Googleロケーション履歴とは | オフでも位置情報送信してる?ON/OFF切替設定・削除方法

Googleロケーション履歴とは | オフでも位置情報送信してる?ON/OFF切替設定・削除方法

Googleロケーション履歴は、Googleアカウントごとに設定でき、モバイル端末を持って訪れた場所が保存される機能です。

モバイル端末の位置情報を記録・管理しておくことで、たとえば、カスタマイズされた地図、訪れた場所に基づくおすすめを表示したり、紛失したスマートフォンを探したり、通勤経路の交通状況をリアルタイムで確認したり、有用性の高い広告を表示したりできます。

Googleロケーション履歴はデフォルトではOFFになっているため、いままで使っていなかったり知らなかったりする方も多いでしょう。

Googleロケーション履歴の位置データはどのように管理され、どのように活用されているのでしょうか?この記事ではロケーション履歴の見方や削除方法、オンオフの設定方法、ロケーション履歴をオンにすることで得られるメリットなどを解説します。

Googleの「ロケーション履歴」とは?

Googleのロケーション履歴とは、端末の位置情報から訪れた場所を記録しておき、日付や往復路、滞在時間、所要時間などをあとから履歴として確認できる機能です。スマートフォンやタブレットなどの端末において利用できます。

ロケーション履歴を利用するためには、Googleアカウントにログインし、ロケーション機能と端末の位置情報機能の双方がオンに設定されている必要があります。

Googleロケーション機能は便利ですが、共用の端末やレンタル端末など自分以外のユーザーが端末を利用できる場合にはオフのままにしておくことが望ましいです。

ロケーション履歴は何に使える?

ロケーション履歴機能では自らが訪れた場所を日付や時間とともに履歴として保存できるため、旅行の記録を振り返る際や、以前訪問した店や建物の場所を忘れてしまった場合に役立ちます。

またGoogleロケーション機能はGoogleマップと連携しているため、以前訪れた場所を再訪する場合には現在地からの経路や交通手段別の所要時間を調べることも可能です。

Google側のメリットのほうが大きい?

ロケーション機能そのもののメリットとしては先述の通りですが、ロケーション機能と連携しているGoogleのサービス全体におけるメリットはさらに大きいです。

ロケーション機能をオンにしておくことで、訪れた場所に基づくおすすめスポットの提案や、紛失したスマートフォンの探索通勤経路の交通状況確認、ユーザー自身にとって有用性の高い広告の選別などが可能です。

大手Googleのサービスということもあり、ロケーション機能を連携利用した機能は多岐にわたります。

Googleのロケーション履歴の設定

スマートフォンやタブレット端末であればiPhone・Androidを問わずロケーション履歴を閲覧できます。手順としてはGoogleマップのアプリを開き左上部のメニューからタイムラインを開くと履歴が表示されます。タイムラインに表示されない場合はロケーション機能がオフになっていることが考えられます。

ロケーション履歴をONにするには?

1. 「タイムライン」画面の右上のメニューから「設定」を開く



2. 「個人的なコンテンツ」の「位置情報サービスが[常に使用]に設定されていない」を押すとiPhoneの「設定」の中の「Google Maps」が開く


3. 「位置情報」を「常に許可」に設定する



4. Googleマップのアプリに戻り、「個人的なコンテンツ」の「ロケーション履歴がオフ」をオンにする



5. 「個人的なコンテンツ」で「位置情報サービスがオン」「ロケーション履歴の設定」が表示されたら完了


ロケーション履歴をOFFにするには?

  1. 「タイムライン」画面の右上のメニューから「設定」を開く
  2. 「個人的なコンテンツ」の「ロケーション履歴の設定」でロケーション履歴をオフにする

ロケーション履歴を削除するには?

ロケーション履歴の削除には、すべての履歴を削除する方法、特定の履歴を削除する方法の2通りがあります。

すべての履歴を削除する方法

  1. 「タイムライン」画面の右上のメニューから「設定」を開く
  2. 「個人的なコンテンツ」から「ロケーション履歴をすべて削除」を選択する
  3. 「すべてのロケーション履歴を完全に削除しますか?」というメッセージが出るため「理解したうえで削除します。」にチェックを入れ「削除」を選択する

特定の履歴を削除する方法

基本的にはすべての履歴を削除する方法と同様です。ただし、手順2で「ロケーション履歴をすべて削除」ではなく「指定期間のロケーションの削除」を選択し進んでください。

位置情報がオフの状態でも記録している?

多くのメリットを有するGoogleロケーション機能ですが、その機能をめぐってはさまざまな問題が指摘されていることも事実です。

これまでに、2つの大きな問題が指摘されています。

1つ目は2017年に発覚した問題で、位置情報サービスをオフにしていても、端末の現在地に近い基地局IDをGoogleに送信していたというものです。

これはAndroid端末にて生じた問題で、利用規約などにおいてもユーザー側に明示されていなかったため、ユーザーの間で波紋を呼びました。現在では改善されています。

2つ目は2018年に発覚した問題で、ロケーション機能をオフに設定していても、Google側に位置情報を送信しているケースがあったというものです。

Googleでは複数の方法でユーザーの位置情報を取得しており、「ロケーション履歴」がオフでも「ウェブとアプリのアクティビティ」がオンに設定されていると位置情報を送信してしまうということで問題になりました。

しかし、この問題に関してGoogleは「ロケーション履歴をオフにする際に検索や道順案内などのサービス向上のために位置情報の利用は続けると説明している」と回答しており、現在でも状況は変わっていません。

また、「ウェブとアプリのアクティビティ」をオフに設定すると位置情報は送信されなくなるものの、検索履歴も自動的に保存されなくなるという弊害があります。

Googleロケーション履歴はサービス向上のために導入された

Googleロケーション履歴はサービス向上のために導入されたもので、現在でもGoogleのサービスの土台を支えています。

位置情報の履歴を端末に残しておくことに関するリスクはもちろんありますが、メリットを考慮すると非常に便利な機能であることは言うまでもありません。必要に応じて設定のオンオフの切り替えや履歴削除を行い、うまく利用していくことが重要です。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。