自営業者が効率的に集客する方法|注意するポイントや活用したいサービス紹介

自営業者が効率的に集客する方法|注意するポイントや活用したいサービス紹介

個人事業主が集客施策に取り組むには、まずペルソナやリードといったマーケティングの用語・概念を把握することが重要です。

インターネット上での代表的な集客方法にはSNS運用がありますが、現在日本で利用されているFacebook(フェイスブック)やTwitter(ツイッター)、Instagram(インスタグラム)といったサービスはそれぞれユーザー数や利用者の年齢層などが異なります。

そのため、集客用ツールとして使うSNSを選ぶには事前にターゲットを明確化することが鍵となります。

本記事では、個人事業主が集客を検討するときに抑えるべき概念や、集客ツールとして利用できるSNS、SNS運用や集客業務を外部委託できるサービスを紹介します。

これからの集客|WebとSNSの活用、Withコロナ時代の集客方法

近年、新しい集客として注目されているのがWebやSNSを活用した情報発信です。また新型コロナウイルス(COVID-19)の流行で、集客の概念も大きく変化しています。この記事では、WebやSNS集客の概要や活用のポイント、種類別のSNSの特性について解説します。これからの集客の基本現代はネット社会であることに加え、多くの人がスマートフォンを持つようになり、集客の方法も以前とは大きく変化しています。それに伴い、ビジネスにおいてもインターネットを介した情報発信が必要です。以下では、集客の定義やW...

集客で大切なターゲティングと見込み客

マーケティングの業務では、集客の戦略を立てるときに「ペルソナ」や「リード」といった単語が頻出します。これらの専門用語とその概念を抑えておくことで、集客のポイントを掴みやすくなります。

この項目では、個人事業主が集客をする際に抑えておくべき2つの要素を紹介します。

ペルソナを策定

どのようなユーザー層に向けたマーケティングを実施するかを決めることは、集客を実施する上で重要です。マーケティング用語で「ペルソナ」とは、ある商品やサービスを利用するであろう典型的なユーザー像のことを意味します。

ペルソナは主にマーケティングや商品開発の戦略を立てるときに設定され、設定されたユーザー像をターゲットに商品やサービスを作成したり、広告することを「ペルソナマーケティング」と呼びます。

「20代女性」「40代男性」といった広い客層を含める「ターゲット」と異なり、ペルソナは「20代の既婚女性、東京在住」など設定を掘り下げて作られることが特徴です。

年齢層や性別、居住地といった基本設定に加え、年収や趣味などのプライベート設定も加えてペルソナを作ることにより、戦略の方向性を定めやすくなります。

サイコグラフィックとは?ターゲット分析活用で顧客の心理に寄り添うサービスを

マーケティング戦略を考えるにあたり、ターゲットの分析が必要です。ターゲットを決めるときには、どのような人にどのような消費傾向があるか、もしくはどのような人に商品やサービスを活用してもらいたいか、といった「ペルソナ」を設定します。ペルソナを設定するために顧客をさまざまな視点からグルーピングしますが、そのひとつの切り口となるのが「サイコグラフィック」です。本記事では、サイコグラフィックと他の切り口との違い、そして、サイコグラフィックの重要性と活用方法を解説します。サイコグラフィックとは?ペルソ...

リード獲得

「リード」の語源は英語の「Lead(=手がかり、きっかけ)」という単語です。マーケティング用語では一般的に「見込み客」を意味しますが、企業や団体によって「見込み客」の解釈が異なるため、環境によってリードの定義にはばらつきがあります。

例えば、ある企業ではウェブサイトを訪問したすべての顧客を見込み客とみなす一方、ある企業では問い合わせや資料請求の行動を起こした顧客のみを見込み客とみなす場合もあります。

取り扱う商材や業界の体系によって何を見込み客とするかが異なるため、自社ではどのような顧客がリードにあたるか、定義や見込み客のレベルの整理を実施することが重要です。

マーケティング用語「リード」とは?意味・種類・プロセス

会社の業績を上げるためにはリピーターだけでなく、新規顧客を獲得していく必要があります。その新規顧客獲得に必要不可欠なマーケティングの概念の一つが「リード」です。直接コンタクトを取った相手や、会社が情報を入手した相手に対して手当たり次第に営業を進めていくのではなく、ピンポイントで将来的に顧客になる可能性が高い人へ営業をかけるための概念を指します。本記事では「リード」に関してその概念や必要性、さらにはリードの育成を適切に進めていくためのプロセスについて解説します。マーケティング用語「リード」新...

SNSの活用

SNSは、自営業で事業を展開する事業者にとって利用しやすい集客ツールです。SNSを使った集客を成功させるには、自社のビジネス内容にあったサービスを選ぶことが鍵となります。

この項目ではFacebook(フェイスブック)、Twitter(ツイッター)、Instagram(インスタグラム)を例に、各SNSの概要と特徴を紹介します。

Facebook(フェイスブック)

Facebook(フェイスブック)は、2004年にハーバード大学内の交流サービスとして設立され、2006年に一般向けに公開されたSNSです。

2019年夏時点では月間アクティブユーザー数が23億7,500万人であることから、世界の3人に1人が利用していると推定され、もっとも有名なSNSの一つとして知られています。

Facebookはターゲティングの精度が高いことに定評があり、40代・50代のユーザーへのリーチを目指すには相性が良いSNSです。

しかし日本国内では、2019年にはじめて月間アクティブユーザー数の減少が確認され、写真を投稿できるSNS「Instagram(インスタグラム)」とは対照的にFacebookは衰退傾向にあるという見方も出ています。

Facebookの効果的な集客方法とは?Facebook集客のメリット・コツ

SNSマーケティングは年々注目が高まっており、SNSの中でもFacebookは古くから個人・企業が集客に活用していました。この記事ではFacebookで集客するメリットやコツ・SNSマーケティングの基本について解説します。SNSマーケティングとはソーシャルメディアを活用した「SNSマーケティング」はどのような手法なのでしょうか。SNSが流行する前に行われていたマーケティング方法との違いや、Facebookを利用したマーケティング方法をご紹介します。SNSマーケティングの今SNSマーケティン...

Twitter(ツイッター)

Twitter(ツイッター)は、2006年にサービスを開始したSNSです。Twitterは10代・20代のユーザー数が多いことが特徴で、若年層のあいだでは利用率が96%のLINEに次いで、Twitterは80%を記録しています。

月間アクティブユーザー数は2017年ごろからほぼ横ばい状態であるものの、若者層をターゲットにした集客を実施するには適したSNSと言えそうです。

Twitterは匿名で利用できるサービスのため、商品やサービスに対するユーザーの意見・評価が投稿に反映されやすく、マーケティングの調査や分析に活用しやすいという特徴もあります。

Twitterの集客方法|ツイッターの特徴や投稿のコツ・注意ポイント

SNSの普及と消費者の購買行動の変化によって、SNSに投稿されている情報を元に商品やサービスを購入する判断を行う消費者が増加しています。そのため多くの企業がSNSを活用して、集客を行っています。しかし「どのように運用すれば良いのか」「どういった投稿をすればいいのか」など、SNSの集客で分からないことが多いのではないでしょうか。この記事ではTwitterを活用した集客について、Twitterの特徴や集客のコツ・注意ポイントなどを解説します。Twitterの特徴Twitterで集客をするために...

Instagram(インスタグラム)

2010年に誕生したInstagram(インスタグラム)は、国内でもっとも勢いよく成長しているSNSの一つです。2016年ごろから、Instagramに投稿される見栄えの良い写真やその被写体を「インスタ映え」と称するなど社会現象も起こりました。

月間アクティブユーザー数は2019年にFacebookを超え、現在は10代・20代だけではなく30代の利用者も増えるなど、ユーザー数の幅に広がりが見られます。

Instagramには投稿をシェアする機能がないため、ユーザーによる投稿の拡散には期待しにくいというデメリットがあるものの、写真投稿が主体のSNSであるだけに飲食物や宿泊施設など実店舗型のサービスをアピールするのに適しています。

成功事例から学ぶインスタグラム(Instagram)集客3つのポイント│インスタ方法や効果について解説

Instagramは、写真を共有することに特化したSNSです。一眼レフカメラで撮った風景からスマートフォンで撮影した日常の一コマまで、あらゆる写真を手軽に共有できるため、特に若年層を中心に人気を博しています。一方、Instagramは企業や事業者が集客を実施するのに最適な媒体でもあります。ターゲットとする顧客が興味を持つような写真や動画を掲載することで、多くのターゲットに見てもらえる可能性が高まります。今回は、Instagramで集客することのメリットや集客のポイント、実際の成功事例を紹介...

自営業者向け集客サービス

インターネット上で仕事を発注できる「クラウドソーシング」やフリーランス専門の人材紹介会社「フリーランスエージェント」を利用することで、スキルの高い人材にSNSの運用やマーケティングを依頼できます。

この項目では、個人事業主が集客業務を外部委託するときに活用できるサービスを紹介します。

クラウドソーシングの利用

クラウドソーシング」とは、インターネット上で企業がフリーランスなどに業務の委託を実施できるシステムを指します。

クラウドソーシングの特徴は、企業間で取引されていた仕事の発注・受注を企業と個人のあいだでやりとりできる点にあります。

マーケティング会社ではなくフリーランスの個人に対して仕事を発注する多いクラウドソーシングでは、発注の単価はやや低い傾向にあり、コストを抑えてSNS運用や集客施策を依頼しやすいメリットがあります。

クラウドソーシングにはSNS運用や広告運用、ライティングやデザインなどさまざまな専門分野をもつフリーランスが登録しているため、自社で不足している経験や知識を補えることが特徴です。

ただし、高い専門性が求められる仕事は発注の単価が高くなる場合もあるので、クラウドソーシングを利用する際は依頼する仕事の相場を調べておくとスムーズな契約につながります。

フリーランスエージェントの利用

フリーランスエージェント」とは、フリーランスのために仕事の案件を紹介したり、契約の締結までをサポートする人材紹介会社のことを指します。

フリーランスエージェントでは主にITエンジニアの案件を扱う会社がほとんどですが、営業や経理、人事、マーケティング経験者の紹介に対応したエージェントもあります。

クラウドソーシングと異なり、フリーランスエージェントを利用した場合は営業担当者がフリーランスを紹介してくれるため、自身が運営する店舗の状況にあった人材を確保しやすいというメリットがあります。

またフリーランスと契約を締結する場合の業務委託契約書や請求書の作成といった事務作業も、フリーランスエージェントが代行するため事務にかける時間を削減でき、業務の効率化につながります。

重要事項を抑えて、最適な手段の検討を

Facebook(フェイスブック)やTwitter(ツイッター)、Instagram(インスタグラム)などのSNSは、サービスによって利用者の属性が異なるため、自社がターゲットとするユーザー層にアプローチしやすいというメリットがあります。

Facebookでは広告のターゲティング精度が高く、Twitterでは頻繁にユーザーによる投稿が拡散されていること、Instagramでは写真や動画を投稿しやすいことなど、それぞれのSNSで機能面における特徴が異なります。自社が提供する商品やサービスとの相性を照らし合わせると効果的でしょう。

また、集客を実施する際、マーケティングの経験や知識が豊富なフリーランスに業務を発注することも選択肢の一つです。

事業によって集客の目標や手法は異なるため、自営業者は集客の基礎知識を押さえ自社の状況と照らし合わせた上で手段を検討することが集客の成功につながるでしょう。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。