販促アイデアまとめ|オンライン・オフラインごとの方法と事例紹介

販促アイデアまとめ|オンライン・オフラインごとの方法と事例紹介

商品やサービスを提供する企業にとって、新規顧客やリピーターを獲得し売上を向上させるために販促は欠かせません。

しかしこれまで取り組んできた販促では思い通りに効果が出ず、ほかにどういった販促方法があるのかや最適な販促方法がどれなのかを知りたい事業者も多いでしょう。

本記事では、さまざまな業種で活用できる販促の方法について、その概要販促のポイント実際に成功している事例を紹介します。

販売促進(販促)の意味は?効果的な11の施策&2つの事例・マーケティングとの違いを徹底解説!

企業や店舗において販売促進(販促)のための施策を打ち出したくても、具体的にどのような方法があり、どの程度の効果を持つのかがわからずに困ってしまうこともあるでしょう。そのような悩みは、販売促進の概要や必要性を理解し、過去の成功事例を知ることで解消できます。この記事では販売促進という言葉の意味、3種類の販売施策と13の具体的な方法、過去の成功事例について解説します。販売促進(販促)とは?販売促進とは、消費者の購買意欲を刺激し購入を促すためにするさまざまな活動のことです。よく似た言葉に「マーケテ...

今さら聞けない「販売促進(販促)」とは

販売促進とは、売上・利益を増大させるために消費者の購買意欲を刺激するさまざまな施策を実施することです。モノやサービスが飽和し、質の向上や低価格化だけでは消費者の目をひくことが難しくなった現代において、企業や店舗ではこれまで以上に販売促進の重要性が認識されてきています。この記事では、販売促進の意味や販売促進にかかわる「4P」「4C」の概念、そして販売促進の具体的な方法や実際の事例について解説します。販売促進とは?販売促進とは、消費者の購買意欲を刺激するために企業や店舗が手がける一連の活動のこ...

販促アイデアまとめ(オンライン、オフライン別)

販促にはあらゆるツールが使われており、概ねオンラインとオフラインに分類できます。

販促の概要について触れながらオンライン、オフラインでそれぞれどのような販促例があるのか具体例を紹介します。

販促とは

「販促」とは「販売促進」の略で、「セールスプロモーション」を指します。商品やサービスを売る側が、消費者の購買意欲を向上させることにより、商品やサービスを購入させるためのさまざまな取り組みです。

商品やサービスの売上を上げるための取り組みにはマーケティングも挙げられますが、マーケティングにおいては消費者を対象とした活動を指します。一方で販促においては、商品を対象とした取り組みを指します。

オンラインでの販促アイデアまとめ

オンラインで販促に取り組む際には下記のようなツールを用います。

  • ソーシャルメディア:ユーザーとの距離が近く、関係性を構築しやすいツールです。
  • ネット広告(リスティング、アフィリエイト、リマーケティング):利用には料金が発生しますが、多くの人の目に触れるため認知拡大の目的で利用されます。
  • メールマガジン:近年ではAIを使いユーザーに合わせた内容のメールマガジンを送ることも可能です。
  • 動画:YouTubeでの広告動画やSNSでの動画の配信などあらゆる場所で使われます。
  • ホームページ、ブログ:的確な役割を与え、それに沿ったホームページやブログ作成をすることでより力を発揮します。
  • Web漫画:身近な漫画でアピールすることで伝える精度を高められます。
  • オンラインサロン:商品やサービスに興味がある人が入会するケースが多いので、売上増への期待が高まります。
  • SEO:検索エンジンで上位に表示させることでより多くの人の目に留まります。

オフラインでの販促アイデアまとめ

一方オフラインで反則に取る組む場合には下記のようなツールが活用されます。

  • ダイレクトメール:情報提供だけでなく、クーポンや試供品を同封することもあります。
  • イベント:商品やサービスを体験する場として販促に有効な方法です。
  • PR活動(プレスリリースなど):メディアに対する働きかけ等を通して、費用をかける広告とは違う観点で販促ができるのがメリットです。
  • チラシ(新聞折り込み、ポスティング、街頭):ターゲットとなる地域が明確化つ限定的で予算をおさえたい場合に利用されます。
  • 新聞、雑誌広告:新聞の折り込み広告は信頼性が高く、雑誌はジャンルに合わせた効果的なプロモーションができます。
  • 看板、のぼり、交通広告:一定の利用者がいる電車や駅の広告は費用が高い分多くの人に情報を届けられます。
  • 店舗の内装・外装:人通りが多い場所に面した店舗であれば、のれんや看板などでの積極的なアピールが効果的です。
  • 営業ツール、社用車での広告、イメージの統一:顧客に与えるイメージを統一させるために、自社で利用するツールのイメージの統一が重要です。
  • キャンペーン:新規顧客獲得のためのキャンペーンやリピーター獲得のためのキャンペーンなど多種多様なキャンペーンがあります。

小売店の集客アイデアが知りたい!なにをすれば人が集まる? オフラインとオンラインの施策を整理・事例も紹介

小売店にとって、お客さんに店舗を実際に訪れてもらえるかどうかは経営上重要な要素です。ここではどのように集客すればよいのか、そのアイデアと実践方法についてご紹介します。集客力を構成する要素そもそもお客さんを店舗に引き寄せる集客力は複数の要素で成立しています。集客力がどのようなものか、またその要素について詳しく解説していきます。集客力とは集客力とは英語で「Ability to attract customers」といい、直訳すると「顧客を引き付ける能力」です。店舗にどれだけお客さんを訪れさせら...

販促を効果的にするためのポイント

前述の通り販促にはあらゆる手段があり、方法ごとに適切な商品やサービス、ターゲットが異なります。

効果的に販促に取り組むためにはいくつかのポイントをおさえなければなりません。

ターゲットを絞る

もっとも重要なのが販促のターゲット選定で、商品やサービスを届けたいターゲットの年齢や性別などを把握し、その層の特徴に合わせ利用頻度の高い方法で販促をしなければ、届けたい層に必要な情報を届けられません。

またターゲットによって行う販促の施策も変わってくるため、明確なターゲットの選定が重要となります。

店舗や会社に合った方法を選ぶ

販促にはいくつかの方法があるので、自社がどの方法ができるのか、ターゲットが利用しているツールなどを考慮し適切な方法を選ぶとより効果的です。

  1. 新規顧客の獲得・見込み客の獲得(広告、SNS)
  2. リピート客の獲得(LINE公式アカウント、再来店クーポン)
  3. 常連客を優良顧客へと育成(会員制度、メルマガ)
  4. 常連客へ紹介を促す(紹介制度)
  5. 過去の顧客で長期間利用していない人の再来店を促す(ダイレクトメール)

季節に合わせた販促をする

商品やサービスによっては季節ごとに利用の傾向や頻度が変わるものがあります。

そういった場合には季節に合わせ販促するとより高い効果が期待できます。また季節感を活かすことで、既存顧客を飽きさせないことも可能です。

店舗を持つ場合は、店内内装を季節の雰囲気に合ったものに変えることも有効的です。

さらに、季節だけではなく「東京オリンピック」のようなトレンドを取り入れて販促をするとより多くの人の目に留まります。

販促アイデアで成功した企業の事例

販促に取り組む企業の中にはアイデアを活かし販促に成功した企業も多くあります。

本記事では「British Airways」と「コカ・コーラ」の2社の販促アイデアに着目して、アイデアの活用について解説します。

British Airways:デジタルサイネージの活用

イギリスの航空会社である「British Airways」は、販促にデジタルサイネージを導入し成功しました。

British Airwaysが活用したのはロンドンにある広場に設置されたスクリーンでした。

そこではある時間になると一人の男の子が登場し、歩きだします。

彼は空に向かって指をさすのですが、その指の先には実際にBritish Airwaysの飛行機がタイミングよく飛んでくるというものです。

スクリーンとリアルを掛け合わせたユニークな広告アイデアといえます。

コカ・コーラ:食品メーカーとのタイアップしてセットで販売

コカ・コーラは季節に合わせ、あらゆる食品メーカーとタイアップしています。

コカ・コーラの調査では、多くの消費者が「食事を意識して飲み物を買う」ことや「炭酸飲料は遊んでいるときや勉強しているときより食事時に飲む」ということが判明しました。

これを利用し、2月の受験シーズンには温かいメニューと一緒に飲んでもらうため、チキンラーメンを添付しました。

さらに4月には花見を想定し「おむすび山」を、5月にはスタミナ料理をテーマに焼肉のたれをつけ、売上増に成功しています。

販売促進の事例

キャンペーンやセールなど、さまざまなプロモーションによって消費者の購買行動を促す販売促進(販促)ですが、間違った方法で販売促進をしていても集客や売上、利益、収益につながりません。この記事では販促の目的、効果、手法や、これまでに企業が行った販促の成功事例について紹介していきます。目次いまさら聞けない販売促進(販促)とは販売促進(販促)とは販促と似ている言葉販売促進の効果集客アップを実現した販促手法3選1.対象や期間を限定する「制度手法」2.景品や特典を設ける「プレミアム手法」3.サンプリング...

販促は適切なアイデア選びと工夫が必要

販促には大きくオンラインとオフラインがあり、それぞれにメリットやデメリットがあります。

またそれぞれのツールを利用する年齢や性別にも傾向があり、提供する商品やサービスの内容によって適切な方法を選ぶ必要があります。

また、常に同じ内容の販促をしていては顧客に飽きられてしなうので、季節やイベントといった一過性のものを取り入れながら、その季節に合った販促に取り組むことが重要です。

工夫を凝らしたアイデアで販促に成功している企業も多く、複数の販促方法を組み合わせたり、複数のコツを組み合わせることでより高い効果が期待できるケースも多くなっています。

企業や店舗が販促において今どのステップにいるのかを把握し、そのステップに会った方法をうまく取り入れることでより効果が期待できます。

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。