Google マイビジネスの検索ワードを調べる|MEO対策に役立つインサイト機能

Google マイビジネスの検索ワードを調べる|MEO対策に役立つインサイト機能

Googleが提供するツール「Googleマイビジネス」では、企業や店舗の運営者が営業時間や住所、電話番号といった情報を登録できます。

登録した情報は検索エンジンであるGoogle 検索やGoogle マップなどに検索結果として表示されます。

Google マイビジネスにはクーポンや店舗の最新情報を投稿できる投稿機能をはじめ、投稿された口コミに返信したり、広告を掲載したりできる機能も含まれています。

機能の一つである「インサイト機能」では、ユーザーがどのような検索ワードを使ってページまでたどり着いたかなどを分析でき、MEOに活用できます。

本記事では、Googleマイビジネスとインサイト機能の概要や、インサイト機能を使って検索クエリの分析に役立てる方法を紹介します。

関連記事
Googleマイビジネスとは
MEO対策とは
MEO対策のやり方【店舗集客の新常識】

Google マイビジネスとインサイト機能

Google マイビジネスにあるインサイト機能では、ユーザーが店舗のページを訪問するまでに使った検索語句や、ページ上でユーザーが取った行動などを調べられます。

この項目では、Google マイビジネスとそのインサイト機能についてお伝えします。

Google マイビジネスの機能

Google マイビジネスは、店舗や企業の位置情報や営業時間、電話番号などさまざまな情報を登録できるツールです。

登録された店舗や企業の情報は、検索エンジンのGoogle 検索や、地図情報サービスのGoogle マップをはじめとするGoogleのサービス上に掲載されます。

Googleマイビジネスにはクーポンやイベント情報などを発信できる「投稿機能」のほか、顧客からの口コミに返信できる「口コミ機能」などがあります。また、店舗が持つウェブサイトとGoogleマイビジネス上のページを連携させることも可能です。

Googleマイビジネスを使って登録された情報はGoogleマップにも反映されることから、実店舗向きのツールともいわれています。

【保存版】Googleマイビジネスとは?メリットやローカルSEO対策について解説

Googleマイビジネスに自社の店舗情報を登録すると、店舗の認知拡大や口コミ・ユーザー層の分析など、さまざまな方法で集客効率化へつなげることができます。Googleマイビジネスを運営していく際には、ただ登録するのではなくローカルSEO対策を意識するなど、うまく活用していくことが重要です。この記事では、Googleマイビジネスについて概要から運用方法まで網羅的に紹介します。GoogleマイビジネスとはGoogleマイビジネスとは、Google検索やGoogleマップなど、Google上に無料...

MEO対策をサポートするインサイト機能

前項で触れた投稿、口コミ返信、広告連携といった機能のほか、Google マイビジネスには「インサイト機能」と呼ばれる機能があります。

インサイト機能とは、ユーザーがどのようにしてGoogle マイビジネスにあるページにたどり着いたかについて、そしてその後ユーザーが取った行動のデータを参照できる機能です。

インサイト機能で参照できるデータの項目として、たとえば「ユーザーによって入力された検索ワードの種類」、「検索クエリ」、「検索に利用されたGoogle サービス」などが挙げられます。

他には以下のような情報が確認できます。

  • ウェブサイトへのアクセス数や店舗へ電話をかけたユーザーの数を調べられる「ユーザーの行動」
  • ユーザーがどの位置から店舗までの距離を調べたかが分かる「ルートリクエスト」
  • ユーザーが電話をかけた曜日や回数が表示される「電話」
  • 写真の閲覧数などが掲載される「写真」
  • 店舗に対するユーザーの感想が記されている「ビジネスが認知されている要因」

MEO対策とは|意味・集客効果の高い業界・具体的な手法を解説

MEO(Map Engine Optimization)とは、Googleマップ検索における最適化のことを指します。対策を行うことで検索順位の上位に表示される可能性を高くし、ユーザーの目に触れやすくすることができます。SEOと同様に集客対策の一環として取り入れられており、Googleマイビジネスや口コミ機能を活用した対策が行われています。この記事では、MEO対策を行うべき理由や対策を行う上でのポイントについて解説します。MEOとは?MEOとは、Map Engine Optimization...

検索クエリの利用

検索クエリはMEO対策の効果測定や、今後のMEO対策の方針を決める上でも役立ちます。

この項目では、検索クエリの利用について紹介します。

検索クエリ

「検索クエリ」とは、ユーザーがGoogleのサービス上で入力した単語、複合語、フレーズの総称です。

Google マイビジネスにある「インサイト」と呼ばれるページでは、ユーザーが店舗の情報にたどり着くために使用した検索語句が表示されます。

検索クエリを定期的に参照すると、Googleマイビジネス上の投稿や、広告の原稿を作成するための情報収集に役立てられます。

検索クエリを参照するには、Googleマイビジネスを開き左側のメニューにある「インサイト」をクリックします。次に、検索クエリの集計対象となる期間を選択します。

画面中央にあるドロップダウンリストから、「1週間」「1ヶ月」「四半期」のいずれかを選択すると、選択した期間に対応した検索語句が表示されます。

Google マイビジネスの管理画面「インサイト」のページ
▲[Google マイビジネスの「インサイト」ページ]:Google マイビジネス

検索クエリの分析

検索クエリを分析することで、今後取り入れるMEO対策の参考にできます。

たとえば検索エンジンは「焼肉」と「焼き肉」など、文字の違いや、語句のあいだにスペースが含まれているか否かによってキーワードを区別します。

一見同じ語句に見える言葉でも別のキーワードとして認識してしまうため、公式サイトや店舗情報に含めるキーワードには、整合性を持たせることが重要となります。

Google マイビジネスに登録した店舗や企業情報の検索順位を上げるためには、このような細かい語句の調整も重要な作業です。

また、Googleマイビジネスの情報だけではMEO対策に充分な情報が得られない場合、Google 広告にあるツールのキーワードプランナーなど、他のツールと組み合わせて使うことも効果的です。

キーワードプランナーでは、Googleが持つ検索に関するデータを利用して、コンテンツ作成や広告配信のためのキーワードを見つけたり、キーワードごとの月間検索数を確認したりすることができます。

検索クエリの活用

MEO対策とは、選定したキーワードが検索上位に表示されるように施策を講じ、自身の店舗のページがユーザーの目に触れやすくすることを指します。

従来は電話やルートリクエスト回数などからMEO対策の結果を計算していましたが、現在は検索クエリを参照することでMEO対策の結果や、今後実施する対策にあわせたキーワードの選定ができます。

また近年、検索を実施した場所から近い施設が優先的に表示される「ローカル検索」という機能が検索エンジンに搭載されています。このローカル検索で利用されるキーワードも視野に含めることで、より多様な検索方法に応じた対策を講じることができます。

検索方法と検索数の利用

Googleマイビジネスのホーム画面にある「検索数」項目では、ユーザーが入力した検索語句のタイプや、検索を実行したユーザー数を調べられます。

この画面を参照することにより、ユーザーが自社のブランドや商品をどのように認知しているかを予想しやすくなります。

この項目では、Googleマイビジネスで確認できる検索方法と検索数の見方、そして「直接検索数」と「間接検索数」の増やし方を紹介します。

検索方法で確認できる3つの数字

Googleマイビジネスのホーム画面にある「検索数」を開くと、「合計検索数」「直接検索数」「間接検索数」そして「ブランド名検索数」という4つのデータが表示されます。

  1. 「合計検索数」は、上記のうち「直接検索数」「間接検索数」「ブランド名検索数」これらすべての種類の検索を実施したユーザーの数をあわせたものです。
  2. 直接検索数」は店舗の名前や住所など特定の情報を検索ワードとして使って検索を行ったユーザーの数を指します。
  3. 間接検索数」は、製品・サービスの名前や、それらが属するカテゴリを検索し、自店のページにたどり着いたユーザーの数を指します。
  4. ブランド名検索数」は、自社が販売する物やサービスの製品シリーズ名やブランド名、関連性のあるブランドの名前を検索ボックスに記入して検索を実施したユーザー数のことを意味します。

直接検索数を増やすには

直接検索を実施するユーザーは、該当の店舗をインターネット上で調べていたり、友人やSNSなどのメディアから店舗やサービス内容について概要を把握している人である場合がほとんどです。

直接検索数を増やすには、SNSや雑誌などのメディアを利用したり、Google マイビジネスに写真や最新情報を更新したりするなど、店舗の存在をユーザーに知らせるような工夫が求められます。

間接検索数を増やすには

間接検索を試みるユーザーは、「焼き肉」や「〇〇町 焼き肉」など、店舗が提供するサービスの名前や、地域の情報を検索ワードに含めます。

間接検索は商品やサービスに関する単語や、地域の名前をつなぎ合わせた検索語句を指します。

この間接検索数を増やすには「商品やサービスの名前」「住所」「電話番号」といった情報がGoogle マイビジネスや、連携されたウェブサイトにどれだけ盛り込まれているかが鍵となります。

ブランド名検索数を増やすには

ブランド名による検索回数を増やすには、まず店舗が提供する商品やサービスのブランドがユーザーに認知されているか否かが重要です。

ブランドそのものの知名度が高い場合、Google マイビジネスの投稿機能や、Googleマイビジネスと連携されたウェブサイト、口コミ投稿欄などでブランド名が利用される回数を増やすこともブランド名検索数を底上げする方法として利用できます。

インサイト機能を活用して効果的なMEO対策を

Googleマイビジネスにある「インサイト機能」を利用すると、自身が運営する企業や店舗のページを訪れたユーザーがどのような検索語句を利用したかを分析できます。

さらに、Googleマイビジネスのホーム画面ではさまざまな検索方法で店舗のページにたどり着いたユーザーを調べることができ、来客のながれが掴みやすいことが特徴です。

このように管理画面に搭載されている機能を参照することで、ユーザーの傾向や、利用されるキーワードの特性を踏まえたMEO対策を講じやすくなります。

ある店舗のページを検索上位に表示させるには、インサイト機能を活用して定期的な分析を行い、Googleマイビジネスに登録した店舗情報とユーザーが打ち込む検索語句に解離がないように調整するといった工夫が求められるでしょう。

<参照>

Google マイビジネス ヘルプ:Google マイビジネスへようこそ

Google マイビジネス ヘルプ:インサイトについて

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。