Yahoo!ショッピングの出店手順|他ECサイトとの比較

新型コロナウイルスの影響で、新たな販路としてECサイトへの出店をする事業者が増加しています。

ECサイトはYahoo!ショッピングやAmazonなど様々で、どのECサイトに出店するか、他のECサイトとどう違うのかなど悩むことも多いでしょう。

この記事では、Yahoo!ジャパンが展開するECサイト「Yahoo!ショッピング」について、他サービスと比較しながら運営費用をはじめとするサービスの特徴を紹介し、出店までの手続きを解説します。

Amazon出店方法|プランや手数料・出店までの流れから集客方法まで

以前からECサイトでの販売に注目が集まっていましたが、新型コロナウイルスの影響によりさらに関心が高まっています。ECサイトの浸透が進む背景には、Withコロナ時代での売上確保の他にスマートフォンの普及でECサイトを通じてモノを買うことが1つのチャネルとして確立してきていることが考えられます。この記事では、ECサイトプラットフォームの中でも、特に認知度の高いAmazonへの出店方法やプラン・手数料、出店からAmazon内での集客方法までを解説します。Amazon出店のプランと手数料Amazo...

楽天市場の出店前に知っておくべき出店方法とメリットデメリットとは

新型コロナウイルス(CIVID-19)の影響や事業拡大のために、ECサイトへの出店を検討する事業者も多いでしょう。ECサイトの中でもインターネット通販シェアNo.1の楽天市場への出店を検討する事業者も多いのではないでしょうか。しかし楽天市場の出店は「どうやって運営したらいいのかわからない」「売上を上げられるか不安」など悩む事業者も多いでしょう。この記事では、楽天市場の出店前にしておくべきことや運営方法、知っておくべきメリット・デメリットをご紹介します。楽天市場の出店の基本出店を進める前に、...

Yahoo!ショッピングとは

「誰でも、無料で、簡単にネットショップを開ける」を最大の魅力として掲げるYahoo!ショッピングは、Yahoo!ジャパンが展開するECサイトです。

独自のビッグデータを活用したデータマーケティングを行う民間企業ヴァリューズの調査によると、ユーザー数がもっとも多いのはAmazonであり、次いで楽天市場、Yahoo!ショッピングの順となっています。

ただし、ユーザーの半数は3つのサービスを併用していることが多いようです。

Yahoo!ショッピングは、PayPayといったクレジットカード以外のキャッシュレス決済にも対応しているのが特徴です。

Yahoo!ショッピングの強み

Yahoo!ショッピングの強みの1つとして、運営費用の安さが挙げられます。初期登録費用と月額システム利用料といった固定費、売上ロイヤルティが無料であるため、運営費用を大きく抑えることができます。

たとえ商品が売れない場合でも、毎月の固定費が無料で支払いは発生しないため、ネットショップ初心者でも安心です。

公式サイトでは、月商やキャンペーン原資負担・アフィリエイトパートナー報酬原資などを設定すると、月額費用のシミュレーションが可能です。

またTポイントやPayPayポイントが使えるなど、アフターサービスの幅が広い点も特徴的です。期間限定での運営も可能なため、目的にあった方法で柔軟に利用ができます。

「Site Analyzer」の調査によると、Yahoo!ショッピングのユーザー属性は、Amazonや楽天市場に比べて50代以上の割合が高い傾向にあります。

それらの年代をターゲットとする事業者に適したECサイトといえるでしょう。

Yahoo!ショッピングの機能

Yahoo!ショッピングの機能の1つとして、データ識別ファイルであるCSVを利用した、商品の一括管理機能が挙げられます。

商品データは一度に2万件まで、在庫データは一度に10万件まで、CSVファイルに一括登録することが可能です。

また統計・分析ツールを活用することで運営状況を把握し、効率的な販促戦略を立てられます。

ユーザーの検索キーワードや、ストアに行き着いた経路といった行動履歴、ユーザー属性による客単価の分析ができます。

Yahoo!ショッピングに出店すると、自社サイトなどの外部リンクを自由に設定できるため、ユーザーを誘導しさらなる売上獲得にもつなげられます。

Yahoo!ショッピングの出店費用

Yahoo!ショッピングでは、初期費用、月々の固定費、売上ロイヤリティの3つがすべて無料になるため、無料で登録・出店できます

ただし、キャンペーンの実施費用やアフィリエイト報酬などは、店舗側で負担する必要があります。

月商100万でストアを運用した際の費用をシミュレーションしてみると、他社大手のショッピングモールでは13万円ほどかかる場合があります。

ですが、Yahoo!ショッピングでは最小5万円ほどで済むため、よりお得にECサイトを運用できます。

Yahoo!ショッピングの出店手順

Yahoo!ショッピングに出店する際の登録方法から、厳選ストアのみを集めたショッピングモール「PayPayモールの出店条件について解説します。

また自作ECサイトを開設・運営する場合との比較点も紹介します。

Yahoo!ショッピング出店に必要な情報

Yahoo!ショッピングに出店するには下記の情報が必要となります。出店の申し込みをする前に準備をしておくと良いでしょう。

  • Yahoo! JAPAN ID(Yahoo! JAPANビジネスIDに連携が必要)
  • クレジットカード情報
  • 会社情報(法人の場合)
  • 代表者情報
  • 銀行口座情報
  • 開業届け写し(個人事業主のみ)
  • 住民税の納税証明書写し(個人事業主のみ)
  • 出店予定商材情報

Yahoo!ショッピングへの出店

Yahoo!ショッピング公式サイトにある「出店の申込み」ボタンをクリックすると、申し込み前に必要な情報が記載されたページに移動します。ページ上の「出店の申込み」ボタンをクリックします。

Yahoo! JAPANのログインIDを取得済みの場合、「Yahoo!JAPAN IDでログイン」をクリックします。ログイン後、会社情報などの必要情報を申し込みフォームに入力します。

まだ取得していない場合は、「Yahoo! JAPAN IDを取得」をクリックし、IDを取得します。

Yahoo! JAPAN ID確認画面 Yahoo!ショッピング
▲[Yahoo! JAPAN ID確認画面]:Yahoo!ショッピングより引用

必要項目の入力が終了したら「入力内容の確認」をクリックします。内容に誤りがなければ、ページ下部にある規約への同意にチェックをつけ、「利用条件に同意して次へ」をクリックします。

入力内容確認画面 Yahoo!ショッピング
▲[入力内容確認画面の規約同意部分]:Yahoo!ショッピングより引用

次にYahoo! JAPANビジネスIDの設定を行います。

Yahoo!ショッピングの出店は、Yahoo! JAPANビジネスIDとの連携が必須のため、画面の指示にしたがって連携を行います。

Yahoo! JAPANビジネスID設定画面 Yahoo!ショッピング
▲[Yahoo! JAPANビジネスID設定画面]:Yahoo!ショッピングより引用

入力を完了後、ページ下部の「申し込む」ボタンをクリックします。

以上で出店申請は完了です。その後、法人または個人事業主、取り扱い商材によって提出書類が異なるので、運営の指示にしたがって必要な情報を提出します。

契約の審査が2日〜10営業日で行われ、審査を通過すればYahoo!ショッピングでの開店準備へと進みます。

【注意】Yahoo!ショッピングに出品する際、免許が必要な商材

Yahoo!ショッピングには出品するために免許が必要な商品や出品するには個別で契約が必要な場合があります。自社が取り扱う商品が下記に該当するか、まずは確認すると良いでしょう。

  • 中古品:古物商許可書
  • アルコール酒類全般 :酒類販売業免許
  • コンタクトレンズ :高度管理医療機器等販売業許可証
  • レンタル商材:Yahoo!ショッピング出店でのみ取り扱い可能
  • 役務、サービス商材:Yahoo!ショッピング出店でのみ取り扱い可能だが、別途審査と個別契約が必要
  • ブランド品:仕入先・卸売先、仕入れ方法、正規流通品であることの証明する必要があり審査が必要

PayPayモールへの進出

PayPayモールとは、Yahoo!関連で開かれている大手向けのECモールです。

Yahoo! JAPANの集客力とスマホ決済サービス「PayPay」の連携で、集客を強化できます。

ただし出店条件は、Yahoo!ショッピングベストストアアワードの受賞歴や、過去約90日間のうち80%以上の期間において「優良店」に認定されたかなどであり、多くのECショップにとっては厳しいものとなっています。

そのため個人経営者よりも、大手企業向けの出店に適したECサイトといえます。

その他のECサイト

Yahoo!ショッピングと並び、ECサイトとして台頭しているAmazonと楽天、自作ECサイトとの特徴を比較し解説します。

1. Amazon

AmazonのECサイト「Amazonマーケットプレイス」は、2018年の日本の中小企業における流通売上が9,000億円を達成しました。

競合サイト分析に利用される「Site Analyzer」で2018年8月から1年間のユーザー数推移を見てみると、1人あたりのページビュー数はAmazonがもっとも多い結果となっています。

Amazonは、一般会員向けの価格に加え、法人価格での取引や法人向けの数量割引を設定できる点が特徴的です。

またAmazonは他国のマーケットプレイスに向けた出品や販売方法もほぼ同様のため、海外向け展開が比較的容易です。

2. 楽天

楽天は、Amazonに匹敵する市場規模で、国内向けECサイト・楽天市場を展開しています。1億人以上のユーザーを抱えているECサイトです。

楽天から店舗運営のためのノウハウセミナーやECコンサルタントによる販売戦略サポートなどを受けることが可能です。

また目標とする月商やネットショップの運営経験・運用コストなどによって、4つの出店プランから選び、運営スタイルに合わせた出店ができます。

3. 自作ECサイト

自作ECサイトとは、独自ドメインを取得し個人で運営するネットショップを指します。

ショップのブランディングが自由にでき、自社に合わせて必要な機能などを搭載できるので、自社の運営形態にあったショップ作りが可能です。

ただしECサイト開設から販売、運送まですべて自社で構築する必要があり、大手のECサイトへ出店するよりも手間とコストがかかります。

客足減少対策に通販開始・検討している事業者「約2割」、通販導入には大手ECサイトより「自社HP」が最多

新型コロナウイルスの影響「来客数の減少」が1位に株式会社アースダンボールは、新型コロナウイルスによって営業に支障が出ている店舗や通販・テイクアウトを新しく開始した店舗が増えていることに注目し、「新型コロナウイルスの影響と通販」に関する調査を行いました。調査期間は2020年6月24日から26日、調査対象は店舗型の小売り事業者1,036人です。最初に「新型コロナウイルスによる店舗営業への影響」について聞いてみると、「来客数の減少」と答えた人が34.9%と最多の結果になりました。続いて「時短営業...

Yahoo!ショッピングの出店はECショップ運営初心者向き

Yahoo!ショッピングは、費用を抑えて運営ができるほか、50代以上のユーザーへのリーチが期待できる点が特徴です。事前に公式サイトで運営費用のシミュレーションをした上で、自社商品の主要顧客層をふまえ、出店を検討すると良いでしょう。

Yahoo!ショッピングに出店する際は、競合他社との行き過ぎた価格競争を防ぐためにも、効果的な販促戦略を立てると良いでしょう。

Yahoo!ショッピングの出店は、Yahoo! JAPAN IDを取得した上で、会社情報などの必要情報を申し込みフォームに必要事項を記入して登録申請をするだけです。

出店の手順も複雑ではなく、出店費用も発生しないので、資金が潤沢でない個人事業主やECショップの運営を始めたい人にとって利用しやすいプラットフォームだといえるでしょう。

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。