飲食店の新規顧客からリピーターになってもらうための方法とは?マーケティングの法則とリピーター獲得の施策について紹介

飲食店の新規顧客からリピーターになってもらうための方法とは?マーケティングの法則とリピーター獲得の施策について紹介

飲食店を運営していくにはリピーターの獲得が欠かせません。

もちろん、新規客を増やしていくことも重要ですが、一度来店してくれたお客さんが何度も利用してくれるようなお店作りをしていくことが重要であると言えます。

しかし、リピーターを獲得するといっても具体的にはどのような施策を行えばよいのかわからないという人も多いと思います。

そこで今回は飲食店にリピーターを増やすにはどうしたらよいのか、リピーター獲得の施策について詳しく見ていきます。

飲食店の運営にはリピーター獲得が欠かせない理由とは

飲食店を運営していく上で新規顧客を獲得していくことはとても重要なことといえますが、長くお店を維持していくためにはリピーターの獲得が欠かせません。

では、まず初めになぜリピーター獲得が重要なのか、その理由について解説します。

再来店確率とは

再来店確率とはその名の通り、一度来店してくれたお客様が次回の来店をしてくれる確率のことを指します。

飲食店を経営していく上で重要となるのがリピーターの獲得です。一度目の来店でもう一度来たいと思わせることが重要となります。

リピーターを獲得し常連さんが増えていけば、安定的にに収益を上げていきやすくなります

このことからわかるように2度目に来店してくれた際の対応が最も重要であるということが言えるでしょう。

リピーター増で得られるメリット

飲食店の売上を増加させる上で重要となるポイントが「新規顧客数」「リピート客数」「客単価」の3つです。

そこで重要となるのが「1:5の法則」です。

1:5の法則はマーケティング業界でよく使われる言葉で、「1」がリピート客にかかるコストを、「5」は新規顧客にかかるコストを表しています。

すなわち新規顧客を獲得するためには、リピート客にかかるコストの約5倍もの経費がかかってしまうということになります。

このようなデータから、リピート客を増やすことがいかに飲食店の運営にとって重要であるかということが分かるでしょう。

リピーターがなかなか増えない店舗の特徴

リピーターを増やすことが飲食店の運営にとってとても重要であるということは分かりました。

それではリピーターがなかなか増えない店舗の特徴とはどのようなものなのか詳しく見ていきましょう。

他の店と差別化されないため忘れてしまう

飲食店は競合店がとても多く、最も難しい業態の一つであると言われています。

来店してくれたお客様に誠意のある対応をし、気持ちよく過ごしてもらうということは大前提ですが、それだけではお客様に選ばれることはできません。

そこで重要となることが他店との差別化です。

独自のサービスや商品の提供、そこのお店でしか体験できないお店の雰囲気など様々な工夫が求められるでしょう。

まずは一度目の来店をしてもらい、そこで強い印象を残すことができれば2度目の来店へとつなげられる確率が格段に上がると期待できます。

印象が悪かった

どれだけ他店との差別化を図り独自のサービスを展開していても来店してくれたお客様に悪い印象を与えてしまうとリピーター獲得へとつなげることができません。

料理が異常に高かったり味が美味しくないとなれば2回目も訪れたいという顧客はいないでしょう。

料理の質やスタッフの態度、お店の雰囲気などお客様に気持ち良く過ごしてもらう環境を提供することは最低限の条件であると言えます。

このようなことに思い当たる場合は改善が必要であり、早急に対策を考えるべきでしょう。

リピーターを増やす施策を紹介!

ここまではリピーターがなかなか増えない店舗の特徴について解説しました。

次はリピーターを増やすための具体的な施策を紹介していきます。

情報を伝える

どれだけ美味しい料理を提供し魅力的なお店であっても、お客様の印象に残らなければ再び来店をしてもらうことができません。

魅力的な飲食店は他にもたくさんあり、それらの競合店よりも先にお客様の印象に残る店があるのです。

そこで重要となるのが来店後にお客様とコミュニケーションを取ることです。

会員カードやポイントカードの登録でメールアドレスを知ることができれば、ダイレクトメールを送信し、来店を促すことができます。

メールアドレスを活用すればダイレクトメールだけでなくメルマガでお得なクーポンを配信するなど、様々な施策をとることができるでしょう。

また近年では、 SNSを活用した来店促進も効果的であると言えます。

TwitterやInstagram、LINEなどを利用して店舗の情報を定期的に発信することで、 常にお客様の印象に残すことができるでしょう。

ハッシュタグをつけて拡散してくれれば割引、などのサービスがあれば顧客にも店舗側にもお互いメリットがあります

店舗の質の向上

最初の来店の際に、強く印象に残すことが最も重要であると言えます。そのためには店舗の質の向上は欠かせません。

店内やトイレが汚れている飲食店にはまた行きたいと思う人はなかなかいないでしょう。

店内だけでなくトイレを常に清潔に保ち、気持ちよく過ごしてもらえる環境づくりが重要であるといえます。

さらに清潔感だけでなく、 SNS映えするような内装や料理を提供すれば、来店してくれたお客様が写真を撮影しSNSに投稿してくれることがあります。

それによりさらなる情報の拡散が期待され、その他のお客さんの来店へとつなげることも可能となるでしょう。

常連客の優遇

すでにリピーターとなってくれている常連客への優遇も効果が出来であると言えます。

他のお客様にはない自分にだけのサービスという特別感から、常連客はその後もお店を利用してくれる可能性が高まるでしょう。

誕生日の月にはバースデークーポンを配布してお得に利用してもらったり、常連客限定のイベントやセール、常連客だけが持つことができるポイントカードなど、常連客ならではのサービスを提供することによってその後も定期的に利用してもらうようなサービスを提供する方法もあります。

ただし、一般客に不快感を生ませるようなあからさまな贔屓は控えた方がよいでしょう。

ポイントを押さえてリピーター獲得へ

飲食店を運営していくうえで新規客を獲得していくことはとても重要なことですが、一度来店してくれたお客様が定期的に2度目3度目と来店してもらうことが最も重要であると言えます。

新規客を増やすためのプロモーションには多くの経費がかかってしまいますが、リピーターを増やすことができれば、それらのプロモーションにかかる経費を抑えることができます。

またリピーターの口コミやSNSでの拡散などによって更なる新規客の増加を期待することもでき、その後の売り上げ増加につながる可能性があります。

このようにリピーター獲得は飲食店を運営していく上で最も重要と言えるでしょう。

<関連リンク>

【飲食店向け】集客と販促の極意

レストランの集客方法の基本6選と集客事例3選

居酒屋店の基本的な集客方法8選と事例集

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。