重複したGoogle マイビジネスの統合|原因・手順・削除する方法も解説

重複したGoogle マイビジネスの統合|原因・手順・削除する方法も解説

Google マイビジネスは、 Google 検索での検索やGoogle マップを利用しているユーザーに対し、ビジネスや店舗の情報を表示できる機能です。

Googleでの検索やGoogle マップを経由して流入したユーザーに対し、施設や店舗の情報を効率よく提供できます。

店舗等の運営者にとっては、Google マイビジネスに登録しておくことで、営業時間などの情報を素早くユーザーに発信できます。

写真をアップすればさらに多く情報を展開することができ、自店舗の詳細を知ってもらうチャンスが広がります。

ビジネスチャンスや売り上げ拡大につながるGoogle マイビジネスですが、作成方法を間違えてしまうと登録が重複してしまう場合があります。

今回の記事では、重複してしまう原因と、その対処法について紹介します。

Google マイビジネスが重複して存在する原因

登録しているGoogle マイビジネスが重複してしまうのには、いくつかの原因があります。

原因によって対処法も異なるので、まずが重複の理由がどれに当てはまるのかを確認する必要があります。

アカウントの管理不足

アカウントが重複してしまう原因の一つとして、アカウントの管理不足があげられます。

たとえば、店舗をオーナーと店長の2人で運営しているとします。片方がすでにGoogle マイビジネスに登録しているにもかかわらず、もう一方が再度登録をしてしまった場合、重複したGoogle マイビジネスが発生してしまいます。

施設や店舗のWeb担当者が変わった場合、引継ぎの際にGoogle マイビジネスについて言及せず、新しい担当者が再度登録してしまう場合もあります。

こうした事態は、管理体制を明確にすることで未然に防止できるでしょう。

Googleによる自動作成

Google マイビジネスは、自分で登録してアカウントを作成するだけでなく、Googleが自動的に作成してくれる場合があります。

この場合、すでにGoogleによって当該施設のGoogle マイビジネスが存在しているにもかかわらず、担当者が新たにアカウントを作ってしまうことも考えられます。

Googleは、NAPと呼ばれる当該施設に関する名前、住所、電話番号などの詳細情報が掲載されているサイト(サイテーションサイト)から、自動的に情報を取得してGoogle マイビジネスを作成します。

自社スタッフがGoogle マイビジネスの登録をしていないのにすでにアカウントが作成されている場合で、NAP情報が掲載されているサイトがGoogle上にあれば、この自動作成の可能性が考えられます。

第三者が作成している場合も

Google マイビジネスのアカウントは、施設運営者やGoogleからだけでなく、誰でも作成が可能です。

店舗運営者やサービス提供者がGoogle マイビジネスを作成した覚えがない場合、第三者が作成した可能性も考えられます。

具体的には、Google マイビジネスへの口コミをしようと思ったのにアカウントがなかったため、利用者がアカウントを作ってくれたなどの例が挙げられます。

重複しているGoogle マイビジネスを統合する

重複しているアカウントを放置しておくと、サイトの評価が下がってしまったり、口コミの分散が起きてしまったり、情報にアクセスしにくいなどの問題が発生します。

重複しているGoogle マイビジネスの統合の手順は以下のとおりです。

  1. 残したい方のGoogle マイビジネスに「オーナー登録」をします。
  2. 消したい方のGoogle マイビジネスに、残す方と全く同じ情報を登録します。
  3. これにより、全く同じ内容のGoogle マイビジネスが2つ存在していることにGoogleが気づき、1つに統合してくれます。
  4. この際「より信頼できる方」をGoogleが判断して残すので、「オーナー登録」がされている方が優先されます。

統合の条件には、「メインのGoogle マイビジネスの店舗情報がオーナー(自分)に管理されている」ことと、「もう一つのGoogle マイビジネスの店舗情報が自分以外の誰かにオーナー登録されていない」ことが挙げられます。

サポートに連絡してGoogle マイビジネスを統合

重複してしまったGoogle マイビジネスを統合する方法には、上記のほかに、メールサポートに連絡をする方法もあります

Google マイビジネスのメイン管理画面を開きます。画面左側にある「サポート」から「ご不明な点がある場合」をクリックし、「アクセス権限とオーナー権限」を開きます。

「その他の問題」をクリックすると、「メールサポート」が表示されるので、そこから現状を伝え、アカウントの統合を依頼できます。

メールを送信する際には、自分の名前と、このビジネスにどのように携わっているかを記載します。

たとえば、経営者、従業員、代理人、家族、管理を委託された代理店などです。Googleのスペシャリストからの連絡方法は電話、メールから選択できます。

運営しているビジネス名、ビジネス住所、Googleマップのリンク、店舗・施設のウェブサイトなどを項目に沿って入力します。

最後に「問題の説明」という項目があるので、そこにGoogle マイビジネスのアカウントが重複してしまっていること、統合したくて連絡をしている旨を記載します。

Googleがメッセージを受け取り、統合処理が完了すると、数日以内にGoogle マイビジネスのサポートから連絡来ます。

削除によるGoogleマイビジネスの重複解消

Google マイビジネスが重複してしまった場合、2つのアカウントを統合するほかに、「大きな修正の提案」と「削除」という対応も可能です。

削除したGoogle マイビジネスは復活することができないので、削除の際は慎重に確認しておきましょう。

1. Google マップで店舗の情報が2つ以上存在している場合

Google マイビジネスではなくGoogle マップで店舗情報が複数存在している場合も、Googleに申し出ることで削除してもらうことができます。

方法としては、Googleにログインした状態でGoogle マップから当該ビジネスを検索し、ページを開きます。

マップ画面の左側に、詳細情報が表示されるので、「情報の修正を提案」とクリックし、「閉業している、または存在しない場所」のフリックを「はい」にします。

理由を選ぶ項目では「他の場所と重複」にチェックをします。

Googleへの削除依頼はこの手順で完了ですが、Googleがそれを確認し、削除を実行するまでにかなり時間がかかります。早急に削除したい場合は、Google サポートセンターに直接問い合わせて削除依頼を出すという方法もあります。

上記の手順で削除依頼をしたとしても、削除が必ず認められるというわけではありません。

Google側でのチェックに時間がかかる上に、最終的に削除がされない可能性もあるので、申請してからどの程度時間が経過しているかを把握しておくことも大切です。

2. アカウント内で同じ住所・店舗のビジネス情報がある場合

一つのGoogle マイビジネスのアカウント内で、重複して店舗情報が存在してしまう場合もあります。

この場合は以下の手順でビジネス情報を削除できます。

  1. Google マイビジネス内の「すべてのビジネス情報」内のTo-doリストに「ビジネス情報の重複」と書かれていることを確認します。情報の修正が必要という意味です。
  2. 開いているページの下部にある「ビジネス情報」「リスト表示」に切り替え、下部左側の「ビジネス情報の重複」を選択します。
  3. 赤字で「重複」の表示が出るマイビジネスが確認できます。
  4. 右側の「重複を削除」をクリックし、対象のビジネス情報の削除が完了します。
  5. 「4」の代わりに、対象となっているGoogle マイビジネスの右側に表示される「このリスティングを閉業、または削除する」からも削除できます。

Google マイビジネスの重複は迅速に対応を

Google マイビジネスは、検索から流入してきたユーザーに的確に情報を伝達し、店舗・施設への関心をより惹くことのできる有効なツールの一つです。

しかし、アカウントが重複して存在することで、ユーザーがどちらの情報が正しいのかわからず混乱してしまったり、口コミが分散してしまったり、不都合が生じる可能性があります。

さらに、同じアカウントが重複することはスムーズな検索流入の妨げにもなり、運営元の店舗にとって不利に働いてしまうことも考えられます。

Google マイビジネスを統合するには、オーナー登録などの準備をした上でGoogleに連絡する必要があり、処理には時間がかかることもあります。

Googleからの評価が下がらないようにするためにも、アカウントの管理・維持を徹底し、重複を発見した場合は速やかに対応することが必要です。

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。