AISAS(アイサス)が表す購買行動モデル |AIDMAなどモデルと表す用語との違いを解説

AISAS消費者の購買行動を分析するモデルのひとつで、企業が消費者に対しどのようなアプローチを採れば良いのかを判断する基準として利用されています。

今回は、AISASの持つ意味や特徴、同じく購買行動モデルとして知られているAIDMA、AISCEAS、SIPSとの違い、そしてAISASを実際のマーケティングにおいて活用する方法を解説します。

AISAS(アイサス)とは?

まず、AISASという概念について紹介します。AISASは、インターネット上の情報や口コミが消費者の購買行動に影響することを示すものです。

インターネット時代の購買行動を説明するモデル

AISASは、「Attention」「Interest」「Search」「Action」「Share」の頭文字をつなげたものです。これらの単語は全て、消費者が商品やサービスを知ってから購入するまでの過程を説明しています。

AISASにおいて消費者は、まず商品やサービスの存在を認知し(Attention)、商品やサービスに関心を持ち(Interest)、商品やサービスの情報をインターネットで検索し(Search)、実際に商品やサービスを購入し(Action)、得られた感想をインターネットで共有する(Share)という過程を経ています。

このような購買行動は、特にeコマースにおいて顕著に見られます。また、実店舗において販売されている商品を購入する消費者も近年はAISAS的な購買行動を採る傾向にあるため、オンラインとオフラインのどちらでも活用できる概念だと言えます。

「インターネット上の情報」や「クチコミ」の大切さを示している

消費者の購買行動にはインターネットが密接に関連しており、消費者は購入に至るまでの過程でインターネットの情報を調査し、購入後は更に自身の持つ情報を発信する、というのがAISASで説明されている原理です。

AISASは、インターネットの普及が始まった2000年頃に提唱されはじめました。AISASが登場する前はインターネットを扱わないAIDMAという購買行動モデルが用いられていましたが、現在ではAISASの方がより現実的な購買行動モデルとして知られています。

モデルを表す用語「AIDMA」「AISCEAS」「SIPS」との違いは?

AISASのように商品を認知して購入するまでの消費者の動きを説明したものは、一般的に購買行動モデルと呼ばれています。

購買行動モデルには、他にも代表的なものとして「AIDMA」「AISCEAS」「SIPS」の3種類が存在します。ここでは、これら3種類の購買行動モデルについて詳しく紹介します。

AIDMA:消費者の商品やサービスの購入までのプロセスを5段階に分けたモデル

AIDMAは、1920年代に提唱された最も基本的な購買行動モデルです。「Attention」「Interest」「Demand」「Memory」「Action」の頭文字を用いています。

AIDMAにおいて消費者は、まず商品やサービスの存在を認知し(Attention)、商品やサービスに関心を持ち(Interest)、購入したいという思いが生まれ(Demand)、購入することを記憶し(Memory)、実際に購入する(Action)という過程を経ています。

AIDMAAISASに取って代わられたのかというと完全にそうではなく、現在でも実店舗における商品の販売はAIDMAで説明できる部分が多く存在します。

また、AIDMAは消費者の心理的な動きを主に追いかけているのに対し、AISASは消費者の行動を主に追いかけていることも特徴です。

AIDMA(アイドマ)とは?AISAS(アイサス)、SIPS(シップス)との違い・実践例を解説

マーケティングにおいて用いられる用語のひとつに、AIDMAというものがあります。AIDMAは、消費者が商品やサービスを購入する際の行動を説明する用語です。他にもAISASやSIPSといった類似の用語があり、マーケティング業界において用いられています。今回はAIDMA、AISAS、SIPSの意味や特徴を解説するとともに、AIDMAに沿った効果的な販促の方法についても解説します。AIDMAとは?最初に、AIDMAの意味や特徴について説明します。また、AIDMAと同様に購入モデルの一種であるAI...

AISCEAS:AISASを細かくしたモデル

AISCEASは、2005年頃に提唱されたAISASを拡張した購買行動モデルです。「Attention」「Interest」「Search」「Comparison」「Examination」「Action」「Share」の頭文字を用いています。

AISCEASにおいて消費者は、まず商品やサービスの存在を認知し(Attention)、商品やサービスに関心を持ち(Interest)、商品やサービスの情報をインターネットで検索し(Search)、他の競合商品やサービスと比較し(Comparison)、購入すべきかどうかを検討します(Examination)。

さらに実際に商品やサービスを購入し(Action)、得られた感想をインターネットで共有する(Share)という過程を経ています。

AISASよりも購入前の調査を詳しく説明していることがAISCEASの特徴です。インターネットの普及により競合商品やサービスの情報も簡単に手に入るようになったことをAISCEASでは反映しています。

SIPS:よりSNSに沿ったモデル

SIPSは、SNSにおいて情報が広まる過程を説明した消費者行動モデルです。「Sympathize」「Identify」「Participate」「Share & Spread」の頭文字を用いています。

SIPSにおいてSNSユーザーは、まず流れてくる情報に共感し(Sympathize)、情報を詳しく確認し(Identify)、情報を拡散する流れに参加し(Participate)、実際に情報を共有・拡散する(Share & Spread)という過程を経ています。

SNSでは、自分の興味があること以外の情報もフォロー中のアカウントから流れてくることがあります。この時、発信元のアカウントが信頼性の高いものだと、同じ情報でも共感される確率が高くなり、新たな需要が生まれやすくなります。

AISASの活用方法

ここまで、AISASをはじめとする各種の購買行動モデルについて紹介しました。最後に、実際にAISASをマーケティング戦略で活用するコツを説明します。

AISASで分けた行動段階それぞれに適した効果的な手法を適用する

AISASでは、消費者が商品やサービスを購入するまでの行動が5段階に分けて説明されています。そのため、ターゲットとする顧客が現時点で5段階のうちどの段階にいるのかにより、適切なアプローチは変わってきます。

まず、Attention(認知)Interest(関心)の段階では、商品やサービスの詳しい情報など、一般的なプロモーションとは別に興味を持っている消費者向けのより深いプロモーションが実施できると良いでしょう。

次に、Search(検索)の段階では、顧客は商品やサービスの情報をインターネットで検索します。この段階では、自社WebページのSEO対策や店舗情報のMEO対策が重要となります。顧客が商品やサービスの情報を検索した際、一番上に自社の情報が出てくるような検索結果を目指しましょう。

そして、Action(購買)では、商品やサービスを提供できるチャンネルを増やしたり、決済手段を増やすことでスムーズな購入に繋げられるよう環境を整えることが大切です。また、購入後のShare(共有)では、顧客の良い体験を周囲に共有してもらうため、紹介特典やSNS上でキャンペーンを実施するなどの戦略が考えられます。

SEOやMEO対策

AISASでは、Search(検索)の段階におけるマーケティング戦略として、SEO対策やMEO対策が重要なものとなります。

SEO対策とは、Googleなどの検索エンジンにおける検索結果画面で自社のWebページが上位に表示されるようにするもので、MEO対策は、Googleマップなどの地図上で自社の情報が詳しく表示されるようにするものです。

店舗で商品を販売しており、消費者に店舗へと足を運んでもらう必要がある場合、MEO対策に取り組むことも大切な要素となります。

【初心者】MEOの意味とは?SEOとの違いやメリットについて紹介

MEO(Google Mapの地図エンジンで最適化を図ること)が店舗の集客対策として注目されています。SEOとともに語られることが多い言葉ですが、MEO対策を行うにあたり、それぞれの特徴や違いを理解することは重要です。この記事では、MEOの概要、メリットやポイント、SEOとの違いについて解説します。関連記事:基礎から学ぶ「Google マイビジネス」まずは店舗を登録して集客につなげようGoogleマップとは?Googleマイビジネスとは?マップとの違いなぜ今Googleマイビジネスが重要な...

検索結果で上位表示させるには

検索エンジンの検索結果の上位に表示されるウェブサイトは、大きなプレビュー数を獲得できます。そのため、コンテンツが検索結果の上位に表示されることは、インターネット上で認知を拡大したり集客を増大させることに非常に効果があります。こうしたことは理解できても、具体的にどのような方法で検索結果の上位に表示させることができるのかについては、わからないという方も少なくありません。この記事では、Googleの検索サービスで検索結果の上位に表示させるためのSEO対策の方法、メリットとデメリットについて解説し...

SNSでの宣伝

SNSにおけるプロモーションは、比較的手軽かつ安価に始められるマーケティング戦略のひとつです。

Facebook、Instagram、TwitterなどのSNSでは独自のプロモーションツールを提供しており、アクセス解析などの機能も備えているためプロモーションの効果を測定することも可能です。

SNSでプロモーションを実施する場合、人為的に口コミを発生させる「バズマーケティング」や、口コミを自然発生させる「バイラルマーケティング」などの手法も活用できます。

SNSで集客するには?個人でもできる?集客のコツや便利なツールも紹介

集客するためのツールはさまざまありますが、近年ではSNSも集客のために重要なツールとなっています。この記事はSNSでの集客のポイントや事例について紹介します。SNSで集客するメリットとは?集客を開始するからには、確実に成果を生む方法でなくてはいけません。費用対効果も考える必要があるでしょう。その点、SNSにはメリットが多いと言えます。無料で始められるSNSと言えば、幅広いユーザーに利用されているのがツイッターやインスタグラム、フェイスブックです。このいずれもアカウント作成や運用費が無料であ...

口コミマーケティング用語「バズマーケティング」「バイラルマーケティング」とは?口コミを活用した広告手法について解説

口コミマーケティング用語「バズマーケティング」「バイラルマーケティング」は、口コミを活用したプロモーション手法を指します。SNSで口コミをシェアしてもらったり、インフルエンサーのブログやSNSで発信や拡散をしてもらったりするのが代表的な施策例です。これらの広告手法は似て非なるものであり、それぞれ異なる特徴を持っています。また、ステルスマーケティングや悪評の拡散などのリスクを孕んでいる点も心に留めておくべきです。この記事ではバイラルマーケティングとバズマーケティングの違い、口コミを活用するマ...

購買行動を表す「AISAS」を用いた分析で戦略に合った戦術を

AISASは、インターネットが普及した現在において消費者が商品やサービスを購入する過程を詳細に説明したものです。

AISASは、「Attention」「Interest」「Search」「Action」「Share」の頭文字をつなげたもので、顧客が商品やサービスを購入するまでに下記の過程を通ると定義されています。

  • 商品やサービスの存在を認知(Attention)
  • 商品やサービスに関心を持つ(Interest)
  • 商品やサービスの情報をインターネットで検索する(Search)
  • 実際に商品やサービスを購入する(Action)
  • 得られた感想をインターネットで共有する(Share)

マーケティング戦略を展開する際は、ターゲットとなる顧客がAISASのどの段階にあるのかを分析し、それぞれの段階に合ったプロモーションを実施すると高い効果が期待できるでしょう。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\7,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。