【飲食店】デジタルトランスフォーメーション(DX)導入事例と注意点を解説

【飲食店】デジタルトランスフォーメーション(DX)導入事例と注意点を解説

「デジタルトランスフォーメーション(DX)」とは、デジタル技術やデータを活用してビジネスを変革させることを指します。

飲食店では、来客店数の予測や提供する商品の品質向上、接客の自動応対などにデジタルトランスフォーメーションが活用されています。

本記事では、デジタルトランスフォーメーションの概要意味飲食店の店舗における導入事例導入時の注意点についてご紹介します。

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは

この項目では、デジタルトランスフォーメーションの意味とそのメリットについて紹介します。

別称として「DX」とも呼ばれるデジタルトランスフォーメーションは、企業がデジタル技術を導入することで競争の優位性を得ることも指します。

デジタルトランスフォーメーションの意味

デジタルトランスフォーメーション(DX)は、企業がデジタル技術や情報を使ってビジネスモデルを変革すること、また、その結果により企業が強い競争力を得ることです。

経済産業省の「デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するためのガイドライン」によると、デジタルトランスフォーメーションとは、企業がデジタル技術や情報を活用して製品やサービス、ひいてはビジネスモデル全般を変革させることとされています。

またビジネスモデルの変革だけではなく、変革の結果によって企業がビジネスにおける競争の優位性を得ることもデジタルトランスフォーメーションの意味に含まれます。

導入のメリット

デジタルトランスフォーメーションを取り入れる主なメリットには、業務における生産性や精度・効率が向上し、データを獲得できることが挙げられます。

自動化技術やAIなどのデジタル技術を取り入れることで、例えば人件費にかかるコスト削減や従業員による作業負担の軽減、ヒューマンエラーの改善が可能となります。

また、デジタル技術を導入することにより、顧客や商品に関するデータも収集しやすくなります。

収集されたデータが蓄積すると、これまで人間の経験や推測にもとづいていた経営判断もデータ主体で決められるでしょう。

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?導入のメリット・デメリットを紹介

デジタル化を進めることで業界内の競争において優位性を獲得できるデジタルトランスフォーメーションは、大きな注目を集めています。本記事ではデジタルトランスフォーメーションについてその概要や必要性について紹介しながら、導入のメリットやデメリットを解説していきます。デジタルトランスフォーメーションとは?各方面でデジタル化が重要視される昨今、デジタルトランスフォーメーションを導入する企業が増加しています。最初にデジタルトランスフォーメーションについてその概要や必要性、実際に導入した企業の事例を紹介し...

飲食店の導入事例

飲食業界では、提供する飲食物の品質向上や顧客サービスの向上、業務効率化などを目的に、人工知能やRPAをはじめとするデジタル技術が導入されつつあります。

この項目では、飲食店におけるデジタルトランスフォーメーションの代表的な導入事例をご紹介します。

AI導入の検証実験

鶏と野菜で作ったポタージュスープのラーメンを提供する「THANK(サンク)」は、2017年からAIロボット「Sota(ソータ)」を使って店舗サービスを展開しています。

画像認識のカメラが内臓されているソータは、来店客を察知すると顔を認識する仕組みです。読み取られた顔は専用のスマートフォンアプリ「コグニメン for 鶏ポタ」に登録されているユーザー情報と照合され、ロボットがその情報を受け取ります。

ソータの導入により、店舗ではデータをもとにした人気メニューの分析、客単価の高い時間帯の判別が可能になりました。

IT技術の導入により顧客情報を得る

東京・自由が丘にある月額制のカフェ「Alpha Beta Coffee Club(アルファベータコーヒークラブ)」では、会員カードに非接触型のICチップを使ったシステムや、店内に高速のWi-Fiを導入するなどの取り組みを実施しています。

会員カードにはJR東日本のICカード「Suica(スイカ)」にも使われる非接触型チップを搭載し、カードをかざすだけで顧客情報を読み取れるシステムも導入しました。

同店舗ではコーヒーをドリップする工程にもデジタル技術を取り入れており、専用の機械によって豆のひき具合、お湯の温度、抽出時間などが調整されています。

デジタル技術の活用により、店舗では商品のクオリティを一定に保つだけではなく、顧客にどのような風味のコーヒーが好まれているかといった情報も蓄積できるようになりました。

AI活用による顧客行動の予測を可能に

三重県・伊勢神宮の近くにある老舗店「伊勢ゑびや大食堂」は画像解析AIと来店予測AIのを組み合わせ、店舗の課題を解決しました。

これらのAIは、過去の時間帯別来店データや、気候・気温などをはじめとするおよそ150項目のデータをもとに来店客数を予測します。

前日におよその来店客数を把握できることで、食材の仕入れ、シフト作成、混雑などに対し充分な対策を設けることが可能になりました。

その結果15分程度で食事を出せるようになり、クレーム削減につながったという成果も伝えられています。

宿泊施設のデジタルトランスフォーメーション(DX)とは|推進するべき理由・成功事例を紹介

「デジタルトランスフォーメーション(DX)」とは、デジタル技術やデータを活用してビジネスモデルを創出または変革すること、そして企業の競争性を養うことを指します。「DX」や「デジタル変革」とも称されるデジタルトランスフォーメーションを取り入れることにより、サービスや製品の品質向上や、人件費にかかるコストなどの顧客体験の満足度向上など、さまざまな効果が見込めます。本記事では、デジタルトランスフォーメーションの概要や導入の必要性、そして老舗旅館「陣屋」と「Airbnb」を例に、宿泊施設における導...

デジタルトランスフォーメーション導入の注意点

デジタルトランスフォーメーションを導入する際に注意すべきポイントとして、効果が出るまで時間がかかる、既存システムとの見直しも必要になるなどの点があげられます。

この項目では、デジタルトランスフォーメーションを事業に取り入れる上での注意点をご紹介します。

効果には時間がかかる

デジタル技術の導入による事業改革は、時間をかけて効果を発揮するものです。

経済産業省がアジア15カ国の企業幹部1,560人を対象に実施した調査によると、デジタルトランスフォーメーションを推進している企業の多くは利益の増加、生産性の向上、顧客維持率の向上といった効果を実感しています。

その一方で、デジタルトランスフォーメーションのコンサルティングを行うGlobland社のメディア「DX Latest」の発表によると、約4割の企業幹部が「デジタルトランスフォーメーションが効果を発揮するまで3〜5年がかかる」という見解を示しています。

そのため、先に挙げた利益の増加や、生産性の向上といったデジタルトランスフォーメーションの効果を見るまでには長期的な視野を持つ必要があるでしょう。

明確な戦略が必要

デジタル技術の効果を引き出すには、既存システムの仕組みを充分に検証し、明確な戦略を設ける必要があるでしょう。

企業で使われている基幹系システムそのものが老朽化していると、データやデジタル技術を導入できる箇所が限られ、デジタルトランスフォーメーションによる効果を発揮しづらくなる可能性があります。

経済産業省の「DXレポート」を参考にすると、日本で特定の基幹系システムが21年以上前から稼働している企業の割合は20%です。

仮にこのまま2025年を迎えた場合、この割合は60%にまで到達すると言われています。

デジタルトランスフォーメーションの導入を成功させるには、既存システムの見直しや、導入対象となる業務プロセスに対する検証が重要です。

既存システムからの移行が課題

また、既存のシステムが複雑でデジタルトランスフォーメーションの導入が進まないというケースもあります。

特定の部署や部門がシステムを独自のものに修正・変更していた場合、社内全体でのデータ管理が難しくなりがちです。

各部署でデジタル技術を均等に取り入れて管理するためには、部署・部門ごとのシステムやデータの扱われ方を洗い出し、整理するような工夫が求められます。

デジタルトランスフォーメーションの導入で集客に活かす

デジタル技術やデータを活用してビジネスを変革、または創出するデジタルトランスフォーメーション(DX)は、生産性の向上と競争力の強化を目標した取り組みです。

飲食店においてもDXの考えを取り入れた事業展開が登場しており、商品のクオリティを向上させたり、来店客数の予測や、サービスの向上にデジタル技術が活用されています。

しかし、DXは顧客満足度向上や業務効率化に効果を発揮している一方で、効果が出るまで時間がかかったり、システム移行に労力がかかるという特徴も兼ねています。

デジタルトランスフォーメーションの導入を検討するにあたり、長期的な視野でビジネスモデルを検討し、デジタル技術をどのように事業に活かしていくか見極めることが重要になりそうです。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。