書道教室の効果的な集客方法とは?ターゲット、メリットを明確にネット集客も有効

書道教室の集客では、見込み客となるターゲット像を設定したうえで適切な宣伝方法を選ぶことが大切です。また、授業のレベルや書道教室に通うメリットを明示して、どのようなニーズに対応できるかをアピールするとより効果的です。

この記事では、書道教室で集客するうえでの課題、集客の方法とメリット・デメリット、そしてホームページを活用した宣伝のポイントを解説します。

書道教室における集客課題

集客できない書道教室には必ず問題点があり、多くの場合、改善すべきポイントは共通しています。

以下では、書道教室でよくみられる課題を紹介します。

見込み客にリーチできていない

集客を行うためには見込み客に確実にアプローチすることが大切です。多くの書道教室では、そもそもどういう人に対してサービスを提供していくのかという設定ができていません。

書道教室のターゲットとなるのは、教室から通える範囲内に家や学校、職場がある人がメインとなるでしょう。

この条件に当てはまる人たちに教室の存在を知ってもらえるように集客方法を考えていく必要があります。

どんな人を対象としているかを明記していない

教室ごとに対象となるターゲットは異なるはずです。そのため、運営している書道教室が小中学生向け、高校生向け、大学生・大人向けなど、どのような人を対象に指導しているのかを示す必要があります

また、コンクールへの出展を目的にしているのか、級や段の取得を目指しているのか、もしくは趣味で始めたいのかなど、どのようなニーズに対応しているかを併せて記載するとより良いでしょう。目的別にコースを分けて、多様なニーズに応えられるようにすることも効果的です。

授業内容が「先生から生徒へ」の一方通行

集客がうまくいかない原因として、授業内容が先生から生徒へ、ただ一方的に教えるものであるということもあります。

授業では、生徒のニーズに向き合う姿勢が大切です。講師から生徒へ書道を教えるだけでは一方通行になってしまい、生徒の本当のニーズを満たすことが難しくなります。その結果、生徒側も満足することができなくなり、お客様が定着しないという事態も発生してしまいます。

大切なことは、講師のこだわりを反映させつつも、生徒の希望する内容を授業に盛り込むなど、バランスを意識することです。そうすることで、入会者の増加および定着率の向上につながるでしょう。

また、授業後に生徒からのフィードバックを求めて、授業内容の改善を図ることも効果的です。

集客方法4選とメリット・デメリット

書道教室に集客するためには、チラシやインターネットなど、さまざまな宣伝方法があります。アプローチできるターゲットやコストを比較したうえで、最も適した方法を選択する必要があります。

以下では、4つの集客方法とそれぞれのメリット・デメリットを解説します。

ポスティング

ポスティングでは、書道教室のチラシを各家庭のポストに直接届けます。

特定のエリアに自分で配布したり、業者に配布を依頼したりする方法がポスティングですが、特定の地域に住む人々に届けられるため、教室の近くの住民にもれなくアプローチすることができます。

しかし、住所でしかターゲットを特定できないため、見込み客のみに効率よくアプローチするのは難しいでしょう。また、印刷費や、業者に依頼する場合は人件費などのコストがかさんでしまうデメリットがあります。

折り込みチラシ

折り込みチラシとは、新聞にチラシなどの広告を挟んで各家庭に届ける宣伝手法です。

折込チラシは、各家庭に直接届けるポスティングに比べて手間や人員が少なく済むため、多くの広告を配布できる点や広範囲の見込み客にアプローチできる点がメリットです。

一方で、広告を届けられるのは新聞を購読している顧客に限られてしまうというデメリットがあります。

口コミ

口コミは講師や生徒が直接知り合いに教室を紹介して、見込み客を増やすことができる効果的な宣伝手段です。

口コミを活用するメリットは、広告とは異なり、知人からの紹介であるため信頼性が高く、集客につながりやすい点です。

しかし、関係者の知人にしかアプローチできないことから、見込み客の範囲が狭く、多くの人数を集客することは難しいという点はデメリットとなります。

インターネットの活用

今やパソコンやスマートフォンを使って情報収集をする人がほとんどなので、インターネット上に情報を掲載することは必須の集客方法といえます。

たとえば、書道教室のホームページを使って宣伝したり、SNSを活用して集客する、といった方法が効果的です。

しかし、ホームページの閲覧数を増やすには、質の高いページづくりやSEO、MEOといった施策が必要となるため、集客につなげるにはそれなりの知識やコストがかかります。また、SNSでは正しい運用方法について知っておく必要があります。

ホームページを利用した集客のポイント4つ

紹介した中で宣伝効果が高いのはホームページを活用した方法です。訴求力の高いコンテンツをつくるために、以下で紹介するポイントをおさえてホームページを作成すると良いでしょう。

ファーストビューで教室の特徴か分かるようにする

ファーストビューとは、ホームページを開いたときに初めに表示されるエリアを指します。

書道教室の第一印象を左右するため、集客に非常に関係する部分です。 ユーザーはWebページにアクセスして3秒でそのページが自分にとって有益かどうかを判断するといわれています。それほどまでに、ファーストビューを意識することは大切なことなのです。

ファーストビューで意識すべきポイントは、どのような教室なのか、どういう特徴や強みがあるのかが直感的にわかることです。具体的には、アイキャッチとなる画像を挿入し、教室名と教室の特徴がわかるキャッチコピーを入れることが重要です。

また、いつでも問い合わせや訪問をしてもらえるように、電話番号やメールアドレスの記載、交通アクセス、料金のページへと遷移できるリンクを設定し、これらもファーストビューでわかるようにしておくことも忘れないようにしておきましょう。

得られるメリットはわかりやすく伝える

ホームページでは、教室に通って得られるメリットをわかりやすく伝えましょう。他の書道教室と比べて特徴がないと、他の教室に行ってしまう可能性が高まってしまいます。

たとえば、取得できる段位や到達できるレベルなどを具体的に記載するとユーザーはイメージしやすくなるでしょう。また、入会前と数ヶ月通った後の作品を比較できるように写真を多く掲載しても良いでしょう。

また、ユーザーにとってのメリットが多い方が見込み客のニーズに合致するため集客につながりやすくなります。その際には箇条書きなど、ぱっと見てわかりやすい形にまとめることが大切です。

写真を豊富に掲載する

ホームページ上には、生徒や作品の写真をなるべく多く載せることがポイントです。

写真が多いほど、直感的に教室のことが分かるだけでなく、生徒が多く人気であるとアピールできます。その際、トップクラスの作品だけでなく、さまざまなレベルの作品を掲載することで、初心者や趣味で始めたい層を取り込めるでしょう。

また、教室内や講師、授業風景の写真も掲載することで、雰囲気やイメージが伝わりやすくなります。

無料体験レッスンの案内を入れる

訴求力の高いページを作成できても、インターネットの情報を見ただけで入会しようとする人は少ないでしょう。そのため、無料体験レッスンなど、授業内容や教室の雰囲気を体験できる場を設けるとよいでしょう。

来客してもらえれば直接具体的な教室の案内ができるだけでなく、来訪者のさまざまな不安を解消することができます。

適切な方法でポイントを押さえてかしこく集客

集客には、ポスティングや折り込みチラシ、インターネットなど、さまざまな方法があります。いずれも高い宣伝効果が期待できますが、効率よく集客につなげるには、ターゲットに応じて適切な方法を選ぶ必要があります。

特に、ホームページで宣伝する場合は、ファーストビューや掲載する写真を意識することが大切です。ホームページを作成するときは、教室に通って得られるメリットや、教室の雰囲気が伝わりやすくなるよう、工夫しましょう。

また、無料体験レッスンなど、入会前に授業を体験できる場を設けると、顧客の不安を解消できます。ポイントをおさえてプロモーションすれば、見込み客に効率よくアプローチできます。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\7,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。