PRと広告の違い|定義・代理会社の違い・メリットとデメリットを紹介

PRと広告の違い|定義・代理会社の違い・メリットとデメリットを紹介

PR」と「広告」は混同されやすいキーワードですが、違う意味を持ち、役割が異なります。

この2つのキーワードの違いを明確に認識することが、認知獲得に向けた活動につながります。

この記事ではこの2つのキーワードの違いやメリット・デメリット、その活動をサポートするPR会社や広告代理店の違いなどについて解説します。

PRと広告の違い

「PR」と「広告」は、混同しやすく間違えやすいキーワードですが、意味は大きく異なります。

インターネットやSNSを利用したマーケティングや情報発信が盛んになり、宣伝方法が多岐にわたる今、これらのキーワードを正しく認識する必要があります。

PRとは

PRとは、パブリックリレーションズ(Public Relations)の略です。組織を取り巻く個人や社会などを含む、公衆の理解や信頼を得るために良好な関係を築くという考え方または行動を示します。

このPRの活動として良く行われる手法が、パブリシティ活動です。組織や企業が、発信したい情報をリリースなどで情報提供し、その情報に関心を持ったテレビ、雑誌などのメディアに客観的な情報として消費者に発信されるための活動を指します。

SNSなどのインターネットを介した情報発信が幅広く行われる昨今では、消費者に直接情報を発信する活動もPRとして行う場合があります。

広告とは

広告とは、広告主となる企業が発信したい情報をテレビCMや雑誌、OOH(Out of Home:屋外広告)と呼ばれる交通広告などの広告枠などを買い取り、発信することを指します。

PRはメディアなどが情報を中立的な情報として発信するのに対し、広告は料金を支払って枠を抑えているため、企業は発信したい内容を変えることなく、掲載時期、発信方法を選択して消費者に発信できます。

この手法は、長い間日本の宣伝広報で用いられています。

広報と宣伝の違いとは?PRとの違いやSNS活用方法と注意点について

企業、商品、サービスの情報を世の中に広めていくには、「広報」や「宣伝」といった活動が必要ですが、広報と宣伝は混同されがちです。「広報」と「宣伝」の違いを知ることで、発信したい情報を的確にターゲットに届けることができます。この記事では、広報と宣伝は何が違うのか、広報の持つ役割について解説します。また、現代の広報、宣伝において大きな力を持つSNSについても触れ、SNSを活用する際のポイントやメリット、注意点などを解説します。広報と宣伝の違い「広報」と「宣伝」違いをそれぞれの意味を確認しながら、...

IR(インベスターリレーションズ)とは|活動内容・広報との違い・日本IR協議会を紹介

投資家にとって企業の業績や財務状況を知ることは非常に重要であり、投資家が必要な情報を収集する際に、企業側が投資家へ情報を有効的に届ける手段がIR(インベスターリレーションズ)です。IR活動に適切に取り組むことで、株主や投資家に信用できる企業だという印象を持ってもらえるだけでなく、投資へと結びつくことで株価の上昇や既存の株主へより大きな恩恵をもたらせます。広報活動と混同されがちなIR活動ですが、その違いや導入のメリット、サポート体制について理解することでスムーズに導入へと踏み切れます。IR(...

PR会社と広告代理店の違い

PRや広告活動の代理またはサポートを行うのが、PR会社や広告代理店です。

この2つの業種も混同されがちですが、目的や活動が異なるため、どのような宣伝広報活動をしたいかによって依頼場所が変わります。

PR会社

PR会社とは、クライアントとなる企業や組織の広報PR活動をサポート、または代理で行う会社のことを指します。具体的には以下のような業務を請け負っています。

  • PRに関するプランニング及びコンサルティング
  • プレスリリースの制作や配信
  • PRイベントの開催
  • インフルエンサーや著名人への商品サンプリング
  • テレビ、雑誌などのへのキャラバン、取材対応
  • メディアからの取材依頼対応

クライアントはPR会社に対し、月単位または商品や案件ごとにスポットで料金を支払い、上記のような業務を依頼します。

PR会社は依頼に合わせて企業とメディアの橋渡しやメディア掲載のためのアドバイスをし、PRしたい情報と公衆の関係を良好に保ちながら情報発信する手助けをします。

メディアからの情報発信だけでなく、インターネットやSNSを利用した情報発信が盛んな現在ではPR会社の領域はさらに広がり、FacebookやInstagramなど企業の公式SNSの運営・構築、インフルエンサーへのPRなども行います。

広告代理店

広告代理店ではクライアントの広告やマーケティング活動の仲介ならびに制作などを担っています。

クライアントの考えるゴールや課題をヒアリングし、それに合わせたプロモーション活動の提案、広告の制作、雑誌・テレビなどでの掲載枠の購入にかかわる手続き業務などを代理で行います。

以下が仕事内容の具体例です。

  • 新聞・テレビ・インターネットなどの広告の制作と出稿
  • 街頭、店頭などでのキャンペーンの実施
  • 屋外広告の制作と出稿
  • CMの制作と掲載枠購入の仲介

具体例にもある通り、広告の掲載場所は多岐に渡ります。メジャーな雑誌やテレビでの広告だけでなく、街頭にある大型モニターでの告知や電車のつり革広告、駅構内のポスターなどあらゆる場所での広告に関する業務を請け負っています。

PR・広告それぞれのメリット・デメリット

PR・広告はどちらも認知獲得のために欠かせない手法ですが、それぞれメリットとデメリットがあります。これらを理解していない場合、期待した反応が得られない、費用がかさむなどの問題が起きる可能性があります。

PRのメリット・デメリット

PRのメリットは、話題性のある内容の場合、テレビやネットなどのメディアから取り上げられやすく、多くの媒体で報道される可能性が高くなることです。さらにPRで発信された情報はメディアが判断し公的な情報として発信するため、基本的には掲載費用がかかりません

報道を介して紹介された情報は宣伝色が薄くなり、第三者からの客観的な情報として消費者に捉えられやすい特徴があります。

デメリットは、メディアが主導権を持って掲載可否を判断し、メディアのタイミングで情報が発信されるため、掲載の確約がなく、発信時期がコントロールできません

発信内容もメディアがどう報じるかを決定する権利があるため、意図した通りに発信されるとは限らず、場合によっては炎上や非難が起こる可能性があります。

広告のメリット・デメリット

広告のメリットは、発信する内容などすべてをコントロールできるため、ブランディングがしやすい点です。掲載時期や箇所も選択でき、ターゲットに向けて同時に多くの広告を掲載することも可能なため、広告の波及効果を予測しやすくなります。

デメリットは、効果が見込みやすい掲載場所や時期は他企業などからも人気が高く、最適な広告の掲載枠を押さえようとすると料金が高くなる場合があることです。

またPRにもいえるデメリットですが、PR会社や広告代理店が間に入って広告制作などの活動をする場合、考えていた内容とのズレが起こる場合があります。

そのため、各担当者との密なコミュニケーションが求められます。

PRと広告の違いを理解し、どちらを行いたいのか確認

「PR」と「広告」はそれぞれに得意分野が異なり、目的に合わせた依頼が必要です。広告代理店は広告やキャンペーンを意図的にタイミングを見計らって公衆に出せるため、瞬間的な認知獲得、話題作りが得意です。

それに対しPR会社は、段階的なPRで時間がかかる場合もありますが、ストーリー性のある情報発信が得意です。

大手広告代理店ではグループ会社にPR会社を持つ場合も多く、その逆のパターンもあります。

PR会社と広告代理店の業務内容には違いがありますが、依頼内容によっては双方が連携しながらさまざまな施策を打ち出していくケースも多くあります。

商品やサービスなど、発信したい情報を誰に向けて、いつ、どのように認知されたいかを考えるとプランを作りやすく、広告会社またはPR会社に依頼べきかが明確になります。

またインターネットやSNSを使用した施策も増えた今では、これらを使用した広告・PR方法についても常に情報を取得することが今後さまざまなコミュニケーション施策を立案するうえで近道といえます。

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。