Twitter集客のコツは?3つのポイント&3つの注意点を解説

SNSの普及と消費者の購買行動の変化によって、SNSに投稿されている情報を元に商品やサービスを購入する判断を行う消費者が増加しています。

そのため多くの企業がSNSを活用して、集客を行っています。

しかし「どのように運用すれば良いのか」「どういった投稿をすればいいのか」など、SNSの集客で分からないことが多いのではないでしょうか。

この記事ではTwitterを活用した集客について、Twitterの特徴や集客のコツ・注意ポイントなどを解説します。

Twitterの特徴

Twitterで集客をするために、Twitterのユーザー層やもつ特性、集客を考えた時の有用性について3つの特徴を紹介します。

若い世代に人気のSNS

メインの利用層は10代から30代の男女、その中でも10代から20代のユーザーが活発に利用しているとされています。

Twitterの特徴の一つに複数のアカウントを使い分ける利用者が多くいます。

気軽に投稿できる

Twitterは一投稿が140字と字数が制限されており、この制限のおかげで一投稿に時間がかからず気軽に投稿できます。

そのためテレビ番組の感想やスポーツの実況中継、イベントの感想などリアルタイムの情報を発信する人も多くいます。

しかしその手軽さゆえに、情報の信ぴょう性が担保されていないことには気を付けなければなりません。

利用者には、流れてくる情報をうのみにするのではなく、取捨選択する情報リテラシーが求められます。

不特定多数に拡散される

Twitterの機能として集客への有用性が高いものとして「リツイート機能」が挙げられます。

タップ一つで気軽にリツイートできるので拡散性が高いことが特徴です。

Facebookにも拡散機能はありますが、Facebookは実名制であることや公開範囲を限定できることからTwitterほどの拡散性はありません。

また、Instagramは公式の拡散機能そのものが搭載されていません。

拡散されるとリツイートしたユーザーのフォロワーへ、そのフォロワーがリツイートすればさらにそのフォロワーへと大きく情報が広がっていきます。

Twitter集客3つのポイント

特徴を理解するだけではなかなか活用には繋がりません。Twitter運用を進めていくにあたって、具体的にどのような部分を意識し活用すればよいのか、集客のコツを解説します。

1. 「リツイート」や「いいね」をもらえる投稿

Twitter運用のポイントはフォロワーを増やすこと、つまり自社のファンを増やすということでもあります。

ファンを増やすためにはまず、「リツイート」や「いいね」をしてもらえる投稿を心がけることが重要です。

2020年3月時点でフォローしている人がリツイートした投稿だけでなく、いいねをした投稿もタイムラインに流れるようになりました。

店舗の告知や空き状況のお知らせも大切ですが、そういった広告要素の強い投稿だけでなく、業界ならではの知識や顧客とのエピソードを織り交ぜることを意識すると良いでしょう。

そうすることで既存のフォロワーから「いいね」や「リツイート」をしてもらえるようになり、結果的に多くの人の目に留まりファンの増加が期待できます。

2. 動画を投稿する

Twitterで流れるツイートの大半は、文章のみの投稿や文章と写真の投稿です。

刻一刻と新しいツイートがタイムラインに流れていくTwitterで、他の投稿に埋もれず、ユーザーに自社の投稿を目に留めてもらうためには工夫が必要です。

その工夫の一つとして、動画を投稿する方法があります。

動かないものよりも動くものの方が目に留まりやすく、文章や写真が多い投稿の中で他の投稿との差別化が可能です。

例えば、美容室のアカウントであれば、髪のセットやアフターケアの方法といったユーザーにとって有益な情報を投稿すると良いでしょう。

ユーザーの目に留まるだけでなく、このアカウントをフォローしていれば自分にとって有益な情報が得られると思ってもらいやすく、フォローされやすくなります。

3. #(ハッシュタグ)の活用

SNSの特徴としてテーマが同じ情報を投稿するさいに、「#(ハッシュタグ)」を記載して投稿する方法があります。

共通のテーマにまつわる情報を求めているユーザーをつなげてくれるので、ハッシュタグを活用することでよりターゲットへ的確に情報を届けられるようになります。

Twitterでは短時間で多く投稿されているハッシュタグが「トレンド」として公式に公表されているため、トレンド入りしているハッシュタグを用いる投稿方法もあります。

または自社独自のハッシュタグを作り、ユーザーにそのハッシュタグを含んだ投稿をしてもらえるように企画するという方法もあります。

しかし、Twitterではハッシュタグをつけすぎてしまうと、広告感が出すぎてしまうためユーザーがリツイートしにくく感じてしまう場合もあるようです。

ハッシュタグをつけて投稿する際は、1~2個にとどめ広告感を出来るだけ低くする工夫も大切です。

Twitter集客3つの注意点

無料で運用が可能なTwitterですが、その拡散力の裏側にはデメリットや注意しなければならないこともあります。

ここではTwitterを運用する上での注意点をご紹介します。

1. ターゲティングの精度が高くない

Twitterでの集客においてもっともデメリットになりうるのがターゲティングの精度が低いことです。

Facebookでは誕生日や性別の登録が必須なので、その情報をもとにマーケッティングやターゲティングができます。

一方でTwitterでは、登録時に年齢や性別、住所といった個人情報を入力しなくても利用できる仕様が特徴です。

投稿内容やユーザーがフォローしている人といった情報から性別や年齢を推測し、ターゲティングすることは可能ですが、精度は落ちてしまいます。

2. 炎上の危険が他のSNSよりも高い

Twitterは匿名性であり、拡散力も高いため炎上しやすいという特性も持っています。

当然ですが個人や店舗、企業といった特定可能な相手に対しての誹謗中傷や、モラルに反する内容の投稿は控えましょう。

さらに、ツイートだけでなくリプライ(返信)機能やDM機能を使いユーザーとコミュニケーションをとる際にも細心の注意が必要です。

拡散力が高いということは、それだけたくさんの人に見られるという大前提を忘れず運用することが大切です。

3. 非公式リツイートされたものは消せない

Twitterにはリツイート機能がありますが、これ以外にも「非公式リツイート」というものが存在します。

投稿内容をコピー&ペーストし、別のアカウントで投稿されたものを指します。

Twitterのリツイート機能によってリツイートされたものは、元のツイートを消せば、紐づいているリツイートも自動で削除されます。

しかし非公式リツイートは元のツイートに紐づいている投稿ではないため、非公式リツイートそのものを削除しない限りTwitter上に残ります。

それ以外にも、自身の投稿画面がスクリーンショットで撮影され投稿された場合も、他者のアカウントの投稿であるため、削除することはできません。

拡散力が強く若者に人気なTwitterでの集客

SNSが普及し、新しい集客の方法としてSNSを活用する企業が多くいます。SNSの中でも代表的なのがTwitterを活用した集客です。

Twitterで集客するメリットは、大きく下記の3つでした。

  • 若年層へのアプローチができる
  • 気軽に投稿できる
  • 拡散力

より多くの「リツイート」や「いいね」をしてもらい、自社のファンを増やすことが重要です。

そのためには、下記のような工夫をすると良いでしょう。

Twitterは手軽で拡散力がある反面、炎上のリスクが常に伴います。

そのため投稿する際は、特定の個人や企業への誹謗中傷・モラルのない投稿になっていないか、投稿をすることで気分を害する人がいないかを確認する必要があります。

SNSを活用すれば集客力を向上できる一方で、そのリスクを理解し適切な運用を心がける必要があります。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。