歯科医院、集客のポイントは差別化と信頼獲得|ホームページ・アピール・方法

歯科医院の数はコンビニ店舗の数より多く、集客するには他院との差別化を図り、信頼を獲得することが重要です。

しかしどのような点をアピールすれば良いのか、どのようなホームページを作ればいいのかなど、悩む事業者も多いでしょう。

この記事では、歯科医院に求められることやWeb・SNSなどを使った集客方法について解説します。

歯科医院の市場環境

集客を考えるうえで、需要や供給の状況、歯科医院に対する一般的な認識を理解すると良いでしょう。以下では、歯科医院の市場環境を解説します。

歯科医院の数に対して人口は減少

厚生労働省の「医療施設調査」によれば、2013年に68,701施設あった歯科医院は、2018年に68,613施設と若干減少しているものの、ほぼ横ばいです。

一方、国立社会保障・人口問題研究所の小池氏は、「2040年頃までの全国人口見通しと近年の地域間人口移動傾向」2040年頃までは少子高齢化が進む見通しだと示しています。

小池氏の見解は実測値に基づく予測のため、状況が変わる可能性はありますが、人口減少が進めば、歯科医院の集客はさらに難しくなります。

歯科医療に対する人々の認識

日本歯科医師会の「歯科医療に関する生活者調査」によれば、31.3%の人が定期的に歯科健診を受けています。健診の頻度は、3か月から半年に1度が最も多い結果となっています。

また、かかりつけ歯科医師を持つ人は、全体のうち63%で、その中で定期チェックを実施する人では84.9%にのぼります。

口の中の健康状態についての質問では、57.2%のが自信がないと答えているにもかかわらず、52.7%の人が通院を先延ばしにしてしまうと回答しています。

歯科医院に求められること

「歯科医療に関する生活者調査」では、患者が医院に求めるポイントも発表しています。

要望として多くあげられたのは、「自分の⻭をできるだけ残す」、「高い治療技術」、「治療に対する自分の希望を聞いてくれること」でした。

またかかりつけ医がある人の中で医師や医院に満足している理由は、「治療が丁寧で上手」、「治療前に治療方法をわかりやすく説明してくれること」などがあげられており、丁寧な治療に対するニーズが高いといえます。

歯科医院による主な集客方法

顧客を増やすためには、チラシや看板、インターネットなど、さまざまな方法があります。

それぞれメリットやデメリットが異なるため、業態やターゲットに応じて適した方法を選ぶ必要があります。以下では、歯科医院の集客施策を紹介します。

チラシ

直接投函するポスティングや新聞の折り込みチラシなどは、特定の地域に住む人にアプローチできる方法です。

インターネットをあまり利用しない人にも見てもらえるメリットがあります。また、家から医院までの距離が近いことは、通院先を選んでもらう上でアドバンテージになります。

宣伝の方法としては適していますが、治療や定期健診などのニーズを持っている人にアプローチできるかはわからないため、効率の良い集客施策とはいえないでしょう。

看板

看板の設置は、通りがかる人に医院の存在を知ってもらう方法です。

人通りの多い場所に看板を設置すれば、着色や歯並びなど、来院につながる小さな悩みを思い起こすきっかけにもなります。

また、明るくやさしい印象を与えられるよう、色づかいを工夫することもポイントです。オレンジや黄緑などの色は安心感を与え、新規来院のハードルを下げられるでしょう。

インターネット

パソコンやスマホの普及により、ニーズを抱えた顧客がインターネットで検索するシチュエーションは増えており、病院探しも例外ではありません。

ホームページがなければインターネットユーザーに病院の存在を知ってもらえません。

また、歯科医院や病院全般の情報をまとめているポータルサイトへの登録も効果的です。ポータルサイトでは、ユーザーが複数の医院を比較して選べるため、他院との差別化を図る必要があります。

その他にSNSで情報を発信することも宣伝の一つです。虫歯を予防する方法や歯列矯正の前後の写真など、ユーザーが興味をひかれる内容を投稿すると良いでしょう。

ホームページ作成時のポイント

ホームページは集客力を高めるうえで必要不可欠です。しかし、ただ営業時間や電話番号を載せるだけでは、結果にはつながらないでしょう。

以下では、集客に効果的なホームページを作成するポイントを解説します。

必要なのは差別化と安心感

インターネットの利点は、手間をかけずに複数の医院を比較できることです。自院のホームページを訪れる見込み客は、他院のページも見ているでしょう。

そこでポイントとなるのが他院との差別化です。自院ならではのサービスや特長をアピールすれば来院を後押しできます。

また、歯科医院のホームページでは安心感を与えることも大切です。来院前の不安を解消するには、医師の写真や院内の様子がわかる写真を掲載すると効果的です。

載せるべき内容

ホームページに載せるのは、診察日やアクセス、電話番号などの基本情報だけではありません。

医師やスタッフ、院内の写真は、親しみを与えるうえで必須です。笑顔で患者さんに対応する様子などであれば、なお良いでしょう。知らない場所に行くストレスを和らげるような情報が多ければ、新規顧客の獲得につながります。

その他には、サービスや治療内容の強み、診療方針、口コミの掲載もポイントです。

他院との差別化、信頼の獲得に重点を置いて、掲載内容を決めると、集客力の高いホームページづくりができます。

SEO

SEOは、ホームページがGoogleの検索結果画面で上位に表示されるよう対策を組むことです。

Googleでは、ユーザーの求める情報を提供できるサイトを上位に表示するアルゴリズムが採用されています。

SEOでは、検索キーワードと関連する語句をタイトルに盛り込んだり、被リンクを獲得したりすることで、コンテンツの質を高めます。上位に表示されれば、より多くのユーザーの目に触れやすくなります。

一朝一夕で効果が出る施策ではありませんが、継続的に取り組めば露出の増加につながるでしょう。

歯科医院の集客には、差別化と信頼獲得が重要

歯科医院の集客では、看板やチラシを使ったアナログの集客とインターネットを活用したWebの集客がカギとなります。

サービスや治療内容で他院との差別化を図り、医師や院内の写真を掲載して安心感を与えましょう。また、インターネット上で露出を増やすにはSEOへの取り組みも効果的です。

ホームページやSNSで、より多くの見込み客にアプローチできれば、効率良く集客につなげられるでしょう。

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。