ローカルSEO(MEO)の評価ポイント|検索結果の精度をあげる方法

ローカルSEO(MEO)の評価ポイント|検索結果の精度をあげる方法

ローカルSEO(MEO)で評価されるには、関連性・距離・知名度の3つがポイントとされています。

店舗を構える事業者にとって、ローカルSEOの対策を行い時点の情報を表示させることが非常に重要視されています。

この記事では、ローカルSEO(MEO)についてや、ローカルSEO(MEO)で評価される関連性・距離・知名度の3つのポイントについて解説します。

関連記事
【保存版】Googleマイビジネスとは?
【ローカルSEO基礎】コツとポイントまとめ

ローカルSEO(MEO)とは?

ローカルSEOとは、「銀座 ホテル」のような、地名と他の検索キーワードを掛け合わせ位置情報や地域名などの場所や地域に影響を受けるキーワードを検索する際の最適化を指します。

場所を問わずに手軽に検索できるスマートフォンの普及で、自分のいる場所の近くの店などを探すローカル検索をする人が増加傾向にあります。

また近年ではiPhoneのSiriやGoogleなどの音声検索で「近くのイタリアン」などの位置情報を使った検索方法も広がっています。

店名など具体的な情報が分からなくても、ローカル検索では「近くの」「周辺」といった大雑把な検索ワードを与えるだけでも、検索が可能な仕組みになっています。

ローカル検索をかけた場合、一般的なサイト検索結果の上に、地図情報と共に3店舗ほどの情報が表示されますが、これは「ローカルパック」と呼ばれるもので、基本的に「Googleマイビジネス」への登録情報を基に表示されます。

ローカルSEO(MEO)のメリット

自社サイトを地域情報検索エンジン上位に押し上げるためにローカルSEOをすべき理由は、大きく分けて3つあります。

1. ローカル検索ニーズの増大に対応

検索の主流が自宅や職場のパソコンからスマートフォンへ移行した今、ローカル検索のニーズは年々増大しています。

そのため、ローカルSEOをすることで、こうした新しいユーザーのニーズに応えることが可能になり、結果として集客につながります。

2.即効性のある集客

ローカルパックには、ユーザーの位置情報や検索ワードに基づく限られた地域の中から、Googleマイビジネスに登録されている実店舗のみしか表示されません。

そのためローカルSEOは、一般的なSEOよりも効果に即効性があるといえます。

さらにローカルパックの表示は比較的最近始まったサービスであり、まだまだローカルSEOに乗り出している店舗が少ない点からも、結果に即効性があるといえます。

3. 検索が集客に直接結びつきやすい 

現在地周辺の店情報を検索している人は、家でPCなどから検索している人と比較すると、これからすぐに行きたい店を探している確率が高いといえます。

そのため、検索結果上位に表示されることで直接集客に結びつきやすい傾向にあります。

ローカルSEOとSEOの違い

SEOとは「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の略語で、検索エンジンに対して自社のWebページの評価を上げ、上位に表示されるように最適化することを指します。

検索順位は複数の評価の要素をアルゴリズムでランク付けした結果に基づいて決められ、Googleの場合には、この評価要素が200種類以上あるとされています。

ローカルSEOの場合には、この一般的な要素の他に地域性検索ユーザーの位置情報といった独自の要素が加わります。

この点が一般的なSEOとの一番の相違点です。

ローカルSEO(MEO)で評価される3つのポイント

Googleが公開している情報によると、ローカル検索結果にサイトを表示するために大切な要素は「関連性・距離・知名度」の3つです。

ローカルSEO(MEO)ポイント1. 関連性

Google検索における関連性とは、同社が無料で提供する「Googleマイビジネス」との関連性を指します。

Googleマイビジネスに登録することではじめてローカルパックに店の情報が表示されるため、このサービスへの登録は欠かせません。

Googleマイビジネス向けのローカルSEOとしては、ビジネス情報を常に最新のものにアップデートする店舗の写真を掲載するクチコミを管理するなどが挙げられます。

ローカルSEO(MEO)ポイント2. 距離

ローカル検索においては、検索語句やユーザーの現在地情報に基づいてユーザーから店舗までの距離が計算されます。

そのため店が移転した場合などは、すぐに登録住所を最新のものにすると良いでしょう。

ローカルSEO(MEO)ポイント3. 知名度の高さ

オフラインも含めた知名度の高さのことを指します。

リンク、記事、店舗一覧、クチコミ件数なども加味されるため、口コミの管理をしっかり行うことがローカルSEOにつながります。

しかしローカルSEOは、一般的なSEOと比較するとその基準がある程度公開されていることもあり、より対策を講じやすいといえます。

Googleマイビジネスでランキング上位になるには?MEO対策について解説

Webマーケティングが注目されている近年、MEOに効果的なツールとしてGoogleマイビジネスに登録する企業や店舗が増加しています。 ただ登録するだけでは十分な効果は得られず、効果的なマーケティングにつながるかどうかは活用の仕方次第です。 この記事ではGoogleマイビジネスの概要、ローカル検索やMEOの意味、Googleマイビジネスの効果的な活用方法について解説します。 Googleマイビジネスとは Googleマイビジネスとは、企業や店舗のビジネス情報をGoogleの検索結果やGoog...

ローカルSEO(MEO)のポイントを押さえ集客を

多くのユーザーがローカル検索や音声検索により、近くの店舗の情報を素早く収集するようになっています。

そのため店舗経営者はローカルSEO(MEO)への理解と施策の実施が求められています。

ローカルSEO(MEO)対策を行い、Googleに評価されるには、下記の3つのポイントが重要です。

  1. 関連性
  2. 距離
  3. 知名度

これらのポイントを抑えた運営を行うことで、集客力の向上につながるでしょう。

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。