相次ぐ飲食店の休業、食べログの管理はどうする?休業前に確認するべき情報を紹介

相次ぐ飲食店の休業、食べログの管理はどうする?休業前に確認するべき情報を紹介

新型コロナウイルスの影響やその他の理由により、止むを得ず休業をする場合があるでしょう。

その際は食べログなどで登録している自社店舗の情報を更新する必要があります。

この記事では、休業する場合の食べログの情報変更の方法についてご紹介します。

休業する場合の食べログの情報変更

新型コロナウイルスの影響や他の理由で休業する際に、食べログに登録している店舗情報を変更する必要があります。

万が一、休業を知らずに顧客が来店した場合、顧客にとって無駄足になります。また他の店舗が営業をしていた場合は、そのまま他店舗へ顧客が流出する可能性もあります。

休業・短縮営業・テイクアウトなど、店舗で臨時的に対策していることを食べログに反映させることが重要です。

食べログ上での店舗情報の変更について紹介します。

休業を選択する場合の食べログの管理方法

店舗の休業を決定した場合、顧客が知らずにお店へ来てしまうことを避けるために、食べログ上でもその旨を公開しておく必要があります。

PC版・スマートフォン版・アプリ版の共通の操作方法は、まず食べログにログインして該当店舗の「店舗情報(詳細)」欄があるのを確認します。

続いてPC版の場合は、下部にある[閉店・休業・移転・重複の報告]を選択して、連絡します。

スマートフォン版・アプリ版の場合は、同じく下部にある[レストラン情報を編集する]を選択して、連絡します。

新型コロナウイルスに伴い変更するべき情報

新型コロナウイルスの感染防止対策で、各店舗で様々な工夫がなされています。

顧客も、飲食店がどのような対策をとっているかによって、そのお店を利用するかどうかの大事なポイントとなり得ます。

短縮営業や臨時休業という対策をとっている場合や、テイクアウト・デリバリーを提供している場合も、食べログ上に反映しておくと顧客離れを抑制できるでしょう。

これらの店舗情報の編集方法は、食べログにログインして該当店舗の「店舗情報(詳細)」欄の上部にある[編集する]から編集します。

テイクアウトやデリバリー対応店の検索強化

現段階では、飲食店も消費者も、店内に多くの顧客が密集することに抵抗をもつ傾向にあります。

食べログなどで飲食店を選ぶときは、テイクアウトやデリバリーを行っているかを条件とする人も多いでしょう。

そのため食べログでは、テイクアウトができるお店特集ページを設け、テイクアウトに対応している店舗の検索機能を強化しました。

また、消費者が食べログを見ているその日にテイクアウトを可能としているお店に関して、店舗検索ページ上で「本日テイクアウト可」のラベルが表示されるようになりました。

対応している飲食店は、食べログでは「テイクアウト可」にして、消費者にアピールすることが重要です。

飲食店のデリバリー代行アプリ有名3社を比較|デリバリーのメリットや注意点を紹介

緊急事態宣言が発令されて以降、飲食店には休業や営業時間の短縮が要請されたほか、外出自粛が求められる状況の中、店まで足を運ぶ顧客が大幅に減少しています。そうした状況の中、飲食店においてデリバリーサービスを利用する店舗が増加してきており、中にはスマホアプリを使って簡単にオーダーから配達まで行えるものも増えています。今回の記事では、デリバリーサービスのメリットと、デリバリーを提供するアプリの特徴について紹介します。デリバリーサービスの理解 近年よく話題になっている飲食の「デリバリーサービス」です...

飲食店がテイクアウト開始する方法と課題|テイクアウトアプリ「menu(メニュー)」の活用

新型コロナウイルスの影響で、テイクアウトやデリバリーサービスの導入をすすめる飲食店経営者が増えています。テイクアウトやデリバリーサービスを導入するにあたって、「どのようなシステムを導入すれば良いのか」「新規顧客獲得や売上増加につなげられるのか」「注意すべきポイント」を紹介します。また、今後考えられる影響についても解説します。新型コロナウイルスの影響を受ける飲食店の現状新型コロナウイルスの影響で営業自粛や時短営業などを行う飲食店が増えています。現在の飲食業界を取り巻く影響について解説します。...


食べログを適切に管理し、コロナ禍に対応

休業中は今回ご紹介したように食べログ上の自社の状況をこまめに最新の情報に更新することで、休業中に顧客が来店してしまうことを避けることができます。

緊急事態宣言が全国的に解除されましたが、感染のリスクは高く、濃厚接触となる可能性が高い飲食店が営業するためには、感染予防対策が重要です。

自店から感染者を出してしまえば、営業が継続できないだけでなく、事業そのものが立ち行かなくなる可能性があります。

そのため営業再開が可能となったからと、感染予防が不十分なまま営業することは好ましくありません。

感染予防対策をしっかりし、顧客へアピールすることで安心して利用できる店舗として集客も望めます。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。