表示されるツールバーから「アクション」、「営業」をクリックします。次にその他のメニューを表示するアイコンから「営業中に変更」をクリック後、表示される画面から「営業中に変更」をクリックし、臨時休業マークを削除します。

毎週同曜日以外の定休日の設定方法

Google マイビジネスでは、特定の曜日を定休日に設定することはできるものの、隔週の曜日での休業設定ができません。そこで特別営業時間の設定として店舗の定休日を設定しなければなりません。

設定の方法は前述の「1日単位の臨時休業日の設定方法」と同様です。この設定を定休日のたびに行うのは手間がかかるため、事前に分かっている分をまとめて設定することで、手間を省けるだけでなく設定のし忘れを防げます。

休憩時間の設定方法

飲食店のランチ営業とディナー営業の間の休憩時間など、休憩時間を設けている店舗では休憩時間の設定も必要です。

設定せずにいると、「営業時間の表示なのにお店が開いていない」と問い合わせが入る可能性もあります。

顧客に休憩時間を知らせる方法としては、営業時間を2つ設定することで、間接的にその間の時間を休憩時間とする方法が挙げられます。

例えば、営業時間が11時~23時で14時~16時を休憩時間として設定する場合には、11時~14時、16時~23時を営業時間として設定します。

Google マイビジネスのビジネス情報は正しく保つ

Google マイビジネスに登録するビジネス情報は常に最新のものにする必要があります。

営業時間が間違っていると、新規顧客の獲得を逃したり店舗の信頼を低下させたりという事態につながりかねません。また顧客が店舗に営業時間について問い合わせることがなくなるので、店舗の業務負担が軽減されるというメリットもあります。

店舗の営業時間や休業日に関する情報は、Google マイビジネスのページから変更可能です。変更は簡単なので、適宜正しい情報に変更、修正していくことが大切です。ほかにも開業した際や休憩時間がある場合にはその旨を登録することも忘れてはいけません。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。