MEO対策のやり方 | Googleマップ検索上位表示で集客/口コミ促進・情報発信【店舗集客新常識】

MEO対策のやり方 | Googleマップ検索上位表示で集客/口コミ促進・情報発信【店舗集客新常識】

MEO対策はGoogleマップ検索エンジンを活用した有効な集客法であり、企業や店舗レベルでも、MEO対策としてさまざまな取り組みができます。

MEO対策をすることで、Google検索において自社や自店が上位表示され、ユーザーの目に留まる機会を増やせます。

この記事では、MEO対策とはどのようなものなのか・MEO対策をする意味といった基本的な内容から、MEO対策の方法・Googleマイビジネスや口コミを利用した効果的なMEO対策をすコツについて順に解説していきます。

MEOとは?

MEOとはMap Engine Optimization(マップ検索エンジン最適化)の略で、ローカルSEOとも呼ばれています。SEOが検索エンジンにおける最適化を目指すのに対し、MEOでは現在地などの情報を取り入れるマップ検索エンジンにおける最適化を目指します。

MEO対策とは?

Googleマップでは、ユーザーの検索に対してGoogle検索フォームと同様に独自のアルゴリズムによって検索結果を提供しています。

通常のGoogle検索同様、対策をすることによってGoogleマップ検索において上位表示される回数を増やし、ユーザーの目にとまる機会を増やせます

Googleマップ検索で自社や店舗の情報をユーザーの目に触れやすくすることによって、集客を目指すのがMEO対策です。

MEO対策を実施した方がいい理由

MEO対策をするべき理由は複数ありますが、その中でも主なものとしてローカル検索、スマートフォンの普及、対策の難易度があります。

1つめの理由は、ローカル検索では、ユーザーが特定の地域や店舗の周辺でニーズを持っていることが条件となっていることがあります。

つまり「東京駅の周辺で居酒屋を探している人」や「現在地の近くでカフェを探している人」のようにユーザーの地域に対するニーズが限定的であり、そのニーズがある店舗の地理的条件を満たしていれば、上位表示されやすくなるということです。

2つ目の理由が、スマートフォンの普及です。これに伴い、出先で自分の現在地と店舗の位置をマップで確認しながら検索をする人の数が増えています。スマートフォンでローカル検索をする人が増加していることで、Googleマップ検索に対するMEO対策をすることの重要性も増しているのです。

最後に、対策の難易度もMEO対策をするべき理由の1つとして挙げられます。Google検索におけるSEOについては企業や店舗にも徐々に認知されてきており、競争率が高く難化しています。

しかし、MEO対策では自社や自店と同じ商圏内の同業種のみが競合となり、対策している企業や店舗の数がSEOに比べ少ないため、上位に表示される可能性が高いのです。

MEO対策の具体的な方法

続いてはMEO対策のための具体的な方法について解説していきます。

Googleマップの検索順位を決定するアルゴリズムは公開されていませんが、分析によって重要視されているポイントはある程度絞られているため、ポイントを見極めて対策していくことが上位表示への近道となります。

Googleが重視するのは関連性・距離・知名度

Googleはマップ検索において検索結果を順位づける上で関連性、距離、知名度の3点を重視しています。この3点について、MEO対策ではどのような対策が可能かについて以下にまとめます。

  • 関連性
    • 関連性は検索語句とローカルリスティング(検索キーワードと場所の情報に応じて表示される広告)の合致度によって判断されます。ビジネス情報を充実させ、より的確な情報を提供することで検索語句との関連性を高められます。
  • 距離
    • 検索された指定場所、またはユーザーの現在地から店舗までの距離を指します。距離については一定の優位性は見られますが、その店舗の評価なども条件に含まれるため、必ずしも距離の近いものが上位表示されるというわけではないようです。
  • 知名度
    • 知名度はリンク・プレビュー数・店舗一覧などのオンライン情報に加えて、例えば多くの人に知られている著名な美術館、ランドマークとなるホテル、有名なブランド名を持つお店といったオフラインの知名度も判断材料となっています。知名度についてはWebでの検索結果も考慮されるため、SEO対策をすることでMEO対策にも活かせます。

口コミを増やす

Googleでは良質なコンテンツを上位表示するようアルゴリズムが組まれているため、検索順位の決定においては口コミの数やレビュースコアも重視されています

また、ただ数を増やせばいいという問題ではなく、口コミの内容やビジネスオーナーからの返信内容も含めて評価されるため、良質な口コミを集める必要があります。

当たり前の話ですが、接客においてはオフライン、オンラインを問わず誠実な対応を心がけることが重要になってくるでしょう。

口コミを増やすために有効な対策としては、Googleマイビジネスへの登録や同サービスへのビジネス情報、写真の追加、店内における口コミの投稿促進、口コミへの返信などがあります。

SNS、ブログなどで情報発信

SNSやブログを活用することで知名度が上がり、結果としてGoogleからも評価されやすいコンテンツとなります。

これらは無料かつ手軽にできる対策として多くの企業や店舗が取り入れているため、SNS映えする画像や動画のアップロードやweb限定特典や割引など、競合と差異化を図れるようなコンテンツの投稿を目指すと効果的です。

また、できるだけ画像や動画を入れること、そして定期的に更新することが重要です。

SNSはツールによって拡散されやすい内容が異なるため、主要SNSのそれぞれにおけるおすすめの投稿内容について以下にまとめます。

  • Facebook
    • 店舗やオーナーの近況、店舗のイベントの様子など、ビジネス寄りの投稿がおすすめ。
  • Instagram
    • おすすめメニューやSNS映えする画像、動画を投稿すると拡散されやすい。
  • Twitter
    • 現在の混雑状況やその日限定のサービスなど、リアルタイムでの告知に優れている。

MEO対策で効果が出やすい業種は?

MEOはGoogleマップという幅広いユーザーを持つフォーム向けの対策であるため、業種やターゲット層を問わず集客効果を得やすいという特徴があります。とはいえ、効果の大小は業種によって異なります。

ここでは、MEO対策によって特に大きな集客力を持ちやすい業種、またその理由について解説します。

飲食店が圧倒的

飲食店におけるMEO対策は、集客の手法として圧倒的に大きな効果があります。飲食店が最も積極的にMEO対策をすべきであるといっても過言ではありません。

その理由として、飲食関係では集客に使えるキーワードが多く存在することが挙げられます。

例えばレストラン・バー・居酒屋といった業態、和食・中華・イタリアンといったジャンルや、デート・夜景・個室といったキーワードが狙い目となるでしょう。

飲食店を探しているユーザーはニーズによってさまざまなキーワードで検索をするため、どのキーワードにおいても上位表示されれば、集客が見込めます。

上位表示されることで集客力が高くなる傾向が強いため、飲食店におけるMEO対策は大きな効果を発揮すると考えられます。

ただし、店舗名(ビジネス名)にむやみにキーワードを入れるのはペナルティの対象となるので注意が必要です。Googleのサービス上でNAPの統一(Name、Address、Phoneの頭文字)をすることは、MEOおよびSEOでも基本的なことです。

そのため、例えば正式名称が「居酒屋 酒処」であるのにも関わらず、キーワードを入れるため「和食・中華・デートに最適 | 居酒屋 酒処 個室もあります!」といった店舗名にしてしまうのは、かえってペナルティを受ける可能性があります。

地域とつながりが深い業種

飲食店以外では地域とのつながりが深い業種も比較的MEO対策が有効な業種です。

ホテルや旅館などの宿泊施設、医療機関や美容室などがこれにあたります。

ホテルや宿泊施設は基本的に「地域名」がほぼ確実に検索語句に入ること、医療機関や美容室は近隣に住むユーザーがよく検索するため、Googleが重視する要件である距離を満たしています。

遠い地点にある競合よりも上位に表示されやすいといった点からMEO対策の効果が上がりやすくなっています。

MEO対策を実施して集客力アップへ

企業や店舗でオンラインにおける集客施策を考える際には、ついSEO対策ばかりに注力しがちになってしまいますが、MEO対策もSEO同様に重要で、場合によってはSEOよりも結果につながる可能性があります。

また、SEOとMEOは相互に影響しあう部分と独立して影響を与える部分を持つため、どちらも並行して実施ことで検索フォームからのユーザーとマップ検索からのユーザーの両者を取り込めるのです。

この記事で挙げた方法を参考に業種、ターゲット層、投稿内容に応じてツールを使い分けながらMEO対策を実施し、より効果的な集客を目指しましょう。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。