Googleマイビジネスのオーナーがわからなくなった!権限を変更する方法とは

集客や情報の管理のためにGoogleマイビジネスを利用したいと考える事業者は多いのではないでしょうか。

Googleマイビジネスを使用するには、オーナー権限を得る必要があります。

今回はGoogleマイビジネスを利用する際に、ユーザーがオーナー権現を変更する方法や利用するメリットを紹介します。

関連記事:知らなかった!Google マイビジネスの注意点…正しい運用でリスクを回避しよう


オーナー権限を変更するには?

今までGoogleマイビジネスを触ったことがないユーザーが、Googleマイビジネスの情報を設定するには、ユーザーにオーナー権限を付与する必要があります。

以下にそのやり方を説明します。

オーナー権限を付与する側からの変更方法

以下の手順で変更できます。

  1. 管理するビジネス情報を開きます。
  2. 左側のメニューで [ユーザー] をクリック
  3. オーナー権限を譲渡するユーザーを探して、名前の右側にあるチェックボックスをクリックします。
  4. 表示されるプルダウンの中で、メニューから[メインのオーナー]を選択
  5. [譲渡] 、[完了] の順でクリックしてください。これでオーナー権限を譲渡できます。

オーナー権限を付与される側からの変更方法

【実店舗をもつ場合】

  1. Google検索やGoogle マップで自分のビジネスを見つけ、「ビジネスオーナーですか」をクリック
  2. 「続行」をクリック
  3. 「アクセス権限をリクエスト」
  4. 「送信」をクリック

オーナーに依頼メールが送信され、付与される側には確認メールが届きます。

【非店舗ビジネス】

  1. 「business.google.com/add」にアクセス
  2. ビジネス情報を入力し、「続行」をクリック
  3. 数日後「オーナーの競合」ダイアログに「対象のビジネス情報が重複している」と示されるので、「アクセス権限をリクエスト」をクリックしてください。

これにより、オーナーには顧客に連絡するよう依頼メールが届き、顧客には確認メールが届きます。

オーナー権限とは?

Googleマイビジネスの権限には「オーナー」・「管理者」・「サイト管理者」の3種類あります。その概要をそれぞれ説明します。

Googleマイビジネスを制限なく編集することができる人

「オーナー」権限は、Googleマイビジネスの情報を制限なく編集できる人のことを指します。例えば、オーナー権限をスタッフに付与したり、Googleマイビジネスの削除ができるのは「オーナー」のみとなります。

「オーナー」権限は3つの権限でもっとも高いため、店舗やサイトの責任者がなることをお勧めします。「オーナー」に万が一のことがあった場合は、再度権限を取得する必要があります。

「管理者」「サイト管理者」権限

「管理者」はオーナーとほぼ同じ権限を持ちますが、リスティングを削除する権限やユーザーを管理する権限など、機密性の高いものについては編集することができません。

「サイト管理者」は3種類のなかで権限がもっとも低い権限で、ビジネス情報を編集するためのアクセス権限はありません。ただし、店舗の基本情報(営業時間・住所・電話番号)や口コミへの返信、投稿の作成などGoogle マイビジネス上で店舗責任者がスタッフに任せたいと考えることについては問題なく利用できます。

なお、サイト管理者はどうしてもビジネス上権限拡大が必要な場合は、確認済みのリスティングのリスティング管理者またはオーナーにアップグレードをリクエストできます。

以下に「オーナー」・「管理者」・「サイト管理者」ができるものを表形式でまとめました。

▲[各タイプのユーザー権限の一覧]:訪日ラボ編集部作成
▲[各タイプのユーザー権限の一覧]:訪日ラボ編集部作成

Googleマイビジネスを使うメリット

オーナー権限設定やアカウントの種類について上記に挙げたGoogleマイビジネスですが、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

以下に主要なメリットを3点紹介します。

「ローカル検索」が使われることが多い

ローカル検索とは、Googleで「位置情報や場所」と「キーワード」で組み合わせて検索する(例:「渋谷駅 カフェ」、「横浜中華街 ランチ」)行動のことです。

ローカル検索はスマホでローカル検索を行なっているユーザーの多くが実際に来店するなどの効果が知られており、新たな店舗への集客法として注目されています。

Google マイビジネスでは、店舗情報をGoogle Map上に無料で掲載できるため、少ないコストでGoogle Map上で対策ができます。

店舗の情報・雰囲気を伝えやすい

Googleマイビジネスに情報を公開すると、Google Mapだけでなく、Googleストリートビューを導入することもできるようになります。

店内を360度撮影し、その映像をGoogleストリートビュー上に掲載できるようになるので、情報を探しにきたユーザーに店舗の雰囲気を伝えやすくなります。

またGoogle マイビジネスでは、営業時間や定休日など店舗の情報をまとめて掲載し、ユーザーに提供できるため、Google マップやGoogle ストリートビューを見ているユーザーに店舗の情報をわかりやすく伝えることができます。

マーケティングに活かす情報を手に入れられる

Google マイビジネスについては、広告との連携や分析機能も充実しています。

広告との連携については、店舗についてGoogle 広告を出した場合場所情報をGoogle マップ上に表示するよう指示することができ、広告と合わせることで集客に相乗効果が生まれます。

また、Google マイビジネスの管理画面からアクセスできるインサイトでは、自社のマイビジネスの表示回数やWebサイトにアクセスした数、ルート検索をした数、電話にて問い合わせた数などがわかるようになります。

これらの数値は、どうすればより効果的に集客できるのか施策を立てる手助けとなるでしょう。

権限を適切に取得しGoogleマイビジネスを最大限活用しましょう!

Google マイビジネスは、ユーザーの行動が購買や問い合わせなどの成果に直結しやすいローカル検索に対応するためには不可欠なツールです。

写真や営業時間、定休日などの店舗の主要な情報を数多く掲載できるため、多くのユーザーに自社の店舗の魅力を伝え、実際に来ていただく工夫をすることができます。

ただし、Googleマイビジネス上で間違った情報を記載してしまうなどの状況から、機会を逃す危険性もあります。

正しい店舗情報を伝え、多くのユーザーに来店されるよう、スタッフの役割に応じてユーザー権限が必要です。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。