【保存版】Googleマイビジネスとは?メリットやローカルSEO対策について解説

Googleマイビジネスに自社の店舗情報を登録すると、店舗の認知拡大や口コミ・ユーザー層の分析など、さまざまな方法で集客効率化へつなげることができます。

Googleマイビジネスを運営していく際には、ただ登録するのではなくローカルSEO対策を意識するなど、うまく活用していくことが重要です。

この記事では、Googleマイビジネスについて概要から運用方法まで網羅的に紹介します。

関連記事:基礎から学ぶ「Google マイビジネス」まずは店舗を登録して集客につなげよう

Googleマイビジネスとは

Googleマイビジネスとは、Google検索やGoogleマップなど、Google上に無料で情報を公開し、最新情報を更新・管理できるサービスです。

Googleマイビジネスに登録しておくことで、店舗情報の掲載による集客サポートとして利用できます。

集客につなげるには、ローカルSEO対策が重要となります。

Googleマイビジネスの概要

Googleマイビジネスを利用することで、Google検索結果上やGoogleマップビジネス情報を表示できます。

Googleマイビジネスに、社名、店舗名、電話番号、住所、営業時間といった店舗の基本情報を登録すると、Googleの検索ページやGoogleマップに表示されます。また、店内やメニューの写真を投稿することや、顧客が投稿した口コミへの返信もできます。

Googleマイビジネスは、対象となるビジネスと、そうでないビジネスがあります。ガイドラインによると、「営業時間内に顧客と直接対応するお店やサービス」が対象の一つとしてあげられます。つまり、飲食店や小売店のように実店舗を持つことを意味します。例外として、セルフサービスのビジネスや、季節限定営業のビジネスも対象になることがあります。

対象とならないのは、主に不動産賃貸物件や販売物件などの物件自体です。ただし、物件を管理する不動産店は対象となります。そのほか、代表権のない継続的なサービスも対象外となります。

対象ビジネスに関して、店舗のサービス業態を示すカテゴリが1,500以上用意されています。ユーザーは目的に合わせて、Googleマップ上からカテゴリ別の店舗検索もできるため、カテゴリ一覧から「アジア料理」「イタリア料理」など自店舗に適したカテゴリを登録することで、ターゲットとなるユーザーに店舗を見つけてもらいやすくなります。

Googleマイビジネスでは設定したカテゴリに応じて登録する情報が異なり、カテゴリごとに適した情報が掲示される仕組みになっています。

関連記事
Googleマイビジネス最適化
Googleマイビジネス対象のビジネスとは?
Googleマイビジネスのカテゴリとは?

Googleマイビジネスのメリット

Googleマイビジネスに登録するメリットとして、まず挙げられるのが、無料で掲載できることです。多くのユーザーを持つGoogle上で、広告費をかけずに店舗情報を公開できます。オーナーGoogleマイビジネス内に営業時間などの店舗情報を細かく記入したり、写真を多く掲載したりすることで、ユーザーに店舗情報、雰囲気や外観、メニューなど詳細を分かりやすく伝えられます。

ほかにも、ユーザーが店舗に対して口コミを投稿できる機能もあるため、オーナーは多くの口コミを獲得することで集客に活かせます。このように、Googleマイビジネス内の情報をより充実させることによって、さらなる集客への効果を期待できます。

また、Googleマイビジネスではユーザー分析のサービスを無料で活用できます。たとえば、Googleマイビジネスの画面から、ユーザーがどの検索キーワードでサイトページにたどり着いたか、写真の閲覧回数はいくつかといった情報を確認できます。

そういった情報をもとに、キーワードがGoogle検索結果上にきちんと反映されているかどうかを把握してローカルSEO対策に活用することや、人気の写真やそうでない写真の分析から、どのようなものが好まれるかといったことを考えることで、今後の集客方法に活かすことができます。

このように得られた情報を分析することで、より効果的な集客方法を実践できます。

Googleマップ登録方法と手順

Googleマップに登録したい!登録方法と活用方法とは?ルート検索のアプリとして多くのユーザーから支持されているGoogleマップですが、集客力アップの手段として店舗や企業からも注目を集めています。Googleマイビジネスに登録をすることによって、Googleマップにお店の情報が掲載されるため、多くのユーザーの目にとまるようになります。しかしGoogleマップにどのように登録をしたらいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。この記事では、Googleマップの登録方法と活用方法に...

Googleマイビジネスとは|無料のツールで集客・活用方法・メリットや注意点を徹底解説

Google マイビジネス(グーグルマイビジネス)とは、Google 検索やGoogle マップなどのGoogleが提供するサービス上に表示される店舗や企業のビジネス情報について、管理や更新ができるツールです。無料で利用できるツールであり、Googleの検索ユーザーを集客する効果もあるとして人気を集めています。Google マイビジネスをどのように利用すれば、インターネット上での集客ができるのでしょうか。この記事ではGoogle マイビジネスの概要、基本機能、登録方法と利用する上でのメリッ...

GoogleマイビジネスでローカルSEO対策

Googleマイビジネスを使うことでGoogleマップ上に自店舗の情報が掲示されるようになり、マップ上に情報が載ることで、ローカル検索への対策ができるようになります。

ローカル検索とは、ユーザーの位置情報や検索したワードに含まれる地名によってGoogle上の検索結果の順位が変わるシステムです。たとえば、「東京 居酒屋」で検索すると、都内の居酒屋が優先的に上位に表示され、Googleマップにも表示されます。

MEO(Map Engine Optimization)は「ローカルSEO」とも呼ばれ、Googleマップエンジンにおける最適化を意味します。Google検索で「地域名+キーワード」を検索した際、検索結果として上部にGoogleマップの枠が表示されます。

マップ上には、検索対象の地域やキーワードに該当する店舗が表示され、ユーザーが簡単に店舗を探せるようにアルゴリズムが組まれています。そのため、ユーザーが検索した時に優先的に結果が表示されるようになるためには、ローカルSEO対策が重要となります。

ローカルSEO対策として重要なポイントは、情報を細かく記載し、こまめに管理することです。ローカル検索での検索キーワードとローカルリスティングの一致度を高めるために、ビジネス情報をより多く記載すると、

検索キーワードにヒットする可能性が高まります。そして、新しい写真を追加する、顧客へ返信するなど、定期的に情報の更新を行うことで顧客への信頼にもつながります。

Googleマイビジネスでランキング上位になるには?MEO対策について解説

Webマーケティングが注目されている近年、MEOに効果的なツールとしてGoogleマイビジネスに登録する企業や店舗が増加しています。 ただ登録するだけでは十分な効果は得られず、効果的なマーケティングにつながるかどうかは活用の仕方次第です。 この記事ではGoogleマイビジネスの概要、ローカル検索やMEOの意味、Googleマイビジネスの効果的な活用方法について解説します。 関連記事:基礎から学ぶ「Google マイビジネス」まずは店舗を登録して集客につなげようGoogleマップとは?Goo...

ローカル検索とは

ローカル検索とは、特定地域のユーザーに対して地理的ニーズを汲み取った上で検索結果の掲載順位を変動させるGoogleのサービスです。Googleに対するSEOと同様に、ローカル検索においてはMEOと呼ばれる対策によって、検索結果の順位を向上させることができます。今回は、ローカル検索の概要、掲載順位決定の要因、Googleマイビジネスを活用したMEOについて解説します。 目次ローカル検索とは?同じ都道府県でも違う結果がユーザーが検索する意図は?表示の順位はこう決まる!関連性 知名度掲載順位はG...

Googleマイビジネスの機能

Googleマイビジネスには、問い合わせ機能や情報管理に対していくつかの機能があります。

ヘルプセンター

Googleマイビジネスには、運営において困ったことがある場合、ヘルプセンターという問い合わせ機能を利用できます。ヘルプセンターから検索すると、解決のための手順やよくある質問に対しての回答が表示されます。

回答が得られなかった場合には、Googleマイビジネスのユーザー同士が質問と回答ができる「ヘルプ コミュニティ」も利用できます。

ほかにも、用件によってはヘルプセンターから「折り返し電話をリクエスト」「メールサポート」を利用でき、ヘルプセンターに直接悩みや疑問を相談できます。

Googleマイビジネス「ヘルプ」の活用方法

「Googleマイビジネスの存在は知っているけれど、集客や販売促進に活用していく方法が分からない」と頭を悩ませている事業者の方は多いのではないでしょうか。本記事では、Googleマイビジネスの概要や機能、サービスを使用していく中で、疑問や分からないことが生じた際に役立つ「ヘルプセンター」について解説します。関連記事:もっと活用!Google マイビジネスで追加すべき情報とは?コロナ禍、Googleマイビジネスで必ずすべき3つのこと飲食店なら絶対設定!テイクアウト・デリバリー情報360°写真...

Googleマイビジネス問い合わせ機能の活用方法|トラブルを未然に防ぐポイント

Googleマイビジネスを利用する際、操作方法がわからない場合やトラブルに巻き込まれた際に活用されるのがGoogleマイビジネスの問い合わせ機能です。ただ、問い合わせ機能がどんなものかわからない、またはどう活用すればいいか悩む人も多いでしょう。この記事では、Googleマイビジネスの問い合わせの基本的な機能や問い合わせ機能では解決しないトラブルについて、またトラブルを未然に防ぐポイントについて解説します。関連記事:もっと活用!Google マイビジネスで追加すべき情報とは?コロナ禍、Goo...

略称設定

※2021年6月8日追記:2021年6月上旬のGoogleの仕様変更により、新規で略称を設定したり、既存の略称を編集したりすることができなくなっています。

Googleマイビジネスに、URLの略称設定機能が2019年に新規に追加されました。

GoogleマイビジネスへとつながるURLが長すぎたりただの数字や英字の長い羅列になってしまうと、別サイトからリンクをつなげたり名刺にURLを記載する際、ユーザーは何のページかすぐに判断ができず覚えにくく、興味を引きにくくなります。

しかし、URLを短縮化し略称を設定することで、ユーザーの記憶に残りやすく判別しやすいものになります。また、ユーザーが口コミなどを投稿する際もシンプルなURLであれば、URLの打ち込みも簡単になります。

Googleマイビジネスの略称とは?短縮URLで認知度アップ|マイビジネスの新機能活用に向けて

※2021年6月8日追記:2021年6月上旬のGoogleの仕様変更により、新規で略称を設定したり、既存の略称を編集したりすることができなくなっています。この記事では2021年5月以前に利用可能であった略称設定について、メリットと設定の仕方を解説します。顧客のGoogle検索に対し自店舗情報がヒットするよう、Googleマイビジネスを活用している店舗経営者が多いでしょう。しかし、登録した名称が長かったり、顧客が実際に検索するワードと乖離していたりすると、表示されにくい原因などになり集客力の...

登録情報の削除

Googleマイビジネスは、店舗の閉店や移転時のために、店舗情報の削除機能があります。削除の方法としては、Googleマイビジネスの情報とGoogleマップの情報の削除の二種類を行います。

Googleマイビジネスで一度削除するとデータが復元されないため、削除時には慎重に操作し、営業再開の見込みがある場合は「閉業」を選択しておきましょう。

Googleマイビジネスを削除する方法|削除の手順と注意点

Googleマイビジネスを利用して、MEO対策や集客を行っている事業者は多いのではないでしょうか。もし店舗の移転や閉店などがあった場合、Google マイビジネスの削除を行うなどの対処が必要です。今回はGoogle マイビジネスの具体的な削除方法と、削除する際の注意点を解説します。関連記事:知らなかった!Google マイビジネスの注意点…正しい運用でリスクを回避しよう監視しないと危険!Googleマップ店舗情報「改ざん」のリスクとは「口コミ投稿でクーポン配布」は違反!Googleのガイド...

Googleマイビジネスのオーナー確認とログイン方法

Googleマイビジネスを利用する際には、オーナー権限が必要になります。オーナー権限はGoogleマイビジネスの情報を制限なく編集できる人を指すため、店舗やサイトの責任者がなることが多いです。また、代理人に任せて運営を行うケースもあります。

Googleマイビジネスオーナーの確認方法や、ログイン方法について紹介します。

オーナー確認

Googleマイビジネスの登録において、オーナー確認はとても重要な工程となります。オーナー確認をしないと、口コミの管理や店舗の詳細情報を記載できません。オーナー確認はビジネスオーナーであることを証明し、ユーザーからも信頼度を高められます。

確認方法としては、パソコンやケータイからGoogleマップ上にある店舗を検索し、そこからはがきを受けとる手続きを行います。届いたはがきに書かれている確認コードを入力し、登録完了となります。

関連記事
Googleマイビジネスのオーナーがわからない場合
Googleマイビジネスのオーナー権限、登録方法、運用のコツ
Googleマイビジネスの運用を代理人に任せる方法
Googleマイビジネスのオーナー確認方法

ログイン方法

Googleマイビジネスにログインできなくなってしまった場合、メールアドレスが正しくないことが原因の例としてあげられます。

もし登録しているメールアドレスを忘れてしまった場合、確認する際には、オーナー確認のリクエストが必要になります。自分がオーナーであれば「アクセス権をリクエスト」の画面から、必要な情報を入力すると、登録したメールアドレスが自分宛に届きます。

Googleマイビジネスにログインするには|ログインできない場合の対処法・ページの作り方・集客活用

Google マイビジネスは、Google マップ上に表示される飲食店などのお店の情報を管理、更新できるツールです。店舗のプロモーションに活用できるとして、マーケティングにおける存在感が高まっています。しかし、Google マイビジネスを操作するためのGoogle アカウントは、不定期にログアウトされ、Google マイビジネスの管理画面にもアクセスできなくなります。今回は、Google マイビジネスにログインできなくなってしまった時の対処法について、Googleマイビジネスのページの作り...

Googleマイビジネス登録方法

Googleマイビジネスに登録するには、Googleアカウントが必要になります。Googleマイビジネスのサイトから名前や住所、カテゴリなどの必要事項を入力すると、後日Googleから確認コードが記されたはがきが届きます。そして届いたコードを入力すれば、登録完了となります。

Googleマイビジネスに登録することで、自店舗の情報がGoogleマップ上にも反映、表示されるようになります。

配達専門といった店舗を持たないビジネスの場合は、はがきを届けることができず、オーナー確認ができないケースが多発しているようです。非店舗型のビジネスの際には、オーナー確認について注意が必要です。

関連記事
Googleマップ登録方法と手順
Googleマイビジネスの登録・活用方法とメリット・注意点
Googleマイビジネスの活用方法とは
非店舗型ビジネスでGoogleマイビジネスを登録する方法

Googleマイビジネスの活用方法

Googleマイビジネスの活用方法次第では、より多くの顧客を集客を見込めます。Googleマイビジネスを利用することで、従来の紙媒体の広告だけではなく、顧客に対してWeb上でのアプローチが可能になりました。

写真の投稿や、口コミに対する返信をこまめに行うことは、顧客からの信頼につながります。

Googleマイビジネスには、有料サービスとして、「Google認定フォトグラファーに依頼して360°写真を掲載する」「アドワーズエクスプレスを利用してGoogle検索結果に広告を出す」などの機能があります。360°写真によって、ユーザーに店内の様子や雰囲気をより明確に伝えることができたり、Googleの検索結果に広告を表示させることで自店舗の認知を拡大できたりします。

ローカルSEO対策や、有料機能を利用するなど、Googleマイビジネスをうまく活用し適切な方法で集客をしていきましょう。

Googleマイビジネスの成功事例3選|活用方法・注意点を知り、新規顧客の獲得へ

Googleマイビジネスを活用して、新規顧客の獲得や、販売促進につなげたいと考えている事業主の方は多いのではないでしょうか。一方で、何から手を付ければよいか分からないなど、悩むことも多いでしょう。そこで本記事では、Googleマイビジネスの成功事例を交えながら、活用方法や注意点などを紹介していきます。関連記事2021年、Googleマイビジネスをはじめよう!なぜ今Googleマイビジネスが重要なのか。5つの理由を徹底解説Googleマイビジネスの投稿機能を使った集客方法目次Googleマイ...

Googleマイビジネス「ヘルプ」の活用方法

「Googleマイビジネスの存在は知っているけれど、集客や販売促進に活用していく方法が分からない」と頭を悩ませている事業者の方は多いのではないでしょうか。本記事では、Googleマイビジネスの概要や機能、サービスを使用していく中で、疑問や分からないことが生じた際に役立つ「ヘルプセンター」について解説します。関連記事:もっと活用!Google マイビジネスで追加すべき情報とは?コロナ禍、Googleマイビジネスで必ずすべき3つのこと飲食店なら絶対設定!テイクアウト・デリバリー情報360°写真...

Googleマイビジネスのガイドライン違反やアカウント停止

Googleマイビジネスにはガイドラインが設定されており、その規定を反すると、アカウントが停止されてしまう可能性があります。Googleマイビジネスのガイドラインはユーザーの不利益を防止することを目的とし設定されています。

そのため、オーナーにその意図がなくても、結果的にユーザーに混乱を招くような内容があれば違反行為になってしまうことがあります。アカウントを停止されてしまうと、もう一度利用するには、Googleマイビジネスから「回復リクエスト」を送信し、そこから手続きが必要になります。

厳しい審査を通過する必要があり、手続きをする際は質問事項に対し誠実に慎重に回答しなければなりません。申請後からアカウントを利用できるまで通常2〜3週間かかります。

Googleマイビジネスを利用する際には十分注意し、ガイドラインを遵守した正しい運用が重要となります。

Googleマイビジネスのガイドラインに違反しないためには?オーナー、口コミの2つの角度から解説

Googleの各種サービスでは、運用に際してガイドラインを守らなければなりません。ガイドラインに違反すると、リスティング(ビジネス情報の表示)や、オーナー登録しているアカウントがGoogleにより停止される可能性があります。本記事では、Googleマイビジネスのガイドライン違反となる可能性のある事例と、ガイドライン違反とみなされた場合の対応を解説します。関連記事:知らなかった!Google マイビジネスの注意点…正しい運用でリスクを回避しよう監視しないと危険!Googleマップ店舗情報「改...

Googleマイビジネス・停止

Googleマイビジネスを運用するにあたり、ガイドラインに反するコンテンツを掲載した場合には、アカウントが停止されてしまうケースがあります。アカウントが停止されると、検索結果に反映されなくなるなど、集客に大きな影響を与えます。今回はGoogleマイビジネスの特徴やアカウント停止の条件をふまえ、回復の方法と迅速にアカウントを回復させるために重要な注意点を解説していきます。関連記事:知らなかった!Google マイビジネスの注意点…正しい運用でリスクを回避しよう監視しないと危険!Googleマ...

Googleマイビジネスを活用することで集客につなげる

Googleマイビジネスは無料で登録できるため、コストをかけずに多くの集客が見込めるサービスとなります。ヘルプセンターや直接相談をすることができる機能も付いているため、困った時はそれらを利用するとよいでしょう。

Googleマイビジネスオーナー権限はユーザーからの信頼度にも関わるため、きちんとオーナー権限を確認することが必要です。活用していくうえで、ガイドラインを遵守しつつ、ローカルSEO対策を施していくことで店舗集客にもつながります。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。