大衆点評とは?中国最大級口コミサイトの店舗登録や集客事例・注意ポイントを解説

大衆点評は、中国版の食べログといわれる中国最大級口コミサイトです。

訪日中国人の集客を強化するツールとして注目度が高まっており、アフターコロナの訪日需要の回復期に向けて訪日中国人をターゲットにしたい飲食店事業者からの注目が集まっています。

この記事では、大衆点評の読み方やサービス概要をふまえ、日本の飲食店が大衆点評に登録するメリットや登録方法、活用事例や活用のポイントまで解説します。

大衆点評とは?

大衆点評は、中国で最大規模の口コミサイトであり、2003年にサービスを開始しました。

大衆点評の読み方について、中国語読みでは「ダージョンディエンピン」、日本語読みでは「たいしゅうてんぴょう」や「たいしゅうてんひょう」となります。

英語では、一般的に「Dianping(ディエンピン)」と呼ばれます。

大衆点評は「中国版の食べログ」と呼ばれるなど、レストランなどの飲食店の登録が多いのが特徴です。

さらに、ショッピング、ホテル、エンターテイメント、クリニック、サロンなど、ジャンルは多岐にわたり、3,000万軒以上の登録店舗数を保有しています。

登録店舗は中国だけにとどまらず、日本をはじめ、1,000以上の世界中の都市をカバーしています。

中国版食べログ「大衆点評」とは

「大衆点評」は中国で広く利用されている生活情報アプリです。日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、中国では日常使いされているチャットアプリ「WeChat」のサードパーティツールとして基本メニューに組み込まれており、利用頻度は相当高くなっています。飲食店はじめ、ホテルやレジャー施設の検索と予約ができるウェブサービスです。「中国版食べログ」とも言われています。そんな大衆点評は、近年増加している訪日中国人の集客力アップのツールとして日本の飲食店などの店舗からも、高い注目を集めています。今回は...

口コミ・施設情報の掲載ができる

「大衆点評/大众点评」は、日本語で「みんなの口コミ」という意味になるように、ユーザーは店舗の口コミ投稿が可能です。

大衆点評では、店舗情報や口コミはもちろん、各種割引チケットやデリバリーサービス、店舗のネット予約など、あらゆるサービスを提供しているのが特徴です。

中国は口コミを非常に重要視する文化があるため、大衆点評で店舗利用者のリアルな口コミや特典情報を事前に確認し、割引チケットを入手した上で来店する方法が広く浸透しています。

カテゴリ別のランキングがある

大衆点評には、飲食店やホテルなど、カテゴリ別に表示されるランキングがあります。

ユーザーはランキングを店舗選びの参考にすることも少なくないため、店舗がランキングに掲載されると大きな集客効果が期待できます。

飲食店は掲載数が多く、ランキングに掲載されることは容易とはいえませんが、ランキング上位に掲載されるようになると大衆点評での露出が増え、よりユーザーの目に留まりやすくなるのが特徴です。

中国最大の口コミサイト「大衆点評」のランキングとは

中国における大手グルメサイトの「大衆点評」は、中国だけでなく世界各国の飲食店を掲載しています。また、飲食店の掲載数が多いものの、ホテルやエンターテインメント、ショッピングなど幅広い業態の店舗を掲載しており、中国人向けインバウンド対策に有効であると注目されています。 この記事では、大衆点評の概要、大衆点評に掲載するメリット、大衆点評のランキングについて解説します。 大衆点評とは大衆点評とは、2003年4月にサービスを開始した、中国発の生活情報サイトです。 世界各国の店舗情報や、それぞれの店舗...

大衆点評に登録するメリット

大衆点評は、中国最大級の口コミサイトであり訪日中国人を多く利用することから、日本の飲食店が登録するメリットも大いにあります。

大衆点評に登録することで期待される2つのメリットについて、中国政府が提供するデータと合わせて紹介します。

訪日中国人に向けたPRが可能に

中国人の特徴の1つとして、飲食店を選ぶ際に口コミを重視する傾向が挙げられます。

中国政府提供のデータによると、個人旅行者の30%以上が旅マエに大衆点評の口コミを参考にしているとされています。

大衆点評は、飲食店の割引特典が得られるチケットも掲載しており、よりお得に飲食店を利用できることから、国内シェア85%以上を占めている口コミサイトといわれています。

このように、飲食店をはじめとした事業者が訪日中国人に向けたPRをする際に、多くの中国人にリーチできるプラットフォームといえるでしょう。

マーケティングに活かせる

大衆点評では、店舗の掲載ページの閲覧数やユーザー属性を把握することが可能なため、事業者はそれらのデータを、訪日中国人をターゲットにしたマーケティングに活用できます。

大衆点評に登録することで、ターゲティングやサービス改善、売り上げ向上のための施策検討に活かせる情報を得られるのは、大きなメリットの1つといえるでしょう。

中国版食べログ「大衆点評」とは

「大衆点評」は中国で広く利用されている生活情報アプリです。日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、中国では日常使いされているチャットアプリ「WeChat」のサードパーティツールとして基本メニューに組み込まれており、利用頻度は相当高くなっています。飲食店はじめ、ホテルやレジャー施設の検索と予約ができるウェブサービスです。「中国版食べログ」とも言われています。そんな大衆点評は、近年増加している訪日中国人の集客力アップのツールとして日本の飲食店などの店舗からも、高い注目を集めています。今回は...

大衆点評の店舗登録

大衆点評は訪日中国人を対象に集客を図る事業者にとって、集客からマーケティングまで、さまざまなメリットがあります。

ここでは、飲食店が大衆点評に登録する際の方法と、3つの有料プランの特徴について解説します。

会員登録

飲食店が大衆点評に店舗登録する際には、まず会員登録が必要です。

「大众点评」アプリインストール後、アプリを起動し、プライバシーポリシーの確認画面が立ち上がります。同意する場合は「同意并继续」をタップします。

登録方法をWechatと電話番号から選びます。ここでは、Wechatアカウントを使って登録を進めます。

「大衆点評」をWechatに登録しているプロフィール画像、登録名、所在地、性別の情報と紐づけます。

次に電話番号を入力します。

入力した電話番号に本人確認のSMSが届くので、記載されている番号をアプリに入力します。その後登録ボタンをタップします。

店舗登録

店舗登録を行います。アプリ画面の右上にある「・・・」マークをタップし、店舗情報を入力する「添加商戸」という画面に進みます。

店舗名や分類、エリアや住所などの全ての項目の入力が終わり「提交」を押すと、店舗登録の申請は完了です。

その後の審査を通過すると、3営業日以内に正式に店舗が登録されます。

登録画面は訪日ラボ「大衆点評の登録方法は?」からご覧いただけます。

中国版食べログ「大衆点評」とは

「大衆点評」は中国で広く利用されている生活情報アプリです。日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、中国では日常使いされているチャットアプリ「WeChat」のサードパーティツールとして基本メニューに組み込まれており、利用頻度は相当高くなっています。飲食店はじめ、ホテルやレジャー施設の検索と予約ができるウェブサービスです。「中国版食べログ」とも言われています。そんな大衆点評は、近年増加している訪日中国人の集客力アップのツールとして日本の飲食店などの店舗からも、高い注目を集めています。今回は...

3つの有料プラン

大衆点評には「ライトプラン」「ベーシックプラン」「VIPプラン」の3つの有料プランがあります。

「ライトプラン」は3つのなかで最も安い月額料金、1万6,000円で利用可能なプランです。

ただし、紹介ページの設置やコメント対応などの機能は利用できない点は注意が必要です。

「ベーシックプラン」は、月額料金3万円で利用可能です。

クーポンやおすすめメニュー掲載といった機能が全て利用できるほか、年間で最大8,000元(約13万6,000円)の広告利用可能額が付与されます。

「VIPプラン」は月額5万円であり、機能はベーシックプランと変わらないものの、広告利用可能額が年間で最大18,000元(約30万6,000円)となっています。

大衆点評を利用した集客事例

日本の飲食店における、大衆点評の活用事例を3つ紹介します。

事例1. 株式会社大庄 庄やグループ

海鮮料理を中心に提供する飲食チェーン「庄や」などを手がける大庄は、2019年1月より大衆点評の「ウォークインチケットサービス」を導入しています。

本サービスは、事前決済型のコース料理を販売する内容であり、訪日中国人の利用が多い4店舗に導入し、和食をリーズナブルに楽しめる飲食店としてPRしています。

事例2. 株式会社一蘭

訪日中国人に大人気のラーメンチェーン店「一蘭」は、大衆点評に登録した日本の飲食店のなかでもっとも多くの口コミを獲得しています。

近年では、一蘭の店舗に訪日中国人の行列ができる様子がネット上でも話題になっており、大衆点評の口コミ情報が集客を後押ししていると考えられます。

事例3. 鰻将本店 (旧 鰻吟総本店)

新宿の「うなぎ料理専門店 鰻将本店」は2018年9月時点で、大衆点評に公式ページの登録をしたところ、訪日中国人の来店による売上が前年比1.5倍に増加しました。

大衆点評の登録と合わせて、中国人がよく利用するQRコード決済の導入なども行ったことで、より大きな集客に成功した好例であるといえるでしょう。

大衆点評活用のポイント・注意点

訪日中国人の集客に広く活用されている大衆点評ですが、活用のポイントを押さえておくとさらに効果的な運用が期待できます。

ここでは、大衆点評を有効活用するための2つのポイントと、運用上の注意を紹介します。

公式登録でより多くの情報が掲載できる

大衆点評における店舗の登録方法には、公式登録と非公式登録の2種類があります。公式登録をすると、以下の4つのメリットがあります。

  1. 「公式情報」と「公式写真」の店舗側での設定
  2. 公式ページに「店舗の特徴」の設定
  3. 口コミへの返信対応
  4. 割引クーポンなどのん配信

大衆点評に登録する際は公式登録をし、店舗に関するより多くの情報を自ら掲載するほか、口コミへの返信やクーポンの配信といった機能を活用することで、さらなる集客を促進につなげるのがポイントです。

店舗の特徴「餐庁特色」の設定と口コミの返信

大衆点評には「餐庁特色」という、店舗のおすすめポイントや基本情報を設定可能です。

店舗情報を詳しく記載することで、店舗に対する信頼向上につながり、来店ハードルを下げる効果が期待できます。

また口コミに対して迅速に対応することも重要です。

中国人にとって、インターネットサービスにおけるレスポンスの速さはサービスの信頼度に直結する大切なポイントとされています。

そのため、口コミが投稿されたらなるべく早めに返信をするなどの施策により、ユーザーとの良い関係を構築、および利用しやすい店舗といったイメージ確立につながります。

表記は中国語のみ

このようにさまざまなメリットがある大衆点評ですが、2020年9月時点では日本語に対応していません。

登録後も、店舗情報などは全て中国語での入力が必須となるため、注意が必要です。

さらに、大衆点評を活用する際には、中国語でユーザーを惹きつけるような魅力的な文章を書けるような人材の確保が重要です。

場合によっては、大衆点評の登録から運用までを代行する業者を利用するなどの対策が求められます。

大衆点評を利用して訪日中国人に向けた店舗集客を

大衆点評は、訪日中国人に向けたPRをしたい飲食店をはじめとした事業者であれば、活用必須のプラットフォームです。

中国人は口コミを重視し店を選ぶ傾向が強いことから、中国最大規模の口コミサイトである大衆点評に店舗ページを掲載しておくことにより、口コミから店舗の認知拡大と集客促進につながる可能性が高まります。

大衆点評に登録する際は、公式登録でより多くの情報を掲載するほか、おすすめポイントの設定、口コミへの迅速かつ誠実な内容の返信を意識することで、その効果を最大限に活用が可能です。

大衆点評の活用とQRコード決済の導入など、さまざまな訪日中国人の受け入れ体制強化の施策を併用して実施すると、より多くの集客が期待できるでしょう。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\7,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。