ローカルパックとは|Google マイビジネスを表示・メリット・3つのタイプ・掲載されるには・ローカルSEO

ローカルパックとは|Google マイビジネスを表示・メリット・3つのタイプ・掲載されるには・ローカルSEO

ローカルパックとは、検索エンジンのGoogleの検索結果画面で表示される、Google マイビジネスのリストです。Google マイビジネスは、Google上に無料で情報を公開し、最新情報を更新・管理できるサービスで、近年店舗や施設での活用がすすんでいます。

ローカルパックを目にする検索ユーザーには、顕在化しているニーズがあると考えられ、店舗や施設はこの領域に表示されるよう工夫することで、集客率の向上が期待できます。

この記事では、ローカルパックの概要やメリット、ローカルパックへ表示されるためのポイントについて解説します。

関連記事
Googleマイビジネスとは?メリットやMEO対策

ローカルパックの基本情報

ローカルパックは、検索ユーザーにとってより利便性が高く、集客に有効とされています。店舗はこのローカルパックに自分のGoogle マイビジネスアカウントが表示されるよう取り組むことで、認知向上や売り上げ拡大も期待できます。

ローカルパックの概要について解説します。

ローカルパックとは

ローカルパックとは、Googleの検索窓に入れたキーワードに応じて、上位に表示されるGoogle マイビジネスのリストです。ローカルパックは、Googleで検索するユーザーの利便性を高めるために存在しています。

「美容室」で検索したときのローカルパック
▲[ローカルパックの例]:編集部キャプチャ

地域に根差したサービスや店舗を運営している業種、たとえば飲食店や宿泊施設、医療施設や教育施設などをユーザーが検索する場合、ユーザーは自分が位置する場所の付近の情報を求めていると考えられます。あるいは、この先訪れる地域の店舗や施設について理解したいというニーズがあり、検索している場合もあるでしょう。

ある地域のサービスを利用したい場合、ユーザーは「地域名+サービス名」という言葉で情報を探します。こうしたユーザーに対し、Googleは検索画面で真っ先に目につく位置に「ローカルパック」として店舗や施設の情報を表示させます。

近隣のお店探しなど、場所に関連した情報は外出先や家などでスマートフォンを使って検索するシーンも多くなっています。ローカルパックは特にスマートフォンを使った情報検索で大きな影響力をもちます。

ローカルパックに表示されるメリット

ローカルパックに表示されるメリットは、店舗の運営するGoogle マイビジネスアカウントの閲覧数が増加することにあります。ローカルパックの表示は、Googleの検索結果の画面で、有料広告を除いて最上位に表示されます。

ローカルパックとして表示されれば、店舗名や営業時間、店舗の場所や電話番号などの情報までも表示されます。こうした情報をもとにユーザーは来店のタイミングなどを決定することも考えられ、結果として集客効果が得られると期待できます。

また、ローカルパックとして表示されるGoogle マイビジネスのアカウントは、Googleによって選出されたその地域の代表として表示されるものだという認識もあるため、消費者からの信頼度も高くなっています。

ローカルパックの表示タイプ

ローカルパックには、通常のローカルパックから、スナックパック、ローカルABCパックと3つのタイプが存在します。

1. 通常のローカルパック

通常のローカルパックはもっともポピュラーなタイプで、「地名+キーワード」でGoogle検索した際、画面の最上部にGoogleマップと上位3店舗が表示されます。

ローカルパックとして表示されるものの大半がこのタイプであり、上位3つに入った状態は「ローカルパック3」と呼ばれます。

「美容室」で検索したときのローカルパック
▲[ローカルパックの例]:編集部キャプチャ

2. ローカルスナックパック

2つ目のローカルスナックパックは、飲食やサービス、娯楽などのカテゴリで適用されるカテゴリです。

通常のローカルパックとの違いは、ローカルスナックパックにはウェブサイトや電話番号といった情報へのリンクがなく、代わりに料理や店内の写真が表示されることです。

「渋谷 レストラン」で検索したときのローカルスナックパック
▲[ローカルスナックパックの例]:編集部キャプチャ

3. ローカルABCパック

3つ目のローカルABCパックでは、ブランド名での検索や「コンビニ」などジャンル名で検索した際に表示されます。このタイプでは、ユーザーからの評価(口コミや星の数など)が表示されないことが特徴です。

こうした3タイプの他にも、「さらに表示」をクリックしたときに表示される「ローカルファインダー」というリストがあります。消費者は、ローカルパック3で期待する店舗が見つからなかった際、さらに情報を得るためにローカルファインダーを閲覧します。

消費者が「さらに表示」を押さない限りは表示されないため、パック3よりも閲覧回数は格段に下がります。そのため、閲覧回数を伸ばして集客効果を高めるためには、パック3にランクインすることが必要不可欠であるといえます。

「駐車場」で検索したときのローカルABCパック
▲[ローカルABCパックの例]:編集部キャプチャ

ローカルパックに表示されるために重要なポイント

ローカルパックに表示するためには、サイト表示を工夫する、Googleマイビジネスに登録する、地域との関連性を明記する、などの工夫が必要です。

以下では、ローカルパックに自店舗を表示させるために必要となるポイントを解説します。

1. スマホに対応したサイトにする

ローカルパックに表示する上で、リンク先のWebサイトをスマホでの表示に対応させることは必須だといえます。

検索は自宅やオフィスのみならず、スマホを使っても行われます。特にローカル検索は外出先からその地域に関連した店舗を探す人が多いため、スマホ検索を行う人が多いことがうかがえます。

ローカルパックで表示されてWebサイトを訪れたものの、スマホ未対応のサイトでは使いづらく離脱してしまうユーザーもいると考えられます。

Webサイトのデザインにレスポンシブデザインを採用し、パソコンとスマホどちらからでも閲覧しやすくすることで、ユーザーにも分かりやすく情報を届けることができます。

2. Google マイビジネスに登録:店舗や会社の情報を無料で掲載

ローカルSEOを始めるにはGoogleマイビジネスへの登録が必要です。Googleマイビジネスを活用し、店舗名や地図、料理・メニューの写真、店舗所在地などの情報を載せることで、Googleの検索結果に表示される情報を管理することができます。

Googleマイビジネスに登録する際には、最新のビジネス情報を入力する、データを詳しく入力する、ビジネスのオーナー確認を行う、営業時間の情報を正確に保つ、ユーザーからのクチコミを返信する、写真を追加するなどのポイントを押さえることで、上位表示を狙うことができます。

登録の際には、店舗名や店舗所在地を省略せず、店舗ホームページの表記と合わせて記載することが重要です。

加えて、営業時間の情報については、祝祭日やイベント時などの特別な営業時間を含めて最新情報を掲載することや、ユーザーのクチコミ投稿へ返信をすること、店舗の雰囲気がわかる写真を追加をすることなどによって、ユーザーの求める情報を提供することができます。

【保存版】Googleマイビジネスとは?メリットやローカルSEO対策について解説

Googleマイビジネスに自社の店舗情報を登録すると、店舗の認知拡大や口コミ・ユーザー層の分析など、さまざまな方法で集客効率化へつなげることができます。Googleマイビジネスを運営していく際には、ただ登録するのではなくローカルSEO対策を意識するなど、うまく活用していくことが重要です。この記事では、Googleマイビジネスについて概要から運用方法まで網羅的に紹介します。GoogleマイビジネスとはGoogleマイビジネスとは、Google検索やGoogleマップなど、Google上に無料...

ローカルSEOの特徴とその必要性

ローカルSEO無料かつ誰でも簡単に始めることができる施策でありながら、集客に効果を発揮します。

地域に関連するサービスとして検索結果に表示されるため、その地域に根ざしたサービス・商品を提供する事業者にとってはメリットの大きい施策です。

以下では、ローカルSEOの概要や必要性、検索で考慮される要素について解説します。

ローカルSEO(MEO)とは?メリットや効率的な集客アップの方法

集客の際にマップエンジンにおいて検索順位の上位に食い込むためには、ローカルSEO(MEO)を行うことが効果的です。しかし初めてローカルSEO(MEO)に取り組む際には、その仕組みや、何から始めればよいかわからないことも多いでしょう。本記事ではローカルSEO(MEO)の仕組みやメリット、やり方、役立つツールなどについて紹介します。ローカルSEO(MEO)とは「MEO」とは、「Map Engine Optimization(マップエンジン最適化)」の略称で、位置情報や「地域名+キーワード」など...

集客効果の高いローカルSEO

ローカルパックを目にする検索ユーザーは、その店舗や施設の近隣で検索をしている可能性が高く、実際に利用する可能性も高くなっています。ローカルSEO施策により、ローカルパックに掲載されることができれば、高い集客効果も狙えます。

ローカルSEOとは、GoogleプレイスやGoogleマップなどといった地域に関連する検索の際、上位表示を目指すことです。Google マイビジネスへの最新情報の更新や、口コミへの返信、SNS情報の更新などがこれに含まれます。

またユーザーが「池袋 イタリアン」「品川 ホテル」といった地域名とサービス名を組み合わせた検索を行った際には、その後の検索結果にも地域情報が反映されます。地域と関連するサービスを提供する店舗や施設は、自社サービスの位置を意識した情報発信や更新を心掛けることで、集客効果が期待できるといえるでしょう。

【ローカルSEO基礎】始める前に知っておきたいコツとポイントまとめ

集客のために広告を出したりキャンペーンを開催したりと、集客力の向上にはさまざまな方法が考えられます。中でも実店舗を持つ事業者に有効なのが「ローカルSEO」です。本記事では、これからローカルSEOに取り組むという方に向け、ローカルSEOの基礎知識や取り組み方、さらには対策にあたって抑えるべきポイントを解説します。ローカルSEO基礎知識ローカルSEO対策を実践するためには、ローカルSEOそのものを理解することが大切です。まずは、ローカルSEOの基礎知識や有効活用が可能な事例を紹介します。基礎を...

ローカルSEO対策の必要性と今始めるべき理由

ローカルSEO対策に取り組むメリットは、多くの人の目に触れやすくなるため、集客効果が見込めることです。

ローカル検索結果は1ページ目の上位に表示され、通常の検索よりも目立ちやすくなります。例えば「渋谷 カフェ」で検索するユーザーは、これから渋谷のカフェに行こうとしている人や、今渋谷で周辺のカフェを探している人が多いと考えられます。

こうした人たちにとって、ローカル検索結果で表示された店舗には情報が詳しく記載されているため、Webサイトの訪問や来店のきっかけとなります。

また、ローカルSEO対策は、誰でもすぐに始めることができます。Googleマイビジネスへの登録が必要となるものの、登録料は不要かつ簡単に登録できるため、時間もコストもかけずにローカルSEO対策を始めることができます。

さらに、ローカルSEO対策が注目され始めたのは比較的最近のことであり、ローカルSEO対策を行っている店舗はまだ多くありません。できるだけ早く対策を始めることで、地域周辺の競合店舗と差をつけることができます

ローカルSEOの3つの要素

ローカル検索では、関連性や距離、知名度の3要素から判断された結果が表示されます。近くの店舗よりも距離が離れていたとしても、関連性や知名度が高いとGoogleのアルゴリズムに判断された場合は、検索結果の上位に表示されることがあります。

要素の1つ目である関連性とは、検索ワードとローカルリスティングの一致度のことです。ビジネスの情報を詳細に記載することで、検索ワードとローカルリスティングとの関連度合いを高めることができます。

要素の2つ目である距離とは、検索ワードで示された場所から検索結果のビジネス所在地までの距離を指します。検索ワードに地名が入っていない場合は、ユーザーの現在地情報をもとに距離が計算されます。

要素の3つ目である知名度は、ビジネスが世の中にどれだけ知られているかを示します。たとえば、有名なブランドとして多くの人に知られている店舗、ランドマークとなるホテルなどは、ローカル検索結果で上位に表示されやすくなります。

ローカルパック掲載で集客を

ローカルパックは、Googleで周辺の店舗情報などを検索するユーザーに対し、効果的に自店の情報を伝えられるサービスです。ローカルパックに表示されたサービスは地域を代表としてもみなされるため、ユーザーからの信頼度も高いことが特徴です。

ローカルパックに表示されるためのローカルSEO対策を行うことで、Google検索やGoogleマップ検索からの来店者増加が期待できます。

また、ローカルSEO対策に必要なGoogleマイビジネス登録は無料かつ誰でも簡単に行えます。店舗情報を詳細に記載し、地域との関連性を明確に記すことで、検索リストの上位表示が見込めます。

現時点でしっかりと対策を取っている店舗はまだ少ないのが現状であるため、事業者は今すぐにでも対策を始めることで、競合に差をつけることができるでしょう。

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。