【Google マイビジネス】重複したビジネス情報を統合・削除する方法|原因や手順も解説

Google マイビジネスは、Google 検索や Google マップなどに、店舗や施設といったビジネス情報を表示し、管理することができるツールです。

店舗等のオーナーはGoogle マイビジネスに登録することで、Google 検索やGoogle マップの検索結果に現れるビジネス情報の住所や電話番号、営業時間や営業日などの情報を編集できます。

見栄えにこだわった写真をアップすれば、来店するかどうか迷うユーザーの後押しをする効果もあるでしょう。

ビジネスチャンスの拡大や売り上げの改善等に活用できるGoogle マイビジネスですが、自社が手掛ける店舗や施設のビジネス情報が複数存在してしまう場合があります。

今回の記事では、ビジネス情報が重複してしまった状況と原因と、その対処法について紹介します。

関連記事:知らなかった!Google マイビジネスの注意点…正しい運用でリスクを回避しよう

1. Google マイビジネス上でビジネス情報が重複

登録しているGoogle マイビジネスが重複してしまうのには、いくつかの原因があります。

原因によって対処法も異なるので、まず重複の理由がどれに当てはまるのかを確認する必要があります。

【原因】管理中のビジネス情報の共有が不十分(Google マイビジネス上でビジネス情報が重複)

アカウントが重複してしまう原因の一つとして、アカウントの管理不足があげられます。

たとえば、店舗をオーナーと店長の2人で運営しているとします。片方がすでにGoogle マイビジネスでオーナー登録しているにもかかわらず、もう一方が再度登録をしてしまった場合、重複したビジネス情報が生まれます。

この場合、ビジネス情報は Google マップには表示されず、Google マイビジネスのアカウントで「ビジネス情報の重複」と表示されます。

Google マイビジネスの管理画面で「ビジネス情報の重複」が示されている画面
▲[Google マイビジネスの管理画面で「ビジネス情報の重複」が示されている]:編集部スクリーンショット


【対処法】「重複」のエラーが出ているものを削除

Google マイビジネスのトップページに戻り、重複しているほうのビジネス情報を選択し、「このリスティングを削除」をクリックします。 

重複したビジネス情報を持つGoogle マイビジネスのトップページ
▲[重複したビジネス情報を持つGoogle マイビジネスのトップページ]:編集部スクリーンショット

Google マイビジネスで誤って作成してしまったビジネス情報を削除

▲[Google マイビジネスで誤って作成してしまったビジネス情報を削除]:編集部スクリーンショット

警告文が表示されます。

ここで示される対応が必要ではないか確認し、いずれも必要なければ「削除」をクリックし、重複したビジネス情報を削除します。

Google マイビジネスでビジネス情報を削除する際の警告文
▲[Google マイビジネスでビジネス情報を削除する際の警告文]:編集部スクリーンショット

Google マイビジネスに複数の重複したビジネス情報が存在し、一度に削除の作業をする場合には、Google マイビジネスのトップページから対応します。

一覧で並ぶビジネス情報に対し、削除が必要なビジネス情報に対し、左側のチェックボックスにチェックを入れ、右上の「操作」から「ビジネス情報を削除」を選択します。

管理画面と同じ警告文が出現するので、確認し「削除」をクリックします。

Google マイビジネスのトップページで、削除したいビジネス情報を選択した画面
▲[Google マイビジネスのトップページで、削除したいビジネス情報を選択]:編集部スクリーンショット

2. Google マップ上でビジネス情報が重複

なんらかの理由で、Google マップ上にビジネス情報が重複して存在する場合があります。

この場合、双方に対して口コミが投稿できたり、ルート検索ができたりするため、一つのビジネスに対するユーザーの評価やインサイトが散在してしまうことになります。

正確な情報の提供、ユーザーの利便性、マーケティングのための資産といった複数の視点から問題があるといえます。

このような状況になる原因と、状況別の対応方法を整理します。

また、オーナー権限の状況にかかわらず、ビジネス情報に口コミ等のユーザーの投稿が存在する場合は、以下に説明するようにサポートセンターに統合を依頼するべきでしょう。

【原因】Google マップによる自動作成/第三者が作成している

店舗や施設のビジネス情報は、Google マップが自動的に作成してくれる場合があります。

Googleは、当該施設に関する名前、住所、電話番号などの詳細情報が掲載されているサイト(サイテーションサイト)から、自動的に情報を取得してビジネス情報を作成することがあります。

自社スタッフがGoogleマップに登録をしていないのにGoogleマップにビジネス情報が存在する場合、Googleが自動的に追加した、もしくは第三者であるGoogleマップユーザーがGoogleマップに追加したことが考えられます。

この場合、店舗や施設のビジネス情報が以前から存在しているにも関わらず、担当者が新たにビジネス情報を作ってしまうことで、情報が重複してしまうことが考えられます。

【対処法1】両方にオーナー権限がある場合→サポートに連絡してGoogle マイビジネスで管理するビジネス情報に統合

重複したビジネス情報の双方にオーナー権限がある場合には、サポートに連絡して統合を依頼します。

Google マイビジネスの管理画面を開きます。画面左側にある「サポート」をクリックすると、ヘルプ画面が右下に現れます。スクロールすると「お問い合わせ」のメニューがあり、これを選択しビジネス情報の統合を依頼できます。

メールを送信する際には、自分の名前と、このビジネスにどのように携わっているかを記載します。たとえば、経営者、従業員、代理人、家族、管理を委託された代理店などです。Googleからの連絡方法は電話、メールから選択できます。

運営しているビジネス名、ビジネス住所、Googleマップのリンク、店舗・施設のウェブサイトなどを項目に沿って入力します。

最後に「問題の説明」という項目があるので、そこにGoogle マイビジネスのアカウントが重複してしまっていること、統合したくて連絡をしている旨を記載します。

Googleのサポートからの連絡は2020年4月の時点で1か月以上待つ状況であることがGoogle マイビジネスのヘルプコミュニティでは伝えられています。

【対処法2】片方にオーナー権限がある場合→Google マップから重複したビジネス情報を報告する

重複したビジネス情報の片方にだけオーナー権限がある場合には、権限がない方を「重複」として報告します。

Google マップにビジネス情報が複数存在している場合も、Google マップの「情報の修正を提案」から削除をリクエストすることができます。

方法としては、Googleにログインした状態でGoogle マップから当該ビジネスを検索し、ページを開きます。

マップ画面の左側に、詳細情報が表示されるので、「情報の修正を提案」とクリックし、「閉業している、または存在しない場所」のフリックを「はい」にします。

理由を選ぶ項目では「他の場所と重複」にチェックをします。

Googleマップに表示される企業のビジネス情報
▲[ビジネス情報にある「情報の修正を提案」]:編集部スクリーンショット

【対処法3】いずれにもオーナー権限がない場合→Google マップから重複したビジネス情報を報告する

【対処法2】と同じ手順で重複を報告します。

【注意1】口コミなど投稿があるビジネス情報は「統合」を依頼

複数のビジネス情報が存在し、なおかつその両方に口コミ等のユーザーの投稿がある場合には、オーナー権限の状況を問わず、サポートセンターへ連絡をして統合の処理を依頼します。

ただし、統合の結果、複数のビジネス情報の投稿が統合後のビジネス情報に集約されるかどうかは明らかではありません。

【注意2】重複が解消するまでには時間がかかる

Google マップに重複して存在するビジネス情報の削除依頼はこの手順で完了ですが、Googleがそれを確認し、削除を実行するまでにかなり時間がかかります。

上記の手順で削除依頼をしたとしても、削除が必ず認められるというわけではありません。Google側でのチェックに時間がかかる上に、最終的に削除がされない可能性もあるので、申請してからどの程度時間が経過しているかを把握しておくことも大切です。

Google マイビジネスのヘルプコミュニティでは、トラブルの多さからサポートへの依頼をおすすめする提案も見られます。

上の節で解説したようにGoogle マイビジネスの管理画面か、あるいはGoogle マイビジネス ヘルプのトップページ下部の「お問い合わせ」からも同様に、サポートセンターに直接問い合わせて統合依頼を出すことが可能です。

Google マイビジネスで管理するビジネス情報の重複には迅速に対応を

Google マイビジネスは、検索により店舗情報をチェックするユーザーに対し、店舗・施設への関心をより惹くことのできる有効なツールの一つです。

店舗や施設の詳細を紹介できる場であるビジネス情報が重複して存在してしまうと、ユーザーがどちらの情報が正しいのかわからず混乱してしまったり、口コミが分散してしまったり、不都合が生じる可能性があります。

Googleからの評価が下がらないようにするためにも、アカウントの管理・維持には注意を払い、重複を発見した場合は速やかに対応することが必要です。

<参照>

Google マイビジネス ヘルプ(ヘルプセンター):重複したビジネス情報を削除または報告する

Google マイビジネス ヘルプ(コミュニティ):ビジネスが重複している場合の統合。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\7,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。



関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。