Googleマイビジネスにログインできない!3つの対処法:オーナー登録や確認すべきポイントを解説

Google マイビジネスは、複数のアカウントからログインすることができるため、情報を編集できる権限やアドレスを適切に管理する必要があります。

Google マイビジネスを操作するためのGoogle アカウントは、不定期にログアウトされ、Google マイビジネスの管理画面にもアクセスできなくなるため注意が必要です。

今回は、Google マイビジネスにログインできなくなってしまった時の対処法について、確認すべきポイントや解決方法を紹介します。

関連記事:基礎から学ぶ「Google マイビジネス」まずは店舗を登録して集客につなげよう

Googleマイビジネスにログインする方法

まずは通常Googleマイビジネスにログインする過程を簡単に解説します。

Googleマイビジネスにすでに登録をしており、登録をした際のメールアドレスがわかっている場合は、そのメールアドレスでログインすることができます。

GoogleマイビジネスのWebページ(https://www.google.co.jp/business/)の右上「ログイン」を選択すれば、管理中のビジネス情報のリストが表示されます。

またGoogle検索やGmailにウェブブラウザでアクセスした場合、画面右上に存在する「Googleアプリ」のメニューにもGoogleマイビジネスが存在します。ウェブブラウザでGoogleアカウントにログインしている場合には、このメニューからGoogleマイビジネスを開くこともできます。

オーナー確認を完了させる

Googleマイビジネスにログインするだけでは、ビジネス情報のすべてを編集することはできません。Googleに掲載されている情報を管理、編集するためには「オーナー申請」が必要です。

オーナー申請は、Google検索の検索結果に表示されるビジネス情報の「このビジネスのオーナーですか」をクリックすると「管理を開始」のボタンが現れます。郵送を確認方法に選ぶ場合は連絡先の名前(自分や担当者の名前)を入力します。

この画面をスキップしてしまった場合でも、Googleマイビジネスの管理画面の「ホーム」から「今すぐオーナー確認」をクリックして手続きができます。

Googleマイビジネスからオーナー確認を申請するボタン
▲オーナー確認:Googleマイビジネス

関連記事
【保存版】簡単にわかる「Googleマイビジネス」登録方法 ステップ別解説|Googleマップの登録方法も解説

注意しておきたいのは、Google検索やGoogleマップの検索結果の中には、オーナー権限であっても制御できない項目が存在することです。たとえば「編集者による概要」はオーナー申請を済ませたGoogleマイビジネスからであっても操作できません。

こうした項目にはGoogleにより自動で生成されているケースがあるので実態と異なる情報が掲載されてしまう場合には、サポートに連絡を入れます。

Googleマイビジネスにログインできない!3つの対処法

上記の手順でGoogleマイビジネスにログインできない場合の対処法について解説します。

関連記事
Googleマイビジネスのオーナー確認方法 | 画像付きでわかりやすく解説
Googleマイビジネスのオーナーがわからなくなった!権限を変更する方法とは

1. 登録したメールアドレスかどうかを確認する

上記のログインの手順でもログインできない場合、まず最初にメールアドレスを確認してみると良いでしょう。つづりが間違っていないか、細部を確認します。

間違いなく自身が取得済のGoogleアカウントであることが確認できた場合には、次に、ウェブブラウザにログインしているGoogleアカウントと、Googleマイビジネスを利用しているGoogleアカウントが一致しているかどうかを確認します。

ウェブブラウザのChromeに、オーナー確認や、管理者として登録されているアカウント以外でログインしている場合には、Googleマイビジネスにログインできません。

2. 登録したメールアドレスがわからない「メールアドレスを忘れた場合」

Googleマイビジネスに登録したGmailのメールアドレスについて、「@」以前の文字列がわからない場合は「メールアドレスを忘れた場合」をクリックします。

Googleマイビジネスログイン画面「メールアドレスを忘れた場合」
▲メールアドレスを忘れた場合:Googleマイビジネス


「メールアドレスを忘れた場合」をクリックすると、電話番号または再設定用のメールアドレスを入力するように求められます。

いずれかを入力し、合致する情報があれば、姓名を入力するフォームが表示されます。

Googleからの確認コードが届くので、ブラウザに入力します。Googleアカウントにログインできたら、再度Googleマイビジネスのログインページからログインします。

3. どのアドレスかわからない場合「アクセスに関するリクエスト」

3つ目は、Google アカウントのメールアドレスは覚えているものの、オーナー登録をしたアカウントが何であるかを忘れてしまった場合です。このケースは、自分がビジネス情報の「オーナー」であることが前提となります。

この場合はアクセスのリクエストを行います。この操作により、ログインするためのメールアドレス宛に通知が飛び、どのメールアドレスで管理していたかがわかります。

アクセスのリクエストを開始する方法は2通りです。

1つ目は、Google 検索や Google マップで店舗の情報を検索し、店舗の基本情報(ビジネス プロフィール)の下にある「ビジネス オーナーですか?」をクリックする方法です。

あるいは https://business.google.com/create にアクセスし、入力欄に自分がGoogle マイビジネスで管理していたビジネス名や住所を入力します。この場合、以下の画像のような関連する検索結果が表示されます。

Google マイビジネスでビジネス情報を検索する画面
▲[Google マイビジネスでビジネス情報を検索]:編集部スクリーンショット

対象の店舗を選択すると、「このリスティングオーナー確認が完了しています」という表示になります。

Google マイビジネスでオーナー確認が完了しているビジネス情報を検索した結果の画面
▲[Google マイビジネスでオーナー確認が完了しているビジネス情報を検索した結果画面]:編集部スクリーンショット

青色の「アクセスに関するリクエスト」をクリックします。以下のような画面が表示されます。


自分のGoogle アカウント情報をGoogle マイビジネスのオーナーに共有する画面
▲[自分のGoogle アカウント情報をGoogle マイビジネスのオーナーに共有する画面]:編集部スクリーンショット

Google マイビジネスのオーナーに向けて、自分のGoogle アカウントの情報を送信します。

「自分の公開プロフィール情報とメールアドレス」の脇のチェックボックスにチェックを入れ、「必要なアクセス権限レベル」「ビジネスとの関係」それぞれを実際に合わせて選択します。

必要なアクセス権限はレベルには「マネージメント」「オーナー権限」の2つの選択肢があります。ビジネスとの関係はオーナー」「従業員」「代理店」です。いずれかの実態に即した項目を選択します。

これにより、Google マイビジネスのオーナーとなっているアカウントに対してメールが届きます。またリクエストを申請したメールアドレス宛には、確認のメールが届きます。

自分以外のGoogle アカウントがオーナーである場合は、オーナーから承認してもらうことで、申請したGoogle アカウントでGoogle マイビジネスの管理画面にアクセスできるようになります。

Google マイビジネスからGoogle マップにビジネス情報を登録する方法は以下の記事で解説しています。

関連記事
Googleマイビジネスとは|無料のツールで集客・活用方法・メリットや注意点を徹底解説 | 口コミラボ

ログインできない場合、まず登録したメールアドレスを確認

Googleマイビジネスを通じて、Google マップ上に自店舗の正確な情報を掲載したり、口コミの返信を通じて顧客とコミュニケーションをとったりできます。

Google マップにお店が表示されれば、多くの見込み顧客に対して情報を届けることができます。またGoogle マップで旅先の情報を検索するユーザーは世界中に存在し、中には訪日旅行での滞在中のプランをこうした情報をもとに検討する人もいるはずです。

重要なツールであるGoogleマイビジネスにログインするための情報を忘れてしまった場合には、まず利用しているメールアドレスが正しいかを確認します。

そもそもアドレスが思い出せない場合には、Googleに確認をするか、オーナーへアクセスのリクエストにより解決をはかりましょう。Googleマイビジネスの活用にあたっては、こうした基本の操作方法についても理解しておくと安心です。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。